アプリではお得なキャンペーンをお知らせします

d払いの支払いにクレジットカードを設定する方法

公開日:

更新日:

d払いの支払いにクレジットカードを設定する方法

dポイントをお得にためられるスマホ決済「d払い」。
最近加盟店が増えてきて気になってはいるものの、

「どんなクレジットカードなら登録できるの?」
「d払いにクレジットカードを登録する方法は?」

という疑問があり、なかなか導入に踏み切れないという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、d払いに登録できるクレジットカードとその設定方法について、詳しく解説しています。

  • d払いの具体的な支払い方法
  • d払いでクレジットカードを使うメリット・デメリット

についても触れていますので、ぜひ参考にしてください。

d払いに登録できるクレジットカード

d払いの支払い元に設定できるのは、以下の条件に当てはまるカードに限られます。

d払いに登録可能なクレジットカード
  • カードブランドがVISA、Mastercard、JCB、AmericanExpress(AMEX)のいずれか
  • 本人認証サービス(3Dセキュア)設定済み

しかし条件に当てはまる場合でも、次のいずれかに当てはまるカードは登録できない可能性があります。利用の際は注意してください。

  • 海外発行のクレジットカード
  • 一部のプリペイドカード

d払いにクレカを設定するには3Dセキュアが必要

d払いで使用するクレジットカードは「本人認証サービス(3Dセキュア)」を設定していることが前提です。

ただし、以下のような例外もあります。

d払い登録クレジットカードに「本人認証サービス」が不要なケース
    以下2つの条件に当てはまる場合
  • ドコモ回線利用者
  • 回線利用者本人が名義人のdカード

d払いにクレジットカードを登録する前に、これらの条件をしっかりと確認しておきましょう。

本人認証サービス(3Dセキュア)とは?

本人認証サービス(3Dセキュア)とはカードを守るセキュリティシステム イメージ画像

d払いに登録するカードの必須条件である「本人認証サービス(3Dセキュア)」について、簡単にご紹介します。

「本人認証サービス(3Dセキュア)」とは?
→インターネット上のクレジットカード決済をより一層安全にするために、各クレジットカード会社が推奨しているセキュリティサービスの名称。

3Dセキュアを導入している国際ブランドは?

3Dセキュアを導入しているクレジットカード会社は【VISA、Mastercard、JCB、AmericanExpress(AMEX)】の計4社です。

本人認証サービス(3Dセキュア)の仕組み イメージ画像

今までインターネット上のクレジットカード決済は、クレジットカードさえ手元にあれば本人以外でも簡単に決済できてしまう仕組みでした。

決済に必要な情報(カード番号、名義人、セキュリティコード)は、全てクレジットカードに記載されているからです。

しかし本人認証サービス(3Dセキュア)に登録すると、決済時にカード情報に加え、別途以下のような認証が要求されます。

本人認証サービス(3Dセキュア)で利用される認証方法
  • 事前に設定した3Dセキュア用のパスワード
  • リアルタイムで端末に送信されるワンタイムパスワード
  • アプリなどを通じた生体認証

このようなサービスのおかげで、クレジットカード情報が漏洩・盗用された場合でも「なりすまし」による不正利用を未然に防ぐことができるんです。

d払いのクレジットカード設定方法(登録・削除)

d払いにクレジットカードを登録する方法・登録を削除する方法を説明します。

クレジットカード登録方法

d払いにクレジットカードを登録する方法は「支払い画面から設定する方法」と「アカウント画面から設定する方法」の2つがあります。

支払い画面からクレジットカードを登録する方法

d払い  支払い画面からクレジットカードを登録する操作手順
  • 1.アプリ起動後、ホーム画面上部にあるバーコード部分を選択
  • 2.バーコード・QRコードが大きく表示された下の「お支払い方法」を選択
  • 3.支払い方法の選択肢から「クレジットカード払い」を選択
  • 4.「クレジットカードを登録」を選択(カードを1枚も登録していない場合は、次のカード情報入力画面が直接表示される)
  • 5.カード情報を入力し「登録」をタップ
  • 6.カード情報の登録は完了
  • 7.さらに「次へ」を選択
  • 8.本人認証サービス(3Dセキュア)画面になるので、各カードのパスワードを入力して送信
  • 9.支払い方法として登録完了

アカウント画面からクレジットカードを登録する方法

d払い  アカウント画面からクレジットカードを登録する操作手順
  • 1.アプリ起動後、画面右下の「アカウント」タブを選択
  • 2.お支払い設定の「お支払い方法」を選択
  • 3.「クレジットカードを登録」を選択(以後、1-5からと同じ手順)

登録クレジットカードの削除方法

登録クレジットカード情報の削除も、アプリ内から簡単に行えます。

d払い 登録クレジットカードの削除方法
  • 1.アプリ起動後、画面右下の「アカウント」タブを選択
  • 2.お支払い設定の「お支払い方法」を選択
  • 3.「クレジットカードを登録」を選択
  • 4.カード情報の横の「ゴミ箱マーク」をタップ
  • 5.削除を確認する画面が表示されるので、削除するカード情報を確認した後「削除」をタップ
  • 6.カード情報の削除完了

上記手順のほかに、支払い画面からカード情報を表示させた場合でも同様に削除可能です。

【d払い】主な3つの支払い方法

d払いの支払い方法は主に3つあります。

  • クレジットカード払い…登録したクレジットカードを使用する
  • d払い残高払い…事前にチャージした残高を使う
  • 電話料金合算払い…ドコモ回線の携帯電話料金と一緒に支払う

「d払い残高」へのチャージ方法はこちらに詳しく解説されているので、参考にしてください。

3つの支払い方法は以下の手順で変更可能です。

d払いの支払い方法を変更する

d払い  支払い方法変更 操作手順 
【バーコード・QRコード画面から変更する】

【バーコード・QRコード画面から変更する】

  • 1.アプリ起動後、ホーム画面上部にあるバーコード部分を選択
  • 2.バーコード・QRコードが大きく表示された下の「お支払い方法」を選択
  • 3.任意の支払い方法を選択
d払い  支払い方法変更 操作手順
【アカウント画面から変更する】

【アカウント画面から変更する】

  • 1.アプリ起動後、画面右下の「アカウント」タブを選択
  • 2.お支払い設定の「お支払い方法」を選択
  • 3.任意の支払い方法を選択

また、d払いは3つの支払い方法のほかに「dポイントを充当して支払う」という方法もあります。

d払いでクレジットカードを使うメリット

d払いでクレジットカードを使うメリットは、ほかのスマホ決済にも当てはまる以下のような点が挙げられます。

  • チャージが必要ない
  • カードを持ち歩く必要がない
  • 複数のカードを使い分けられる

しかし、d払いには「どのカードでもポイント二重取りが可能」という特徴的なメリットがあるんです。

d払いはポイント二重取りが誰でも可能

d払いはポイント二重取り イメージ

他社のスマホ決済でクレジットカード払いをしたとき、ポイント還元対象が一部のカードに限られてしまうことが多くあります。

ところが、d払いは登録可能なクレジットカードなら、どのカードでもポイント還元の対象になるんです。

d払い
登録可能なクレジットカードなら、どのカードでもポイント還元の対象
イメージ

街の決済で使用した場合は0.5%、ネット上の決済に使用した場合は1%分のdポイントが還元されます。

クレジットカードの還元率が1%なら、還元率は最大で2%です。

チャージ不要なスマホ決済の中で、どのカードでもポイント還元されるのは唯一d払いだけ。手軽にポイントを二重取りできるお得な決済です。

d払いでクレジットカードを使う注意点

d払いでクレジットカードを使う際に注意すべきなのは、一部キャンペーンの「対象外」になってしまうという点です。

d払いは普段の決済も十分お得になりますが、終了してしまったキャンペーンもありますが、例として以下のように数多くのお得なキャンペーンも頻繁に開催されています。

しかし支払い元がクレジットカードの場合、これらキャンペーンは一部対象外となります。

実際の例は次の通りです。

支払い元がクレジットカードの場合、キャンペーンは一部対象外の説明画像

ただしクレジットカードの中でもdカード」だけは例外。

支払い元がdカードであれば、各種d払いキャンペーンも対象です。

実は「d払いでdカードを使用するメリット」はこれだけではなく、あと2つもあるんです。

dカード×d払いのメリット3つ!

d払いでdカードを使うメリット、それはすでにご紹介したものを含めて以下の3つです。

「キャンペーン対象になる」というメリットについては解説済みなので、その他2つのメリットについて詳しく解説します。

dポイントを集中的にためられる

dポイントを集中的にためられる イメージ

キャッシュレス決済でお得を気にし始めると、たまるポイントがあちこちに分散しがち。

しかしd払いでdカードを使用すれば、ためるポイントをdポイントだけに集約できます。

ためるポイントを1つに絞ることで管理も簡単。

キャンペーン情報の見逃しやポイント失効という機会損失も減らせるので、実質的にお得になることも多いんですよ。

「キャッシュレス決済を使い始めたばかり」という方ほど「ポイント集中化」はおすすめです。

d払い×dカードでdポイントスーパー還元プログラムの対象

dポイントスーパー還元プログラムの紹介画像

「dポイントスーパー還元プログラム」とは、d払いのお買物金額に対し最大+7%のdポイント(期間・用途限定)が還元されるプログラムです。

とてもお得なこのプログラム、d払いの支払い方法がdカードの場合のみ対象となっています。

さらに、dカードの利用額が多くなると還元率もアップ。d払いとdカードは合わせ使いがお得です。

新規発行で翌々月まで25%還元

永年年会費無料「dカード」

※dカード新規⼊会/各種設定/要エントリー/利⽤。ポイントは期間・用途限定

dカード

dカード券面画像
国際ブランド 対応電子マネー
VISA / Mastercard iD、Apple Pay
  • 家族カード
  • ETC
年会費
初年度
永年無料
2年目以降
永年無料
ポイント還元率
1.0%。税込100円の利用につきdポイントを1ポイント付与。
ポイント名
dポイント
審査・発行スピード
カードお申込み完了から最短5分で入会審査完了
国内・海外旅行保険
旅行保険はdカード GOLD会員限定のサービスです。
ETC年会費
初年度無料、2年目以降も、前年度(本会員のdカード契約月から1年間)に一度でもETCカード利用のご請求があれば無料となります。100円(税込)のご利用につきdポイントが1ポイントたまります。
その他の特典
dカードケータイ補償:携帯電話ご購入後1年間最大1万円、携帯電話の紛失・盗難または修理不能(水濡れ・全損)の際に、同一機種・同一カラーの携帯電話再購入費用の一部を補償します。
  • お買い物あんしん保険:年間100万円まで、dカードで購入した商品は、万一の盗難や破損などの損害時にもあんしんです。
  • 豊富な特約店が特徴です。
  • d払いの支払いにdカードを紐づけることが可能です。他のカードではキャンペーン対象外になることも多く、d払いの支払いにはdカード利用がお得です。
  • マツモトキヨシ:4%お得(dカード提示1.0% + 100円(税込)利用で1.0% + ポイント2.0%)+ マツキヨポイントの2重取りが可能。他にもENEOSで200円(税込)ごとに2.0%還元など。

今がチャンス!お得な入会特典!

新規ご入会・各種設定&エントリー・ご利用で合計最大8,000ポイントプレゼント(dポイント、期間・用途限定)
【1】毎月のドコモのご利用料金をdカード払いにするとdポイント1,000ポイント進呈(期間・用途限定)

【2】ご入会の翌々月までのショッピングご利用金額に対して
利用期間1:ご入会日~ご入会翌月末まで +25%ポイント還元(上限2,500ポイント)
利用期間2:ご入会翌々月中+25%ポイント還元(上限2,500ポイント)

【3】ファイナンス特典 2,000ポイント

dポイント加盟店ならポイント3重取り

dポイント加盟店ならポイント3重取り イメージ

ここまでお得なd払いが、さらにお得になる方法がもう1つあります。
それは、d払いアプリ内のdポイントカードを「dポイント加盟店」で提示する方法です。

これによりdポイントカード分のdポイントもたまるので、次のような「dポイント3重取り」が実現します。

  • d払い(0.5%)
  • dカード(1%)
  • dポイントカード(0.5〜1%)
    =2〜2.5%還元

先ほどご紹介した「ポイント集中化」にはぴったりの方法です。

まとめ

この記事では「d払いの支払いにクレジットカードを設定する方法」に加え、

  • クレジットカード以外の支払い方法
  • 支払い元の変更方法
  • d払いでクレジットカードを使うメリット・デメリット
  • d払いでお得な「dカード」

について解説してきました。

d払いはスマホ決済の中でも数少ない、どのカードもポイント還元される決済です。
「dポイント集中化」に使うのはもちろん、d払いが使えるお店で積極的に利用すれば誰でもdポイントをためられます。

使えるお店はどんどん増えているので、この記事を参考にぜひ「d払い」を導入してみてください!

支払いのたびにdポイントがザクザクたまる!

d払い公式サイト

ドコモ以外の方もご利用できます

この記事のライター:満畑ペチカ/Webライター

満畑ペチカ/Webライター

満畑ペチカ/Webライター

Webライター

楽天経済圏を中心に、無理せずおトクになる生活を心がけるフリーWebライター。外食費はほとんど楽天ポイントでまかなっています!おトクな情報を、丁寧にわかりやすくお伝えして行きます。AIクレジット株式会社ライター。

AI-Creditのおすすめのテーマ