アプリではお得なキャンペーンをお知らせします

アメックスゴールドで年会費をぺイするためには特典をどう使えばいい?

公開日:

更新日:

アメックスゴールドで年会費をぺイするためには特典をどう使えばいい?

数あるゴールドカードの中でも最高峰と言われるのがアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(以下アメックスゴールド)です。

他のカードを寄せ付けないステータス性、数多くの豪華な特典が用意されていますが、発行を検討する方にとっての悩みの種は31,900円(税込)の高額な年会費でしょう。

しかし、実は特典を使いこなせば、年会費の元を取ることも可能です。

本記事ではアメックスゴールドで年会費をペイするための特典の使い方を解説します。

アメックスゴールドのお得な使い方を知りたい人は、ぜひ参考にしてくださいね。

アメックスゴールドで年会費をペイする方法

ここを使う! 解説
ゴールド・ダイニング by 招待日和 もっとも効率良く年会費をペイできる
ザ・ホテル・コレクション 2~3回の宿泊で元を取れる
プライオリティ・パス優待 約17,000円分の価値ある特典、夫婦利用でペイ可能
ポイント還元 年200万円の利用+ANAマイル交換でペイ可能

※本記事の価格は全て税込みです。

【ゴールド・ダイニング by 招待日和を使って年会費をペイするには】

招待日和を使用した食事のイメージ画像

ゴールド・ダイニング by 招待日和は所定のコース料理を2人以上で予約すると1人分が無料になるサービスです。

ゴールド・ダイニング by 招待日和を利用すれば、アメックスゴールドの年会費をすぐにペイすることができます。

そもそも招待日和はアメックスの独自サービスではなく、アメックスゴールド会員以外も利用できます。

しかし、招待日和の入会条件は医師に限られており、33,000円(税込)の年会費を負担しないといけません(※個人会員の場合)。

アメックスゴールドなら、ゴールド・ダイニング by 招待日和を無料で利用できます。

・招待日和の年会費:33,000円(税込)
・アメックスゴールドの年会費:31,900円(税込)

これだけでも31,900円(税込)の年会費を払う価値があると言えます。

ゴールド・ダイニング by 招待日和でどれだけ得をするかは、利用回数と利用するお店次第です。

対象店舗は国内外に200店舗以上あり、コース料理1人あたり10,000~15,000円のお店が中心です。

つまり、2~3回利用することでアメックスゴールドの年会費をペイできます。

中には、コース料理の価格がアメックスゴールドの年会費を超えるお店も珍しくありません。そのようなお店を利用する機会があれば、1回利用するだけでペイすることも可能です。

なお、2人以上で予約すると1人分が無料になる特典は、1店舗につき半年間に1回という制限があります。

利用できるお店やコース料理の価格についてはゴールド・ダイニング by 招待日和からチェックしてください。

【ザ・ホテル・コレクションを使って年会費をペイするには】

ザ・ホテル・コレクションを使用したホテルのイメージ

ザ・ホテル・コレクションは国内外600以上のホテルで優待・特典を受けられるサービスです。

優待料金で宿泊できる
ホテル館内施設の利用代金が100ドル割引
部屋のアップグレードなどの優待
カード継続時に国内の対象ホテルで使える15,000円分のクーポンがもらえる

対象ホテルを2泊以上で予約すると、レストランやスパなどの館内施設の利用代金が100ドル割引されます。

1ドル=108円のレートで換算すると約10,800円分。

この特典を3回利用すればアメックスゴールドの年会費をペイできる計算です。

さらに部屋のアップグレードは、ホテルによってはかなりの差額が発生するはずです。

定期的に旅行や出張に行く人なら、すぐに年会費の元を取ることができるでしょう。

また、2021年2月より新たに特典が加わり、毎年カード継続時に国内の対象ホテルで使える15,000円分のクーポンが進呈されます。

2年目以降は15,000円分のクーポンが利用できることを踏まえれば、2回100ドル割引で宿泊すれば元を取れます。

【プライオリティ・パスを使って年会費をペイするには】

プライオリティ・パス券面画像

プライオリティ・パスは世界1,300ヶ所以上の空港ラウンジを利用できる会員制サービスです。

アメックスゴールドにはプライオリティ・パス優待も付帯します。

ただし、プライオリティ・パス優待だけでは年会費をペイできません。
約17,000円分の元を取れる計算です。

アメックスゴールドのプライオリティ・パス優待

スタンダード会員の年会費99ドル→無料
32ドルの利用料が年2回まで無料

アメックスゴールド保有者はプライオリティ・パスのスタンダード会員になることができます。

スタンダード会員は通常ラウンジ利用時に32ドルの利用料がかかりますが、アメックスゴールドがあれば年2回まで無料で使えます。

1ドル=108円のレートで換算すれば約17,000円分お得です。年会費の31,900円(税込)には及びませんが、半分以上は元を取れますね。

家族で使えば年会費の元を取れる

プライオリティ・パス優待は家族カード会員も本カード会員同様に利用できます。

そして、アメックスゴールドの家族カードは1人まで年会費無料です。

そのため、夫婦でプライオリティ・パスへ登録し、ラウンジを2回利用すればアメックスゴールドの年会費をペイできます。

1人で利用してもお得なアメックスゴールドですが、夫婦で利用できればよりお得ですよ。

複数人での旅行なら国内ラウンジで元を取ることも可能

アメックスゴールドは国内28ヶ所+海外1ヶ所の空港ラウンジを同伴者1人まで無料で使えます。

本特典は本カードだけでなく家族カードも対象です。

家族や友達など複数人で旅行するなら、国内ラウンジの利用だけでも年会費をペイ可能です。

国内の空港ラウンジの利用料は1回1,000~1,500円ほど。単身で国内ラウンジ優待を利用しても、31,900円の年会費には遠く及ばないでしょう。

しかし、複数人で国内旅行を年に3~4回するなら、国内の空港ラウンジだけでも十分元が取れます。

例えば家族カードを1枚発行し、家族4人で旅行に行く場合、往復のラウンジ利用料は8,000~12,000円に相当します。

年に3~4回旅行に行くなら年会費をペイ可能ですね。

【ポイントで年会費をペイするには】

カード使用で貯まるポイントイメージ画像

アメックスゴールドを利用すると100円につき1ポイント貯まります。

貯まったポイントは各種ポイントやマイル、アイテムに交換可能です。

中でもお得なのはANAマイルへの交換です。もっともレートが高いからです。

カード利用で貯まったポイントをANAマイルに交換し、年会費の元を取る場合、年間200万円ほどの利用が必要です。

・アメックスゴールド200万円利用で得られるポイント:20,000ポイント
・ANAマイルへ交換:20,000ポイント=20,000マイル
・1マイル=2円と仮定すると、40,000円の価値がある

ただし、200万円で元を取るにはさらにメンバーシップ・リワード・プラスとメンバーシップ・リワード ANAコースへの登録が必要です。

プログラム 年会費 登録するメリット
メンバーシップ・リワード ANAコース 5,500円(税込) ポイントをANAマイルに移行できる
メンバーシップ・リワード・プラス 3,300円(税込) 1,000ポイント=1,000マイルで移行できる (通常2,000ポイント→1,000マイル)

カード年会費31,900円(税込)の他に8,800円(税込)を支払うことで、1ポイント=1マイルの高レートで交換できます。

アメックスゴールドのポイントは複数のマイルと交換できますが、1ポイント=1マイルの高レートで交換できるのはANAマイルだけです。

1マイルの価値は交換する特典航空券によって異なりますが、1マイル=2円ほどに相当します。ファーストクラスの長距離フライトなら、価値は数倍に跳ね上がると言われています。

年間200万円ほどカード利用する方なら、ANAマイル交換に必要な費用を含めても年会費を十分ペイ可能です。

ボーナスポイントプログラムの活用で効率良くポイント獲得

前述のメンバーシップ・リワード・プラスでは、対象店舗利用時のポイント還元率が3.0%にアップするボーナスポイントプログラムに登録できます。

ボーナスポイントプログラムの対象店舗は以下の通りです。

・Yahoo!JAPAN(ヤフーショッピング、PayPayモールなど)
・iTunes Store/App Store
・JAL公式ウェブサイト
・HIS公式サイト
・アメリカン・エキスプレス・トラベルオンライン
・Amazon

上記の店舗(サイト)を頻繁に利用する人なら、200万円より少ない利用金額でも元を取れます。

アメックスゴールドで効率よくポイント・マイルを貯めるなら、積極的に活用しましょう。

【年会費をペイできる1番効率的な特典の組み合わせ】

アメックスゴールドの特典を1つ1つ見ていくと、年会費は安いとも言えますね。

数ある特典の中でも1番効率良く年会費をペイできる、お得度が高いのはゴールド・ダイニング by 招待日和です。

ゴールド・ダイニング by 招待日和を2~3回利用すれば、年会費以上のメリットがあります。

さらに、ザ・ホテル・コレクションとプライオリティ・パスを組み合わせれば年会費を優に超える恩恵が得られます。

カード利用で貯まるポイントで年会費をペイする場合は年200万円ほどの利用が必要です。
決して不可能な数字ではないものの、効率的とは言えません。

できる限りゴールド・ダイニング by 招待日和やザ・ホテル・コレクションといった特典を駆使したいですね。

利用する特典 お得になる金額
ゴールド・ダイニング by 招待日和 15,000円
※1名あたりのコース料理が15,000円のお店の場合
ザ・ホテル・コレクション 宿泊1回あたり 約11,000円
継続特典 15,000円
プライオリティ・パス スタンダード会員の年会費 約10,700円
ラウンジ2回分の利用料 約7,000円
合計 約58,700円

【特典をフル活用すればアメックスゴールドの年会費は安い!】

以上、アメックスゴールドで年会費をペイするための特典の活用方法について解説しました。

まとめ:アメックスゴールドで年会費をペイする方法

ここを使う! 解説
ゴールド・ダイニング by 招待日和 もっとも効率良く年会費をペイできる
ザ・ホテル・コレクション 2~3回の宿泊で元を取れる
プライオリティ・パス優待 約17,000円分の価値ある特典、夫婦利用でペイ可能
ポイント還元 年200万円の利用+ANAマイル交換でペイ可能

とくに効率が良いのはゴールド・ダイニング by 招待日和、ザ・ホテル・コレクション、プライオリティ・パス優待の3つです。

ゴールド・ダイニング by 招待日和は、通常の招待日和の年会費33,000円(税込)が無料というだけでも価値のある特典ですね。

ザ・ホテル・コレクションとプライオリティ・パスは組み合わせやすく、1回の旅行で年会費をペイすることも可能です。

このように、アメックスゴールドでも特典を使いこなせば十分に年会費をペイできます。

年会費31,900円(税込)だけを見ると高額に感じますが、上記の特典を利用する人であれば非常にお得な1枚です。

この記事の監修:金融Lab.

金融Lab.ロゴ画像

金融Lab.

金融ラボはお金に関する情報をわかりやすく配信しているメディアです。クレジットカード・カードローン・スマホ決済について研究・調査し、読者の方が日常生活で得するよう応援しています。

ポモチのおすすめのテーマ