更新日:2018.07.12

イオンにはお得な日が複数あります。イオンでのお買い物をお得にするにはお得な日を使いこなすことが重要です。

還元率と割引率を足し上げれば6〜7%はお得になれますので、イオンでの買い物は支払い方法とタイミングを見直しましょう。

まとめると以下のようになります。

  1. 「お客様感謝デー」は毎月20日・30日
  2. 「G.G感謝デー」は毎月15日
  3. 「ありが10デー」は毎月10日
  4. 「お客さまわくわくデー」は毎月5日・15日・25日
  5. 北海道限定「火曜市 WAONトクトクポイント」は毎週火曜

それぞれに適用される為の条件があります。

自分の持っている支払いの選択肢と照らし合わせて、条件適用される日を選んで買い物をしましょう。

1.「お客様感謝デー」は毎月20日・30日

WAON POINTカード券面画像(引用)

引用:https://www.smartwaon.com/

  • 日付:毎月20日・30日
  • 条件:イオンカードとWAON POINTカードの利用・提示、もしくは電子マネーWAONでの支払い
  • 割引・還元率アップ:税込価格から5%OFF

2.「G.G感謝デー」は毎月15日

55歳以上の方が持てる「G.G.WAONカード」、65歳以上の方が持てる「ゆうゆうWAONカード」には特典があります。

  • 日付:毎月15日
  • 条件:55歳以上、レジでG.G.WAONカード、各種イオンカード(G.G.WAON一体型)、ゆうゆうWAONカードの支払いのいずれからの支払い、もしくは、イオンカードセレクトなどのWAON一体型のイオンカード・イオンバンクカードをお持ちの方でも、事前にWAONステーションにて「割引対象設定」をすることで、WAONのお支払いで5%OFFの対象となります。
  • 割引・還元率アップ:税込価格から5%OFF、ゆうゆうワオンでは直営売場で3,000円以上お買い上げで100WAONポイントプレゼント

3.「ありが10デー」は毎月10日

  • 日付:毎月10日
  • 条件:WAON POINTカード、電子マネーWAONカードを利用、もしくはイオンカードのクレジット払い
  • 割引・還元率アップ:税込200円ごとに5ポイントが貯まるポイント5倍デー・ポイント還元率2.5%(通常は税込200円で1ポイント・ポイント還元率0.5%)

イオン九州のみ、ポイント5倍の「ありが10デー」ではなく、5%OFFが適用される「お10デー」になります。

4.「お客さまわくわくデー」は毎月5日・15日・25日

  • 日付:毎月5日・15日・25日
  • 条件:WAON POINTカード提示(現金やクレカ払い)、もしくは電子マネーWAONカードを利用
  • 割引・還元率アップ:税込200円ごとに2ポイントが貯まるポイント2倍デー・ポイント還元率1.0%(通常は税込200円で1ポイント・ポイント還元率0.5%)

「WAON POINTカード」と「電子マネーWAONカード」「イオンカード」のポイントの重複付与はできません。後にレジ処理した各カードのポイントが付与されます。

5.北海道限定「火曜市 WAONトクトクポイント」は毎週火曜

  • 日付:毎週火曜
  • 条件:直営売場にて電子マネーWAONで税込3,000円以上お買い上げの方に100 WAONポイントをプレゼント
  • 割引・還元率アップ:3,000円購入時に115ポイントが貯まりますので実質ポイント還元率は3.8%になります。

この特典は北海道だけの限定となります。

イオンで貯まるポイントには3種類が存在

イオンで貯まるポイントには複数種類があるのをご存知でしょうか。

いずれも1ポイント1円で利用できますのでイオンでポイント利用すれば特に困ることはありませんが、ポイントが貯まっているのに忘れていて失効しないように注意しましょう。

<イオンで貯まるポイント>

  1. WAON:WAONカードにチャージした電子マネー1円分。レジなどで1WAONを1円分として利用できます。
  2. WAONポイント:WAONカードで支払ったときなどに貯まるポイント。WAONステーションなどで1WAONポイントを1WAONとしてチャージできます。
  3. WAON POINT:イオングループなどで支払い時にWAONカードやWAON一体型カードを提示することで貯まるポイント。たまったポイントはレジで1WAON POINTを1円分として利用できます。
  4. ときめきポイント:イオンクレジットカードのポイント。色々なものと交換できる。例えば1ときめきポイントを1WAONポイントに交換したり、1ときめきポイントを1WAON POINTに交換したりできます。

英語の「WAON POINT」と、カタカナの「WAONポイント」で種類が異なるのは紛らわしいですね。

WAONとイオンカードの支払い方によってポイント還元率が異なります

イオンでの支払い方法は「ポイントカード」「電子マネー」「クレジットカード」それぞれが絡み合うと還元率が変わります。

自分にとってどれが一番合っているかを確認して利用しましょう。

  1. WAON POINT会員登録がされていない各種WAONカードで支払うと200円(税込)ごとに1WAONポイントが貯まります。ポイント還元率は0.5%です。
  2. WAON POINTカード、WAON POINT会員登録がされている各種WAONカード、各種イオンカード(WAON一体型)のいずれかを提示して現金で支払うとWAON POINTが貯まります。ポイント還元率は0.5%です。
  3. WAON POINT会員登録がされている各種WAONカードで支払うと200円(税込)ごとに1WAON POINTと月間累計500円(税込)ごとに1WAON POINTが貯まります。ポイント還元率は0.7%です。
  4. 各種イオンカード(WAON一体型)でWAON支払いすると、200円(税込)ごとに1WAON POINTと月間累計500円(税込)ごとに1WAON POINTが貯まります。ポイント還元率は0.7%です。
  5. 各種イオンカード(WAON一体型)でクレジット支払いすると、ときめきポイントが貯まります。ポイント還元率はイオングループでの支払いで1.0%、それ以外では0.5%になります。
  6. WAON POINTカード、WAON POINT会員登録がされている各種WAONカード、各種イオンカード(WAON一体型)のいずれかを提示して、イオンカード以外のクレジットカードで支払うと200円(税込)ごとに1WAON POINTとクレジットカードのポイントが貯まります。還元率0.5%+α。

様々な支払いパターンがありますが、イオンカードをイオンで利用するとポイント還元率は1.0%というのが基本です。一方で、高還元率のクレジットカード「リクルートカード」は基本ポイント還元率1.2%、イオンでの支払いが「イオンカードよりお得」というのが実態です。

このように比較してしまうと、イオンカードは「メインカードとして利用するにはお得面で少し弱い」支払い方法です。普段使いとしてはイオンカード以外のカードをメインカードとして据えるのがいいでしょう。(ただ、前述の通り「ありが10デー」はポイント2.5%還元となりますので、この日は狙い目です)年会費無料のイオンカードはサブカードとして強力です。

そして、イオンカードには「ポイント還元ではない特典」があります。その代表格が、誕生日月の「割引クーポンハガキ」です。

商品が10%以上割引になることも多く、非常にお得な特典です。

イオンゴールドカード会員優待ハガキ画像

 
地域によってハガキが配布されない地域もありますが、このように紙で送られてくるお得情報を見逃さないことが、イオンカード会員にとって重要です。

>>関連記事:【実録】イオンゴールドカードの公開されていない「優待パスポート」とは?

>>関連記事:【WAONポイント2重取り方法】電子マネーWAONへのオートチャージ方法がカギ

自分に合ったクレジットカード探しに
「クレカ診断」

いかがでしたでしょうか?
ライフスタイルに合わせたクレジットカード選びがお得に生活をするポイントになります。

クレジットカードを利用すると日々のお得に気づきます。クレジットカードを利用することで様々な家計簿アプリで自動に出費管理がしやすくなりますので、「使いすぎがこわい」という人には返って日々の出費チェックもしやすくなります。何も考えずに現金を使っていたことを後悔することもあります。出費をしっかりと管理すればクレジットカードは強い味方です。

ただ、クレジットカードは発行会社が無数にあり、どれが自分に最適か調べるのも困難です。情報は日々更新され、新しいクレジットカードも毎年発行されています。

AI-Creditではあなたのライフスタイルを元に、最適な決済方法・クレジットカードをご提案します。 簡単クレジットカード診断を受けてみましょう。