更新日:2019.01.04

ソフトバンクとYahoo!が共同の新しいQRコード決済アプリ「PayPay」がリリース

ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の合併会社である株式会社PayPayは5日、新規QRコードサービス「PayPay」をリリースしました。昨今では、スマホをかざすだけで簡単に決済が完了する「QRコード決済サービス」は急速に普及しています。それぞれの会社のサービスによって得られる特典は変わりますが、現金で払う場合よりもキャッシュバック等の付加価値が大きいため、お得な支払いシステムです。

PayPayロゴ

引用:https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2018/07/27a/

新たなQRコードサービス「PayPay」のリリースに当たって、新規登録でもれなく500円分のPayPay残高がキャッシュバックされるキャンペーンが開催されています。新しい支払い方法を試すチャンスです。

PayPay、QRコード支払いの方法・ポイント還元率・2重取りはできる?

PayPayには、あらかじめアプリにチャージした電子マネーで支払う方法と、クレジットカードで支払う方法の2種類のスマホ決済サービスがあります。支払い時に、コード読み取りの方法を選択することもできます。従来通り、利用者自らがスマホの画面に決済用QRコードを写し、お店側に読み取ってもらう方法と、お店側が示すQRコードを利用者側が自らのスマホの画面で読み取り決済を完了する方法があります。

PayPayにはポイント還元があります。還元率は、PayPayを利用した決済に0.5%のポイントが還元されます。毎回の支払いの総額の0.5%分のポイントがPayPayアカウントに付与されるため、買い物をするたびにポイントがたまってお得になるサービスです。
まだ利用できる店舗が少なく実証機会がありませんが、クレジットカードのポイントも2重で付与されるのではないかと予想されます。

アプリのダウンロードはもちろん無料、店舗側がPayPayのシステムを導入するのにかかる費用も基本無料です。これらの試みのため、さらなる利用拡大が見込まれるサービスです。

現在このPayPayが利用できる店舗は、大手居酒屋チェーン店の白木屋や魚民、笑笑や千年の宴などがあります。他にも、メガネドラッグやOutdoor Productsなどの店舗でも利用できます。PayPay公式ホームページによると、加盟店は毎月増え続ける、ということです。

ヤフーが新決済サービス「PayPay」を発表

気になるクレジットカードを比較してみましょう。
コード決済も対応。

クレジットカードは、カードごとに様々なポイント還元率や年会費が設定されています。

また、ポイント還元率・年会費だけではない、海外旅行保険の付帯やショッピング保険、家族カード、ETCカードといった、日々を少し安心させてくれる様々な付帯サービスが付随しています。よく車に乗る人ならETCカード、海外旅行に行くことになったら海外旅行保険の自動付帯、自分のライフスタイルに合ったカード探しが必要です。

AI-Creditでは簡単に比較ができるページをご用意しました。

また、最新のコード決済も比較ができます。ポイント還元率に注目がいきがちですが、コード決済は「クレジットカードとセットで利用」してお得を最大化できます。 どのコード決済にどのクレジットカード登録が最適なのか、わかりやすく比較できます

詳しくは以下からご覧になってください。

AI-Creditクレジットカード比較サイト