【ヤフーカード改悪】PayPayチャージでTポイント付与なしでも乗り換えなくていい理由

公開日:

更新日:

ヤフーカードは2020年2月1日からPayPay残高チャージ・PayPay決済で付与していた「Tポイント 1.0%」を0%に変更します。

合わせて、ヤフーカードはnanacoにチャージで付与していた「Tポイント0.5%」も0%に変更します。

チャージでポイント付与、という観点では改悪と言える発表ですが、ヤフーカードを乗り換える必要はあるのでしょうか。

PayPayをメインにしているユーザーは切り替える必要なし

結論から言うと、PayPayを「還元率目当て」で利用している方はヤフーカードを切り替える必要はないと言えます。

「Tポイントを貯めたい!」という人にとっては改悪となりますが、PayPayのキャンペーンでもらえる「PayPayボーナス」の還元率はTポイント付与がなくなる前と変わらないと予想されます。Tポイントが付与されなくなる分、PayPayボーナスで補填されることでしょう。

PayPayはこれからもZOZOやPayPayフリマ、PayPayモールでの還元率アップを行うことは容易に想定されます。PayPayはお得な買い物には欠かせない決済サービスとなりました。

そして、意外と盲点なのが、PayPayはPayPayマネーのみ銀行へ出金可能なのですが、「ジャパンネット銀行への出金は手数料無料」という点です(他行への出金は手数料100円)。
入金時は手数料がかからなくても、銀行への出金時には手数料がかかることも多いので、「PayPayマネーはあるけれど現金が必要」というイザという時に備えてジャパンネット銀行を開設しておくことをおすすめします。

PayPayマネーの出金に便利なジャパンネット銀行

ヤフーカードをnanacoチャージに利用していた人はリクルートカードに乗り換え

リクルートカード
引用:リクルートカード

ヤフーカードでnanacoにチャージをすると0.5%還元があったのですが、それもなくなります。

以前から、nanacoにクレジットカードでチャージしてポイントが貯まるルートは閉鎖されることが多いルートでした。

楽天カードが封じられ、ヤフーカードが封じられた今、nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードはリクルートカードが最後の砦になりそうです。リクルートカードはnanacoにチャージ時に1.2%のポイント還元があります。(1ヶ月の上限は30,000円まで)

公式サイトを確認

また、セブン&アイグループが公式に発行しているセブンカード・プラスであれば、nanacoにチャージでポイントが貯まることは確実です。昨年、年会費無料になったこのカード。nanacoのヘビーユーザーであればもう一度見直してみてもいいでしょう。

持ってて得しかないセブンカード・プラス公式サイト

チャージでTポイントを貯めるならFamiPay・ファミマTカード

チャージでTポイントを貯めるのであれば、ファミマTカードがおすすめです。

ファミマTカードはFamiPayにクレジットカードチャージで唯一ポイント付与されるカードです。ポイント還元率は0.5%です。

年会費無料☆ファミマTカード

最後にヤフーカードの基本スペックを見直してみる

いかがでしたでしょうか。

ヤフーカードはPayPayチャージ・nanacoチャージという観点から見れば改悪ではありましたが、これからもヤフー・PayPay関連のサービスを利用するのであれば乗り換えなくてもいいでしょう。

基本還元率1.0%のポイント還元率は低くない水準です。

とはいえ、ヤフーカードしか持っていなかった方は、これを機会に「あらゆるシーンでクレカを使い分ける」ことをおすすめします。それがお得への近道です。

AI-Creditのクレジットカード比較

アプリサービス

AI-Creditのおすすめのテーマ