更新日:2019.01.04

2017年9月30日、東海道新幹線で新サービス「スマートEX」がスタートします。そのサービス変更に伴い、JR東海は従来のサービス「プラスEX」のサービス内容を拡充させた「エクスプレス予約」として統合しました。新幹線を少しでも安い料金で利用したい人にとって、どのような割引サービスになるのか、今までJR東海のチケットをクレジットカードで購入していた方が、これからのサービスでどうお得になるのかをまとめています。

 

「プラスEX」と「エクスプレス予約」の違い

JR東海のサービス「プラスEX」とは、クレジットカードに付帯すれば東海道新幹線(東京―新大阪)のネット予約ができ、IC乗車ができるサービスです。そして、統合した「エクスプレス予約」は、「JR東海エクスプレスカード」か「JR西日本のJ-WESTカード」のクレジットカードに入会する必要がありますが、メリットが増大しています。「エクスプレス予約」の年会費は1,080円(税込み)ですが、東京―新大阪間の普通指定席片道料金が1,080円の割引料金で利用でき、モバイルSuicaに対応しています。

一方「プラスEX」の年会費は540円と「エクスプレス予約」より安くなりますが、東京―新大阪間の普通指定席片道料金は510円の割引となりお得感が薄れます。年会費の違いがあるのでサービス内容も違ってくるのは当然ですが、「プラスEX」は割引額が少なく、モバイルSuica非対応、e特急券が無いなど新幹線移動が多い方にとってはメリットが薄いサービスかもしれません。

 

新しくなった「エクスプレス予約」で還元率を2倍に!

新しくなった「エクスプレス予約」で還元率を2倍に!

今まで「エクスプレス予約」で新幹線チケットを購入するのは、JR東海エクスプレスカードかJR西日本のJ-WESTカードのクレジットカードを利用し、日常のショッピングは一般クレジットカードを使用する。といった2種類のクレジットカードの使い分けが必要でした。ポイントもそれぞれ違うクレジットカードに貯まることになり、ポイントを使用するにも管理するのも2倍の手間がかかり非効率でした。

その問題が「プラスEX」と「エクスプレス予約」が統合することで解消されます。今後は「エクスプレス予約」をJCBや三井住友VISA,三菱UFJニコス、アメリカンエキスプレスなど普段使っているクレジットカードで決済できます。

これにより、1つのクレジットカードに新幹線チケット購入分と日常のショッピングで決済したクレジットポイントが貯まるので決済管理の手間がなくなり、更にアメックスなどのクレジット会社によっては「エクスプレス予約」のチケット購入還元ポイントが2倍になる場合があります。

 

「スマートEX」でネット予約はさらに便利に!

「スマートEX」でネット予約はさらに便利に

2017年9月30日からスタートする新サービス「スマートEX」では、東海道・山陽新幹線のネット予約が気軽にできるようになります。新幹線チケットの料金は窓口の販売価格と同額になりますが、専用のクレジットカードは不要になり通常使っているクレジットカードでネット登録できます。更に、手元にあるSuicaやPASMOなどのICカードで新幹線に乗車できるなど便利に利用できるサービスです。

 

まとめ

新幹線予約がスマートに行え、チケットレスで乗車でき、クレジットカードポイントも貯まりやすくなった「エクスプレス予約」は、旅行や仕事で新幹線を利用する方には強い味方になるサービスです。新幹線をあまり利用しないという方は、まずは、年会費無料の「スマートEX」に登録してみてはいかがでしょうか。

自分に合ったクレジットカード探しに
「クレカ診断」

いかがでしたでしょうか?
ライフスタイルに合わせたクレジットカード選びがお得に生活をするポイントになります。

クレジットカードを利用すると日々のお得に気づきます。クレジットカードを利用することで様々な家計簿アプリで自動に出費管理がしやすくなりますので、「使いすぎがこわい」という人には返って日々の出費チェックもしやすくなります。何も考えずに現金を使っていたことを後悔することもあります。出費をしっかりと管理すればクレジットカードは強い味方です。

ただ、クレジットカードは発行会社が無数にあり、どれが自分に最適か調べるのも困難です。情報は日々更新され、新しいクレジットカードも毎年発行されています。

AI-Creditではあなたのライフスタイルを元に、最適な決済方法・クレジットカードをご提案します。 簡単クレジットカード診断を受けてみましょう。