アプリではお得なキャンペーンをお知らせします

【ポイント2重取りの方法まとめ】コード決済とクレジットカードの組み合わせで最強還元率!

公開日:

更新日:

【ポイント2重取りの方法まとめ】コード決済とクレジットカードの組み合わせで最強還元率!

コード決済のポイント還元率アップキャンペーンはまだ続きます。

コード決済のキャンペーンは大手企業に絞られてきました。

PayPay

d払い

au PAY

大手キャリア3社に加えて、LINE Pay楽天ペイメルペイゆうちょPayが独自路線でキャンペーンを開催しています。

また、電子マネーは、

Suica(JREポイント)

nanaco

WAON

楽天edy

上記を中心にキャンペーンが開催されています。

さらに、共通ポイントでは、

・Pontaポイント

・dポイント

・Tポイント

・楽天ポイント

・LINEポイント

があり、各社が独自の経済圏を作って顧客囲い込みの為にポイントアップキャンペーンを開催しています。

他にも、JALマイルやANAマイル、永久不滅ポイントやOki Dokiポイントなど、ポイントの種類とキャンペーンは数えれば枚挙にいとまがありません。

このキャンペーン合戦の波に乗らない手はありません。コード決済やポイント活動(通称ポイ活)の初心者も、まだ間に合います。

ポイントを貯めて節約もよし、普段は買わないようなものを買ってもよし、還元・割引されるポイントの利用手段は様々です。

ただ、コード決済利用者は「キャンペーンで取得できる還元」だけで満足してないでしょうか。

それだけでは、勿体ないのです。

コード決済はポイント2重取りをしてこそ、還元率が最大化されます。

今回、秘伝のポイント2重取りの方法をご紹介しましょう。

その前に、還元率と合わせて、お得活動に欠かせないツールアプリをご紹介しますのでご覧になってくださいね。

節約・お得活動におすすめの最強無料アプリ

楽天公式アプリで他のショップで購入して楽天スーパーポイントがたまるアプリがあります。お気に入りのストアでお買い物しながら楽天スーパーポイントがどんどん貯まります。

ポイント有効期限切れを起こしてませんか?ポイント管理にこのアプリ。そして、マネーフォワードと同時にダウンロードしておいてもらいたいのが次のアプリ。

楽天公式の「見るだけで楽天ポイントが貯まる」楽天ポイントスクリーンアプリ。毎日コツコツ貯めていきましょう。

無料でWi-Fi使い放題。通信量の節約にはこのアプリ。

そもそもポイント2重取りなんてできるのか?

結論から書きますと、ポイント2重取りは、可能です。

まず、ポイント2重取りにはコード決済の支払いに対して銀行からチャージではなく、「クレジットカード払い」を選ぶことが重要です。

そして、コード決済とクレジットカードは、個別の組み合わせが重要です。コード決済とクレジットカードはサービスごとに相性があります。

コード決済の支払いを「クレジットカード払い」に設定する際、設定するクレジットカード選びを間違えると還元率は大きく下がります。

悲惨な事態は、「指定のクレジットカード以外はキャンペーン対象外」ということに気づかず、キャンペーンの大量還元だと思っていたらポイントが全然入っていない時です。

キャンペーン概要をしっかり確認する必要がありますが、ポイント付与条件などのキャンペーン内容は一般のかたには非常にわかりにくい説明になっていることが多いです。

それであれば、常にキャンペーン対象となるような無難な組み合わせを準備をしておくのがポイント2重取り初心者には重要となります。ポイント2重取りには、「コード決済」と「クレジットカード」の組み合わせが強く紐づいています。

では、コード決済とクレジットカードはどんな組み合わせが還元率を最大化させるのか見ていきましょう。

d払い + dカード

d払い

引用:https://service.smt.docomo.ne.jp/keitai_payment/

ドコモの資本力で一気にキャンペーン攻勢を仕掛けているのがd払いです。

d払いは、支払いをdカード / dカード GOLDに設定することが可能です。
他のクレジットカードでも支払い設定は可能ですが、その場合にはキャンペーン対象外となることが多いです。

例えば、10%還元キャンペーンを実施する時には、「dカード以外のクレジットカード払いは対象外」と記載されています。

d払いで大型の還元キャンペーン対象となりつつ、さらにクレカのポイントを得るにはdカードを発行しましょう。

dカードは年会費無料のクレジットカードです。基本還元率1.0%と合格点の還元率。d払い用に持っていて損はないでしょう。

d払いのキャンペーンをまとめていますのでこちらもチェックしてください。

新規発行で翌々月まで25%還元

永年年会費無料「dカード」

※dカード新規⼊会/各種設定/要webエントリー/利⽤。ポイントは期間・用途限定

楽天ペイ + 楽天カード

楽天ペイ

引用:https://pay.rakuten.co.jp/

楽天ペイは大型のキャンペーンは実施していません。
ですが、楽天市場では常に楽天スーパーセールやお買い物マラソンといった還元率アップキャンペーンを実施していますので、楽天全体の還元率は常に高い状況と言えます。

楽天のスーパーポイントアッププログラム(SPU)を上手く利用すればポイント最大16倍にもなります。(時期によって変動があり、条件も変わってきます)

楽天ペイは楽天カードと紐づけるのがおすすめです。
楽天ペイの基本ポイント還元率は0%ですが、楽天カードを紐づけると、そこに楽天カードのポイント還元1.0%もプラスされて、ポイント2重取りが可能になります。チャージ方法によって還元率が異なりますので確認しましょう。楽天ペイのお得なチャージ方法は、楽天カードで楽天キャッシュにチャージして利用する1.5%還元の支払い方法です。

楽天ポイントが貯まる

楽天カード公式サイト

JCB・AMEXも登録可能になりました

これまでは、JCBブランド、AMEXブランドでは、楽天カード以外のクレジットカード登録は登録できませんでした。それが、2020年8月から楽天カード以外のJCB/AMEXも対応可能となりました。が、結果的に「楽天カード」以外は還元率が低くなりますので、楽天カードで楽天キャッシュにチャージして支払い設定が最もお得な支払い方法になります。

やはり、楽天カードの登録が無難と言えます。

楽天ペイにはKyashは紐付け不可能に

楽天ペイは3Dセキュア対応しているクレジットカードしか登録ができません。そのため、Kyashは登録ができません。

FamiPay + ファミマTカード

ファミペイ

引用:https://www.family.co.jp/famipay.html

主にファミリーマートで利用できるFamiPayは、チャージ式の決済方法です。
決済前に事前にチャージしておく必要があるのですが、クレジットカードでチャージできるのは「ファミマTカード」のみです。
さらに、チャージ時にポイントも付与されます。

ファミマTカードでチャージすると0.5%還元のTポイントが付与されます。
また、FamiPay利用時に0.5%還元があります。
合計で1.0%還元があり、店頭でTポイントカードを見せれば1.5%還元になります。

さらに、毎月25日のチャージの日にチャージすれば無料クーポンの特典あり

FamiPayは毎月25日に3,000円以上のチャージをするとコーヒー無料クーポンなどを配布するキャンペーンを開催しています。どうせチャージするなら毎月25日にチャージしましょう。

ファミリーマートによく行く人はファミマTカードがおすすめです。
還元率だけでなく、様々な商品のクーポンが配布されるので実質的な還元率は1.5%以上になります。

PayPay + ヤフーカード

PayPay

引用:https://paypay.ne.jp/

20%還元や50%還元といったキャンペーンを打ち出しているPayPay。

キャンペーン対象となるには、支払いにヤフーカードを設定することが必要です。他のクレジットカードは対象外となってしまいます。(ただ、最近ではPayPay残高のみが対象になることも増えてきています)

ヤフーカードの支払いでポイント2重取りとなりますが、19% + 1%(ヤフーカード分)というように、クレジットカードの付与ポイントも加味したポイント設定になっています。

また、最近ではPayPayはキャンペーン時に「Yahoo!プレミアム会員」であることも重要です。

au PAY + au PAYカード

Pontaポイント・LAWSONと提携を発表したau PAY。
au PAYは、au PAYカードでチャージがお得です。au PAYカードでチャージした際には1.0%のポイントが付与されます。
また、基本ポイント還元率は0.5%で合計1.5%還元になります。

au PAYカードはゴールドカードでは契約プランによっては携帯料金が11%還元になるクレジットカードです。ご契約の携帯がauであればゴールドカードも検討しましょう。特に、プラチナランクになると還元率は普段利用で3%になります。


LINE Pay・Visa LINE Payクレジットカード

LINE PayはVisa LINE Payクレジットカード支払いの「チャージ&ペイ」を利用すると最大3.0%還元になります。2021年4月末までは3%還元となり、一気に高還元の代表格になりました。
追記:Visa LINE Payクレジットカード3%還元は終了しました。2021年5月1日から還元率は2%に変更になります。詳しくは以下をご覧ください。

Visa LINE Payの利用が進めばLINEポイントの獲得が進み、LINEポイントのランクが上がっていきます。ランクが上がれば毎月発行されるクーポンは10枚にも及びます。

コンビニで10%オフとなるクーポンも配布されますので、実質最大還元率は3%を優に超えるものになります。

Visa LINE PayクレジットカードとLINE Payの組み合わせは現在最強の組み合わせです。

一方で、最大還元率3%を実現させるためには、LINE ポイントクラブのマイランクを最高ランクのプラチナに上げる必要があります。レギュラーランクでは1%の還元率に止まってしまうなど、ランクによって還元率は大きく変わります。詳細は以下の図をご覧ください。

LINE Payチャージ&ペイ還元率詳細
引用:https://pay-blog.line.me/archives/23067855.html

【LINEクレカ改悪】還元率ダウン・ポイントクラブ・マイランク終了 5月1日から

>Visa LINE Payの最強の使い方はこちらも参照ください

メルペイは、メルカリ内でdカード利用がお得

メルペイは還元率アップキャンペーンこそ実施しますが、ポイント2重取りはできません。

ただ、メルカリがdカード特約店となり、メルカリでの支払いをdカードで行うと2.5%還元になります。(キャンペーン中はさらにアップ)

メルカリでは年会費無料のdカードが圧倒的にお得です。

まとめ:なぜ、コード決済の支払いにクレジットカードを設定するといいか?

コード決済の支払いにはクレジットカード払いをした方がいい理由がわかりましたか?

コード決済事業者は自社のクレジットカードでの決済を優遇する傾向があります。
これからキャンペーンをしていくであろうコード決済サービスと相性のいいクレジットカードは年会費無料のカードも多く、持っていて損はありません。

見逃しがちな付与上限・クレジットカードの利用ボーナス

目先の大型還元についつい目がいってしまいますが、実は見逃しがちなのが付与上限です。

例えばPayPayはポイント付与を1ヶ月合計15,000円相当までとしています。
相当量の金額を使わなければ上限にたどり着きませんが、大きい買い物をする時ほどポイント還元には期待しますよね。
コード決済のポイント還元には上限があることを忘れてはいけません。
それに対して、クレジットカードは利用上限額いっぱいまでポイント付与対象となることがほとんどです。

さらに、クレジットカードは利用額に応じてボーナスポイントが付与されます。
できるだけクレジットカードを通して支払いをした方がポイントが貯まる仕組みになっています。
コード決済をクレジットカード払いにした時に、クレジットカードのボーナスラインギリギリまで利用することがポイント還元率を最大化する方法です。

例えば、dカード GOLDであれば、前年の年間ご利用額累計が、100万円(税込)以上、200万円(税込)以上の人にそれぞれ10,000円相当、20,000円相当の特典を付与しています。

この記事の監修:足澤憲 AI-Credit CTO / セコロジスト・クレジットカードマニア

足澤憲 / AI-Credit

足澤憲 / AI-Credit

AI-Credit CTO / クレジットカードマニア

AI-Creditの開発をしています。還元率、クレジットカードマニアです。

2021年8月30日 文春オンラインに取材された記事が公開されました。【文春オンライン#1】父に使いこまれた奨学金は315万、「小学生の頃から“お金貸して”と」…岩手の困窮農家に生まれた男性(33)の壮絶すぎる人生

【文春オンライン#2】実家を出ても「妹の学費、かかるからよぉ」と電話が…父に奨学金315万円を使いこまれた男性(33)が“貧乏”から得た「教訓」

2021年6月22日放送の日本テレビ「ニュースEvery」・テレビ岩手の放送で紹介されました。日テレニュースはこちらから。

岩手日報・Abema News・毎日新聞ねとらぼJ-CASTニュースなど、多数掲載。ねとらぼはYahoo!ニュースやLINE NEWSにも掲載されました。

2021年7月5日、ORICON NEWSに掲載。浪費家で借金まみれの父、お金に無知な母…“お金に追われていた”息子が父の日広告を経て変化した両親への想い

AIクレジット株式会社でCTO / COOとして活動中。 2020年10月11日放送のTBS「がっちりマンデー」で紹介されました。「がっちりマンデー!! note編」でご覧ください。開発の足澤が出演しました。

キニナルweb「おすすめ決済方法を一発表示するアプリを開発した“セコロジスト”が語る、究極のポイント還元術」でも取材をされました。(2021年4月26日掲載)

ビジネスジャーナルでエポスカードのお得な使い方も解説。

2020年12月1日「MonJa」に開発責任者の足澤を掲載していただきました。「キャッシュレスマップアプリ「AI-Credit」開発者・足澤憲に聞く“お得”を追究するプログラマーの意外なお金観」でご覧ください。

2020年11月9日「FRIDAYデジタル」で開発責任者の足澤が紹介されました。「出費0円を目指せ!カードマニアが伝授「絶対得するポイント生活」でご覧ください。

AIクレジット株式会社は一般社団法人キャッシュレス推進協議会および一般社団法人Fintech協会に所属しています。

足澤憲 / AI-Creditの関連記事

AI-Creditのおすすめのテーマ