7月の「ファミペイ」必勝法!ファミマTカードで上限チャージして収納代行支払い!

公開日:

更新日:

オールインワンアプリ「ファミペイ」が登場、ファミペイの還元率・お得な使い方は?!

2019年7月1日にリリースされた「ファミペイ」アプリでは、Family Martでの支払いやポイント管理が可能です。リリース当初はアクセス過多で繋がりにくくなっていました。

通常のポイント還元率は「200円(税込)で1ポイントのFamiPayボーナスが貯まる」、0.5%となっています。
FamiPayボーナスは1ポイント1円でチャージして利用可能です。

7月1日~31日はキャンペーンを実施しています。
FamiPayにチャージすると現金チャージでは10%のFamiPayボーナス還元、ファミマTカードでは15%のFamiPayボーナス還元となります。

ここがポイントとなり、現在の最強の使い方は、ファミマTカードで還元ポイント上限の金額20,000円(3,000円還元上限、現金の場合は2,000円上限)をチャージして収納代行に当てることです。収納代行は1件につき10ポイントのボーナスがもらえます。

7月5日・7月13日には大規模キャンペーンも予告されていますが、まずはチャージしてお得を確定させましょう。

ファミペイでは何ができる?

オールインワンアプリ「ファミペイ」では、主に4つの機能を利用することができます。具体的には以下の通りです。

  • ポイント管理
  • クーポン管理
  • バーコード決済「FamiPay」
  • ゲーム

ファミリーマートで貯まるポイントはTポイントですが、2019年11月からは楽天ポイントやdポイントも貯めることができます(予定)。多様化するポイントシステムを、全て一括で管理してくれるのがファミペイアプリです。もちろん発行されるクーポンの情報も管理されるため、有効期限を逃さず使い切ることができます。

また、バーコード決済「FamiPay」もこのアプリから利用することができます。LINE PayやPayPayなどと同じように、アプリを起動し、バーコードを表示して支払います。ポイントやクーポンを利用したい場合は、アプリ内での操作を行うだけで同時に利用できるようになる見通しです。

さらに、ファミペイアプリ内ではミニゲームを楽しむことができます。スタンプを貯めることもでき、次回からの支払いで利用できるクーポン・ポイントを獲得できるようになるかもしれません。

遊び心があって楽しいですね。

FamiPayを使うには?

ファミペイアプリ内で利用できる「FamiPay」、名前が同じでややこしいですがれっきとしたコード決済サービスです。7月1日から利用がスタートするFamiPayですが、どのように利用できるのでしょうか。

ファミペイアプリをダウンロードし、会員登録を済ませます。会員登録を終了した後、FamiPay暗証番号を登録します。この暗証番号は、FamiPayの利用時に求められる番号になります。

お支払い画面にある「FamiPayを使う」のアイコンをONにすると、支払いが可能になります。この作業を終えた後は、他のコード決済サービスと同じように自らのスマホでバーコードを表示し、支払いができるようになります。お支払いの履歴はファミペイアプリ内で確認できるため、使いすぎの防止も可能です。

より簡単にそしてより手軽に支払いできるサービスのコード決済、その利便性の高さが社会に周知されるとコード決済の普及が進む見込みです。最近では、様々な企業がコード決済サービスの運営に乗り出すようになりました。コード決済サービスの利用促進が予測されますね。

また、「ファミペイすげー得チャレンジ」キャンペーンという新企画も登場予定です。リリース記念のお得なキャンペーンになる見込みです。

コード決済・クレジットカードの新着記事一覧

AI-Creditのおすすめのテーマ