更新日:2019.07.10

ツルハドラッグで「コード決済革命」勃発、PayPay/楽天ペイ/NAVER Pay(LINE Pay)等導入開始

ツルハドラッグコード決済導入

引用:https://www.tsuruha-hd.co.jp/dl.php?id=2795

大手薬局ツルハドラッグで2019年7月9日から、4つのコード決済サービスが導入されました。導入されたコード決済サービスは、PayPay、auPAY、楽天ペイ、NAVER Pay(LINE Payとの連携サービス)です。

より利便性の高い決済の実現を目指して、スマホを用いたコード決済の導入に踏み切りました。

最近の還元キャンペーンはもちろん、普段利用としても還元率の高い決済方法導入は嬉しいですね。

コード決済導入、どの店舗で使える?ツルハドラッグやくすりの福太郎など

ツルハドラッグコード決済利用店舗画像

引用:https://www.tsuruha-hd.co.jp/dl.php?id=2795

4つのコード決済サービスが同時導入されるツルハドラッグ店舗は、全国1,866店舗です。全国展開する大手薬局ですが、実際にバーコード決済を導入するのは8ブランドです。具体的には以下の通りです。

  • ツルハドラッグ
  • くすりの福太郎
  • ドラッグストアウェルネス
  • ウォンツ
  • くすりのレディ
  • B&Dドラッグストアなど

コード決済を利用するためには、これらの店舗のレジで、利用したいコード決済の方法を口頭で伝える必要があります。コード読み取り方とコード表示方の2種類の方法があり、店舗によって求められる方法が違います。ご注意ください。

導入される4つのコード決済、PayPay・auPAY・楽天ペイ・NAVER Payは、スマートフォン上のバーコードを利用して支払うキャッシュレス決済サービスです。様々な薬局では、すでにコード決済をはじめとするキャッシュレス決済が多く導入されています。

現在PayPayでは、薬局限定で10%オフになるキャンペーンを実施していたり、LINE PayのPayトクの対象が薬局だったりと、薬局のキャッシュレス化が加速しています。ツルハドラッグも薬局キャッシュレス化の波に乗り遅れないように、と一気に4つものコード決済サービスを導入する「コード決済革命」に踏み切った物と予測されます。

また、ツルハドラッグでは楽天ポイントを利用することもできます。貯まったポイントで日用品を買えるため、ポイントを失効させてしまう可能性を減らすことができます。ポイントをこまめに使うことができるため、より気軽に使えますね。

PayPayの使い方はこちらから

[PayPayのいろは]使い方がわからない、はもう卒業!

楽天ペイの使い方はこちらから

[楽天ペイのいろは]使い方がわからないは卒業!個人間送金機能も可能に

気になるクレジットカードを比較してみましょう。
コード決済も対応。

クレジットカードは、カードごとに様々なポイント還元率や年会費が設定されています。

また、ポイント還元率・年会費だけではない、海外旅行保険の付帯やショッピング保険、家族カード、ETCカードといった、日々を少し安心させてくれる様々な付帯サービスが付随しています。よく車に乗る人ならETCカード、海外旅行に行くことになったら海外旅行保険の自動付帯、自分のライフスタイルに合ったカード探しが必要です。

AI-Creditでは簡単に比較ができるページをご用意しました。

また、最新のコード決済も比較ができます。ポイント還元率に注目がいきがちですが、コード決済は「クレジットカードとセットで利用」してお得を最大化できます。 どのコード決済にどのクレジットカード登録が最適なのか、わかりやすく比較できます

詳しくは以下からご覧になってください。

AI-Creditクレジットカード比較サイト