キャッシュレス決済 徹底比較

カード識別
カードの種類
国際ブランド
2年目以降の年会費
追加カード
還元率
電子マネー
スマホ決済
付帯保険
カード名
三井住友プラチナプリファードカード

三井住友プラチナプリファードカード

公式サイトへ

三井住友プラチナプリファードカードのおすすめの使い方

会員専用のカード管理サービス「vpass」を活用すると、出費額の確認はもちろん、家計簿アプリ連携やセルフコントロール機能などの利用が可能です。

三井住友プラチナプリファードカードの概要

ポイント還元率

1%

利用金額に対するポイント付与数

100円につき1ポイント(1ポイント=1円相当)

何ポイントから交換可能か

-

ポイント有効期限

-

ポイントの詳細・注意事項

プリファードストア(特約店)での利用で100円につき1~9ポイント付与。外貨ショッピング利用特典で還元率がプラス2%に。

カード発行手数料

-

1年目の年会費

33,000円

1年目の年会費の備考

年会費 33,000円(税込)となります。

2年目以降の年会費

33,000円

2年目以降の年会費の備考

年会費 33,000円(税込)となります。

海外旅行保険
自動付帯の有無

あり

海外旅行保険利用付帯

なし

国内旅行保険
自動付帯の有無

あり

国内旅行保険利用付帯

なし

ショッピング保険

あり

カードの種類

クレジットカード

国際ブランド

VISA

カード種別

プラチナカード

家族カード発行可能

可能

家族カード初年度年会費

0円

家族カード2年目以降の年会費

0円

家族カード年会費の詳細・注意事項

-

電子マネーのチャージに
対応しているか

対応していない

電子マネーのチャージに関する説明

iDやラクテンEdyへのチャージが可能。(機能付帯はなし)

電子決済対応サービス

Apple Pay(iD),Google Pay(iD),Apple Pay(QUICPay),Google Pay(QUICPay)

クレジットカードによる
電子マネーチャージに
ポイント付与があるか

-

ETCカード発行可能か

可能

ETCカード年会費

0円

ETCカード年会費の詳細・注意事項

入会翌年度以降、前年度に一度もETCカードのご利用がない場合は、ETCカード年会費550円(税込)のお支払いが必要となります。

普段よりお得なキャンペーン

新規入会でプラス40,000ポイントがプレゼントされます。入会後の3ヶ月後末までに40万円以上利用した方が対象になります。また、毎年継続特典として、前年100万円以上利用した方を対象に、最大プラス40,000ポイントが付与されます。(1年間最大10,000ポイント×4年間)

新規入会・利用キャンペーン


新規入会でプラス40,000ポイントがプレゼントされます。入会後の3ヶ月後末までに40万円以上利用した方が対象になります。また、毎年継続特典として、前年100万円以上利用した方を対象に、最大プラス40,000ポイントが付与されます。(1年間最大10,000ポイント×4年間)

特徴

三井住友プラチナプリファードカードには、通常のポイントに加えてお得にポイントを獲得できるプリファードストア(特約店)があります。主なプリファードストアは以下の通りです。

宿泊予約サイト

  • Expedia(+6%)
  • 一休.com(+9%)
  • Hotel.com(+9%)

交通

  • ANA(+1%)
  • ETC(+2%)
  • GO Taxi(+4%)

百貨店

  • 大丸松坂屋(+2%)
  • 阪急百貨店(+2%)
  • 阪神百貨店(+2%)

ライフスタイル

  • 蔦屋書店(+2%)
  • 二子玉川 蔦屋書店(+2%)

コンビニエンスストア

  • セブンイレブン(+2%)
  • ファミリーマート(+2%)
  • ローソン(+2%)
  • アズナス(+1%)
  • セイコーマート(+1%)
  • デイリーヤマザキ(+1%)
  • ポプラ(+1%)

カフェ

  • スターバックス(+1%)
  • エクセルシオール(+1%)
  • ドトールコーヒー(+1%) など

ファストフード店

  • マクドナルド(+1%)
  • ファーストキッチン(+1%)
  • すき家(+1%)
  • モスバーガー(+1%) など

スーパーマーケット

  • アピタ(+1%)
  • イズミヤ(+1%)
  • 京急ストア(+1%)
  • 西友(+1%)
  • ピアゴ(+1%)
  • PLANT(+1%)
  • ライフ(+1%) など

ドラッグストア

  • マツモトキヨシ(+1%)
  • ココカラファイン(+1%)
  • トモズ(+1%)
  • クスリのアオキ(+1%) など

これらの店舗で本カードを利用すると、通常ポイントに加えてさらにポイントが付与されます。例えば、セブンイレブンで100円コーヒーを毎日買った場合、100円×365日で年間利用料金は36,500円になり、獲得ポイントは通常ポイント(1%)と特約店ポイント(2%)とを合わせて1,095ポイントになります。1杯100円のコーヒーを10回飲んでもお釣りがくる額です。

また、特約店に指定されているスーパーマーケットで利用すると、1ヶ月50,000円で計算した場合、1年間の獲得ポイントは12,000ポイントになります、合計還元率は通常ポイント1%に特約店還元率1%を加えて2%になります。毎日のお買い物がよりお得になる特典です。

特約店の中でもっとも還元率が高くなるのが宿泊予約サイトです。3ヶ月に1回、3万円(2泊3日を想定)の旅行をする場合でシミュレーションしてみると、年間利用額120,000円の利用につき10%分のポイントがつき12,000円が返ってきます。内訳は、通常ポイント1%と特約店ポイント9%(一休.comの場合)が付与されていることになります。

ご自身が頻繁に利用する店舗が特約店に指定されている場合や、旅行や移動が多い方には特約店を積極的に利用した場合に、お得にそして効率よくポイントを貯めることができるカードです。