アプリではお得なキャンペーンをお知らせします

【2020年版】還元率や手数料で選ぶおすすめプリペイドカード5選

公開日:

更新日:

【2020年版】還元率や手数料で選ぶおすすめプリペイドカード5選

プリペイドカードを利用していますか?

「プリペイドカードはチャージ式で還元率がない」と認識している方も多いことでしょう。実はプリペイドカードでも還元があるカードがあります。

また、何よりも、発行審査が(ほぼ)ないので、クレジットカードの発行できないかたでもクレジットカードのように利用できることが特徴です。ネットショッピングでクレジットカードが必要な時に、プリペイドカードを利用すれば決済が可能です。クレジットカードの発行に制限のある高校生からも重宝されている、使い勝手のいいカードです。

今回は数あるプリペイドカードの中からおすすめのカードを5つご紹介します。

【Kyash Card】ポイント還元は最強

Kyashサイトキャプチャー
引用:https://kyash.co/

Kyash Cardは還元率も高く、おすすめの1枚です。

Kyash Cardの特徴

  • 還元率1.0%
  • 発行の年齢制限なし
  • 年会費無料
  • 発行手数料 900円

国際ブランドはVISA

Kyah CardはVisaの国際ブランドのカードです。利用履歴や上限金額を確認できるアプリがあり、アプリのインターフェースが整理されていて使いやすいアプリです。利用時にプッシュ通知がくるのも魅力的です。

発行の年齢制限なし

発行に年齢制限はありません。

年会費・発行手数料

年会費は無料ですが、カード更新時(5年ごと)に900円の手数料がかかります。発行手数料も同じく900円です。

チャージ機能でクレカとポイント2重取り

自動チャージという機能があり、Kyash残高が0円でも紐付けされているカードから自動でチャージされ利用されます。チャージしたカードの還元が得られます。(カード発行元による)

チャージ方法(チャージ手数料は全てかかりません)

  • Visa/MasterCard(クレカ/デビット)プリペイドはNG
  • セブン銀行ATMやローソン,ミニストップ,ファミリーマート,セイコーマート,銀行ATM(ペイジー)

以下の記事も参考にしてください。

常時1%還元のKyashとは?使い方やチャージ方法、メリット・デメリットをまとめて紹介

【dカード プリペイド】利用店舗によっては最強還元率に

dカード プリペイドサイトキャプチャー
引用:https://d-card.jp/prepaid/

dカード プリペイドは利用店舗によってはKyash Cardよりも還元率の高いプリペイドカードです。

dカード プリペイドの特徴

  • 還元率0.5%
  • 12歳以上の方(中学生以上)
  • 年会費無料
  • 発行手数料無料

年会費・発行手数料が無料、審査なし

dカードプリペイドは審査なし、年会費・発行手数料無料のカードです。dカードのクレジットカードは発行できないけどdポイントを貯めたい人にはおすすめです。

【d払いで最強のdカード】年会費永年無料に改善されたクレジットカードを解説

利用店舗によってポイント還元率アップ

dカードプリペイドはローソンやコストコを利用する機会が多い人におすすめです。ローソンで利用する場合は、毎回4.5%還元されます。

コストコはMastercardの国際ブランドでしか決済ができません。VISAやJCBがメインカードのかたも、このカードを持っていれば安心です。

ポイント還元率

dポイントをそのまま使う場合はポイントの付与はありませんが、一度dカードプリペイドにチャージして使うと0.5%還元されます。

クレジットカードからのチャージも可能ですが、その場合は別途手数料がかかります。Kyashのように専用アプリがないためブラウザを開く必要があります。

チャージ方法

チャージは複数あります。

  • ローソンでチャージ
  • 電話料金合算払い
  • dポイント
  • dカード
  • クレジットカード(別途手数料)
  • インターネットバンキング(別途手数料)
  • セブン銀行ATMチャージ

手数料のかからないチャージ方法にしたいですね。

チャージについて(公式サイト)

【参考】dカード プリペイドの使い方・dポイントが貯まるお店

【LINE Payカード(JCB)】デザイン重視の方におすすめ

LINE Payカード公式サイトキャプチャ
引用:https://pay.line.me/portal/jp/about/pay-card

LINE PayカードはLINEが発行するプリペイドカードです。

LINE Payカード(JCB)の特徴

  • 還元率0%
  • 年齢制限なし
  • 年会費無料
  • 発行手数料無料

国際ブランドはJCB

LINE Payカードはプリペイドカードでは珍しいJCBの国際ブランドです。

ポイント還元率

2020年5月1日以降はポイント還元が得られなくなりました。ポイント還元がないのは他のカードに見劣りする点です。

デザインは魅力

カードのデザインはブラウンがデザインされたものもあり、とてもかわいいです。デザイン重視のかたにおすすめのカードです。

チャージ方法(チャージ手数料は全てかかりません)

チャージ方法は以下のようになります。

  • 銀行口座
  • セブン銀行ATM
  • ローソン、Famiポート、ナチュラルローソン、ローソンストア100、AINZ&TULPE、LIPS and HIPS、アインズ

LINEPayカード公式サイト

【Pollet(ポレット)Million】ポイントサイトのポイントをチャージでポイント還元

ポレット公式サイトキャプチャー
引用:https://www.pollet.me/

Pollet Millionはポイントサイトで貯めたポイントをチャージしてリアル店舗で利用できるプリペイドカードです。商品券のチャージにも対応しています。

たまったポイントの使い道に困っている方は、このカードにチャージして現金代わりに利用できます。

アプリでチャージできるのも便利です。

Polletの特徴

  • 利用による還元率0%
  • チャージによる還元率0.5%(一部対象外)
  • 16歳以上の方
  • 年会費無料
  • 発行手数料500円

ポイント還元率

Pollet Millionカードはチャージ時に0.5%増量されて付与されます。ポイントサイトからチャージをするごとに増量されるのは嬉しいサービスです。

チャージ方法(手数料がかかるものもあります)

ポイントサイトの有名なところは対応しています。

  • ポイントサイト(ハピタス・ポイントインカム・ワラウ・ちょびリッチ・i2iポイント)
  • ポイントサイト交換サイト(.money・PeX)
  • LINE Pay
  • ビットコイン
  • アドボンバー
  • クレジットカード
  • Pay-easy

Polletアプリ公式サイト

Polletチャージ手数料一覧

【バンドルカード】ネットショッピング ですぐに利用したい方におすすめ

バンドルカード 公式サイトキャプチャー
引用:https://vandle.jp/

バンドルカードは1分で利用開始可能なカードです。

バンドルカードの特徴

  • 還元率0%
  • 年齢制限なし
  • 年会費無料
  • 発行手数料700円

誰でも発行可能・シンプルな券面デザイン

バンドルカードはシンプルな券面デザインが特徴です。

誰でも発行可能なカードで、1分で発行可能な為、ネットショッピングですぐに利用したい方におすすめです。

豊富なチャージ方法(手数料かかるものもあります)

チャージ方法は豊富です。ただ、Kyash Cardやdカード プリペイドのようにポイント還元等はありません。

  • ポチっとチャージ
  • ドコモ払い
  • セブン銀行ATM
  • コンビニ
  • クレジットカード
  • ビットコイン
  • ビットコイン(bitFlyer)
  • ネット銀行
  • 銀行ATM(ペイジー)

機能として後払いシステムもありますが、手数料は割高です。

【参考】クレジットカード代わり「バンドルカード」の使い方と注意点

プリペイドカードまとめ

いかがでしたでしょうか。プリペイドカードにも複数種類があり、還元率や発行手数料、チャージ手数料に差があります。

利用頻度や還元率、利用方法に応じて発行をしてみてください。発行審査はないので、複数枚持ちでもいいですね。

この記事のライター:てらりん / AI-Credit Chief Planner

AI-Creditのおすすめのテーマ