更新日:2018.11.17

通勤や通学に使われている定期券の購入や、日頃、Suicaへチャージする際には現金とクレジットカードどちらを利用していますか。

同じ金額を支払うのなら、クレジットカードでポイントを貯めて賢くお得に生活しましょう。現金で支払いをしてしまうとポイントも貯まらずもったいないです。今回は、定期券の購入やSuicaチャージへの利用にお勧めのクレジットカードをご紹介します。

早速、公式サイトを見る
 

Suicaにチャージでポイントを貯まるビックカメラSuicaカードの年会費を無料にする方法

ビックカメラSuicaカード券面画像

Suicaの使える交通関連で利用するのなら、ぜひお勧めしたいクレジットカードが「ビックカメラSuicaカード」です。

こちらのクレジットカードは、JRでのSuicaチャージやオートチャージ、切符や定期券の購入においてポイント還元率が非常に高くなっています。JR利用でのポイント還元率は1,000円につき15ポイントで、なんと還元率は1.5%です。

通勤や通学で鉄道を利用されている方は、電車に乗る度に毎日ポイントを貯められることになります。
高還元率のクレジットカードを利用することは、1年単位で考えると大変な得をすることになります。

公式サイトを確認する
 

 
 

ビックカメラSuicaカードの特徴はview系カードと異なり、年会費が実質無料

ビックカメラSuicaカードの特徴はview系カードと異なり、年会費が実質無料

引用:https://www.jreast.co.jp

「ビックカメラSuicaカード」について詳しくご紹介します。

大きな特徴は年会費です。

初年度は無料となります。2年目以降も、初年度に1度でもカード利用があれば無料です。もちろん、このカード利用には定期券の購入やSuicaチャージも含まれますので、普段利用しない場合は、1度1,000円だけでもチャージすれば年会費は無料となります。これが、view系のカードは年会費がかかる為(view Suicaカードの年会費は477円(税抜))、最低でもサブカードとして利用することが重要になります。

一定の利用が見込める方は、view Suicaカード等は定期券とクレジットカードが一体にもなりますので利便性がぐっと上がります。

詳しくはこちらから。

オートチャージで還元率1.5%!「view Suicaカード」(ビュー・スイカ)

ポイント還元率については、通常のお買い物1,000円につきビックポイント5ポイント(5円相当)+JRE POINT 5ポイント(5円相当)が付与されます。よって還元率は1.0%となります。

また、前述した通りJR東日本における利用分は、JRE POINTが15ポイント貯まるため、JR利用での還元率は1.5%となります。

これらのポイントの有効期限はビックポイントの有効期間は1年ですが、利用すると利用日から1年に延長されます。コンスタントにカード利用があれば実質無期限です。貯まったポイントは様々なアイテムと交換することが出来ます。Suicaへチャージも可能なので、日頃から鉄道を利用される方には非常に便利なクレジットカードとなっています。

ビックカメラSuicaカード公式サイトはこちら。
公式サイトを確認する

 

ビックカメラSuicaカードのメリットとデメリット

ビックカメラSuicaカードのメリットとデメリット

メリット:ビックカメラでのポイント還元率が11.5%

最近では様々な店舗でSuicaでの支払いが可能となっています。Suicaチャージでお得にポイントが貯まるということは、クレジットカード利用でSuicaにチャージをして日頃の支払いに利用すれば、普段のお買い物でもポイントを貯めることが出来るということです。

ビックカメラでSuica決済を利用すれば、ビックポイントとのポイント二重取りも出来ます。
通常の支払いで10%の還元に加えて、Suicaのチャージポイントが1.5%になりますので、この場合のポイント還元率は、なんと11.5%になります。Suicaのチャージ金額上限は20,000円ですが、20,000円を超えるお買い物には20,000円分決済をした後にそれ以上の金額を現金払いすることも可能です。
ビックカメラで他のクレジットカードを利用すると、ポイント還元率は下がってしまいます。

公式サイトを確認する

デメリット:大きなデメリットはない

敢えて挙げるのであれば、定期券一体型が持てないことが挙げられます。
定期を別で持たなければならないのは、view Suicaカードなどと比べると少々使い勝手が悪いかもしれません。

しかし、モバイルSuicaの年会費が無料となる特典がついているので、そちらを利用すれば不便もあまり感じることもありません。

Apple Pay利用でデメリットは解消できる

ビックカメラSuicaカードはApple Payに対応しています。
Apple Payに登録すればiPhoneをSuicaの定期代わりに利用できますので、このデメリットも解消できます。

 

まとめ

毎日の鉄道利用やSuicaでのお買い物に使っているだけで、いつの間にかポイントが貯まっている大変便利でお得な「ビックカメラSuicaカード」。

1年に1回の利用で年会費も無料にできる為、持っていて損はないカードです。
利用できる機会が非常に多く、持っているだけで優待も受けられるので1枚あれば毎日がお得になること間違いなしです。

ビックカメラSuicaカード公式サイトはこちら。
公式サイトを確認する
 

 
 
・ビックカメラSuicaカードの概要とポイント

項目 詳細
ひとことでポイントは? JRの定期券購入で1.5%還元!2年目以降も1度でも利用があれば年会費無料になるView系のクレカはビックカメラSuicaカードだけ
申込資格 日本国内にお住まいで、電話連絡のとれる満18歳以上の方。高校生を除く
年会費 初年度無料、2年目以降は前年1年間でのクレジット利用があれば年会費無料。1年間利用がない場合は2年目以降年会費477円(税抜)。
家族カード なし
ETCカード 年会費477円(税抜)
貯まるポイント JRE POINT、ビックポイント
基本ポイント還元率 1.0%(税込1,000円につき合計10ポイント(ビックポイント5ポイント、JRE POINT 5ポイント)1ポイント1円相当)
特約店ポイント還元率 ビックカメラで10%還元。Suicaにチャージして支払うとプラス1.5%で合計11.5%還元。ソフマップ・コジマでも現金同様の還元率。
ボーナスポイント なし
ポイント有効期限 JRE POINT:ポイント加算月を含めて12カ月後の月末まで。ビックポイント:最終利用から2年間。
ポイント・マイルの移行 マイルへの移行はなし
ポイント交換先 JRE POINT:1ポイント1円でSuicaにチャージ可能、びゅう商品券など。ビックポイント:1,500ポイント → JRE POINT 1,000ポイントに移行可能。JRE POINT 1,000ポイント → ビックポイント1,000ポイントに移行可能。
ポイントランク なし
電子マネーチャージ Suicaにチャージ・オートチャージ でJRE POINTがポイント還元率1.5%
海外旅行障害保険 自動付帯
国内旅行障害保険 利用付帯
その他保険 紛失・盗難保障
国際ブランド VISA/JCB
その他注目のポイント 新規入会でJRE POINTとビックポイントの両方がもらえるキャンペーンを実施

 

自分に合ったクレジットカード探しに
「クレカ診断」

いかがでしたでしょうか?
ライフスタイルに合わせたクレジットカード選びがお得に生活をするポイントになります。

クレジットカードを利用すると日々のお得に気づきます。クレジットカードを利用することで様々な家計簿アプリで自動に出費管理がしやすくなりますので、「使いすぎがこわい」という人には返って日々の出費チェックもしやすくなります。何も考えずに現金を使っていたことを後悔することもあります。出費をしっかりと管理すればクレジットカードは強い味方です。

ただ、クレジットカードは発行会社が無数にあり、どれが自分に最適か調べるのも困難です。情報は日々更新され、新しいクレジットカードも毎年発行されています。

AI-Creditではあなたのライフスタイルを元に、最適な決済方法・クレジットカードをご提案します。 簡単クレジットカード診断を受けてみましょう。