更新日:2019.03.28

Appleから新クレジットカード「Apple Card」が登場!これまでの概念が変わるカード?

Apple Card and Apple Pay image

引用: https://www.apple.com/apple-card/

Appleから、新しいAppleカードが登場することが、現地時間の25日(日本時間26日明朝)に発表されました

「Apple Card」とよばれるクレジットカードで、大手金融機関のゴールドマンサックスとの提携で発行が実現しました。iPhone内にデフォルト機能として内蔵されているApple Pay、このApple Payに紐付けて利用することが想定されています。

キャッシュレス時代の最先端を走る新カードとして推す予定です。

さらに、Apple Payが使えない店舗でも柔軟に対応できるように、リアルカードも発行されます。

従来の買い物を少し新しく楽しむことができる、Appleならではの嬉しい機能も使えます。

発表早々、その独自性と先進的なシステムで早くも注目を集めているApple Card。従来のカードの欠点を広く補ったカードとして発表されました。いったいどのような機能がついたカードなのでしょうか。

Appleカードの還元はどうなってる?新しいシステムでお得を先取り

Daily cash image

引用: https://www.apple.com/apple-card/

今回発表されたAppleカード、最も特筆すべき特典はなんといっても還元システムです。

クレジットカード選びをする時、多くの人が気にするのが還元率です。使った分だけお得になるシステムが充実していればしているほど、カードを利用するインセンティブが増えるというものです。

気になるAppleカードの還元率は、通常よりも高めの2%に設定されていることが明らかになりました。

2%の還元率は、他のクレジットカードでもなかなか設けられていません。還元率の高いリクルートカードでも1.2%、ヤフーカードや楽天カードはポイント還元率は1.0%です。さらに、App StoreやApple StoreでのApple製品に対しての利用では、通常は2%の還元率が3%にアップします。

2%はApple Payを経由したAppleカードの利用に、Apple Payを経由せずにリアルカードのみを利用してショッピングをすると、還元率は1%になります。

Appleカードデイリーキャッシュ還元率画像

引用: https://www.apple.com/apple-card/

従来のカードの還元システムでは、使った分だけポイントが貯まり、そのポイントが月々還元されます。

ポイントの形は様々ですが、最も多いのがそのカードを管理する会社のポイントに還元されることです。貯まったポイントを利用するためには、ポイントを利用できる対象の店舗で買い物をしなければなりません。例えば、楽天カードやTカードです。これらのカードの買い物の還元は楽天ポイントやTポイントで行われます。こうして獲得したポイントは、楽天ポイント利用可能店やTポイント利用可能店でのみでしか利用することができません。

こうした従来型のシステムに不便を感じる方も少なくないのではないでしょうか。

そんな不満を解消したのが、Appleカードです。

Apple カードの利用還元はポイントでもなく、毎月還元でもありません。

Appleカードを利用して得られる還元は、Appleキャッシュという形で還元され、利用した翌日に還元されます。Daily cashと命名され、文字通り毎日キャッシュとして還元されるシステムです。毎月1回しかない還元を待たなければいけない従来のカードと比べて、即日に還元されるAppleカードの還元は前日使った分をすぐに使えるのは嬉しいですね。

さらに、Appleキャッシュという「カード残高」という形で還元されるのも嬉しい点です。有効期限などが設けられているポイントとは違い、即日残高として加算されるため獲得したポイントを失効させる心配もありません。「現金よりも使いやすいキャッシュを実現」というキャッチコピーの元、貯まりやすく使いやすい還元システムを実現しました。

Appleカードの特徴

貯まりやすく使いやすい還元システムの他にも、特筆すべき特典はたくさんあります。従来のカードが持っている欠点を補うように新たなシステムが備え付けられています。

年会費は完全無料&より低い利率を

Apple Card fee free image

引用: https://www.apple.com/apple-card/

クレジットカードを新しく利用する際、多くの方が条件としてあげるのが年会費の有無やその額です。気になるAppleカードの年会費は、なんと無料です。さらに、その他にかかる費用もすべて無料になっています。

年会費以外にかかる費用といえば、支払いが遅れると科される遅延料や、国際取引の際に為替手数料などです。なんと、これらの費用がすべてAppleカードでは無料になります!遅延料がかからないため、支払いに追われるプレッシャーがありません。もちろん長期にわたって支払いを滞らせてしまうとカード機能そのものを失ってしまいますが、従来のカードより柔軟性が高くなっています。さらに、引き落とし日は毎月月末ですが、それ以外にも複数回に分けて払うことができます。

国際取引の際にかかかる為替手数料が無料なのも画期的です。海外旅行に行って支払いでよく使うのがクレジットカードですが、カード会社によってかかる為替手数料が変わります。最も安い手数料を持っている会社を選ぶことも難しく、あらかじめ手数料を把握しておくのも億劫です。Appleカードを使うと一方で、国によって際はありますがApple Payが利用できる店舗が多いため、手数料の心配をせずかかった額だけを支払いすることができます。世界中に利用客をもつAppleならではの斬新なサービスです。

さらに、分割払いの際にかかる手数料も低く設定されています。従来のカードよりもより低く手数料を設定し、利用者が大幅に払いすぎることを防ぐ狙いがあります。もちろん全額を一気に支払うことが理想ですが、それができない場合の措置も利用者に嬉しいものになっています。分割の支払い金額は$530、$780、$1025から選ぶことができ、Apple Cardのアプリ内で都度にかかる手数料等もシミュレーションしてくれるため、結果的に払わなければならない総額を比較することができます。

Appleカードの情報管理は?

Apple Card imformation management picture

引用: https://www.apple.com/apple-card/

Appleカードが他のクレジットカードと一線を画す最も大きな理由は、消費傾向を可視化するアプリサービスです。

このアプリサービスは、Apple Cardと呼ばれ、使ったもののカテゴリー分けをしてくれる他、使った額や使った場所まで情報化してくれます。カテゴリー分けをしてくれるため家計を管理することもでき、一目で何にどれだけのお金を使ったかがわかります。

さらに、利用を重ねることでご自身の利用データが溜まっていきます。Apple Cardのアプリ内で管理されている情報を元に、月ごとの利用平均額を算出、使いすぎていた場合は通知を通して利用者に伝えてくれます。

これらの消費情報は個人情報として、Appleには全く公開されないとのことです。プライバシーもしっかり守られていることがわかります。

支払い期限や利用総額、利用日時などが下記の画面のように表示されます。スタイリッシュなデザインも手伝って、ついつい開いてみたくなります。

Apple Card消費情報管理画面

引用: https://www.apple.com/apple-card/

Appleカードのセキュリティ

キャッシュレス決済を利用するにあたって、最も力を入れて欲しいのが情報セキュリティ対策です。昨今ではFacebookなどのSNSでの個人情報の流出や、PayPayでのクレジットカード情報流出による不正利用問題などが明らかになっています。これらを皮切りにセキュリティ対策が叫ばれ、キャッシュレスサービスの普及を妨げる結果になっています。

ところが、AppleカードではAppleが持ちうる技術を持って、セキュリティ対策を強化しています。従来のiPhoneに備え付けられているセキュリティ対策に加え、新たな対策も導入されているのです。消費情報を管理するiPhoneには、顔認証や指紋認証のセキュリティ対策が施されています。さらに、消費情報を見ることができるアプリを開くためには、追加でコード認証が必要です。その他のキャッシュレス決済サービスと同じように、アプリを開く際にはパスコードを求められます。これにより、何重にもセキュリティ対策がなされていることになります。

指紋をあらかじめ登録することで、コードを入力する手間を省き指紋認証でアプリを開くことも可能です。また、支払いの際にもコード認証/指紋認証が求められるため、自分以外がAppleカードを利用することはできません。

これほどしっかりとセキュリティ対策ができるのは、様々なIT商品を世に生み出しているAppleの強みでしょう。

Appleカードの「リアルカード」も同時併用で安心!

Apple Card Physical card image

引用: https://www.apple.com/apple-card/

Apple Payを経由しての利用が中心に想定されているAppleカードですが、Apple Payを使えない店舗でも利用できるように、リアルカード型のクレジットカードも用意されています。デザインは上記の画像のもので、従来のクレジットカードにあるものが表示されていない斬新なカードです。

Appleによると、「カードに書かれていないカード番号を盗むことは難しい」ということで、カード面にはカード番号はおろかCVVも載っていません。日本ではあまり報告されていませんが、海外ではクレジットカードがスキャンされ、不正に利用される事件が多く起きています。海外ではレストランでの支払いでクレジットカードを利用する時も、クレジットカードを店員に渡すことはありません。それほどスキャニングの危険は高く、カード番号やCVVがカード面から盗まれる可能性が高いということです。Appleカードではこれを不可能にするために、敢えて無地のカードを導入しました。

そして、万が一リアルカードを紛失してしまっても、Apple Cardアプリ内で利用を停止することができます。会社に電話する必要もなく、自分の手元で手続きが完了するため即刻対応できます。

様々な機能がついている最新型クレジットカードのAppleカード。今年の夏をめどにアメリカで発行される予定です。日本でも、Apple Payを利用していれば使えるカードとして登場する可能性があります。詳しい情報が開示されていないため、これからも注目しておくことが必要です。

自分に合ったクレジットカード探しに
「クレカ診断」

いかがでしたでしょうか?
ライフスタイルに合わせたクレジットカード選びがお得に生活をするポイントになります。

クレジットカードを利用すると日々のお得に気づきます。クレジットカードを利用することで様々な家計簿アプリで自動に出費管理がしやすくなりますので、「使いすぎがこわい」という人には返って日々の出費チェックもしやすくなります。何も考えずに現金を使っていたことを後悔することもあります。出費をしっかりと管理すればクレジットカードは強い味方です。

ただ、クレジットカードは発行会社が無数にあり、どれが自分に最適か調べるのも困難です。情報は日々更新され、新しいクレジットカードも毎年発行されています。

AI-Creditではあなたのライフスタイルを元に、最適な決済方法・クレジットカードをご提案します。 簡単クレジットカード診断を受けてみましょう。