更新日:2019.01.04

初詣から小銭が消える?キャッシュレス化の波は神社まで届く

年が開けると多くの人が最初に赴くのが初詣です。
新年から神社を参り、1年が良い年になるようにお賽銭を投げてお祈りをします。

そんな伝統的な日本の文化の形がキャッシュレスの波によって変化する可能性があります。

日光東照宮

キャッシュレス化によって変わるのは、神社へお御参りには不可欠な「お賽銭」です。神社を参る時、「お賽銭用に」と小銭を用意して神社に参る方も少なくないでしょう。

しかし、将来的にはお賽銭用に小銭を用意しなくてもいい日がくることも遠くありません。先進的なお賽銭は、日本のある神社ですでに取り入れられています。

お賽銭をQRコードで払えるお寺?

先進的なお賽銭システムを取り入れているのが、世界遺産の「日光の社寺」がある栃木県日光にある1つの神社です。

日光は、2017年には1,200万人以上の観光客が訪れるほど人気の観光地です。その日光で最も有名なのが、徳川家康を祀っている日光東照宮です。

日光東照宮を含む、近隣の寺院、神社を合わせて世界遺産の「日光の社寺」として登録されています。日光の社寺には東照宮の他に寺院や神社が点在し、様々なご利益があるとして多くの人が訪れています。

二荒山神社QRコードお賽銭

先進的なお賽銭システムを取り入れている「日光の社寺」の神社は、『日光二荒山神社』です。日光二荒山神社のお賽銭は、現金とは別に、QRコードでも収めることができます。見慣れたお賽銭箱の隣に赤い看板にQRコードが掲示されています。利用者はそのQRコードを読み取ってお賽銭を収めることができます。
訪日中国人を対象にしていると思われ、AlipayとWeChatのみが利用できますが、日本人ユーザーを対象とした新たな技術の取り入れも検討中とのこと。

小銭を投げ入れる代わりに自らのスマートフォンをかざし、お賽銭の額を打ち込むようになる日も近いです。

日光では、観光地でのQRコード利用を推奨しています。二荒山神社の麓にある神橋にもQRコードの技術は利用され、そこではお賽銭を管理するためではなく、情報提供という目的で利用されています。外国人観光客の間では「日本の観光地の説明が日本語しかない」と困っている声が多い中、QRコードを読み取ることで複数言語で観光地の説明を読む(もしくは聞く)ことが可能です。QRコードの技術を利用して、さらに便利なシステムが充実していくことでしょう。

東京にも現金以外でお賽銭を払える場所があった!?

実は、お賽銭がキャッシュレス化しているのは日光だけではありません。

東京都港区にある愛宕神社です。この神社では初詣の時期に合わせて、楽天Edyでのお賽銭の支払いが可能になる日があります。楽天Edyを利用できるのは1月4日の1日だけですが、珍しいお賽銭を体験しに多くの人が訪れました。

電子マネーのEdyでお賽銭を払うと、小銭を投げ込む時に「シャリーン」という音が流れます。お賽銭を小銭で払った感覚に近づける狙いがあるようです。(なんだかお茶目ですね)

2019年も1月4日に同じ取り組みが計画されているという情報があります。いつもとは違った方法で、お賽銭を挙げてみるのもいいですね。

便利なのはいいけど、現金以外のお賽銭ってご利益あるの?

お賽銭を挙げる目的は、神前に祈りを捧げるためです。決められた方法でお祈りを捧げるのは、神聖な場所に敬意を払ってご利益を得るためです。

では、小銭ではなくキャッシュレスの方法でお賽銭を納めるのにご利益はあるのでしょうか。

神社お祈り画像

「お金を捧げているのは同じことなんだから現金でもQRコード決済でも変わらない」、という声と、「現金で納めなければご利益がなさそう」、と感じている声もあります。「よいご縁がありますように」などの願いを込めて5円玉を投げるように、それぞれの額には思いが込められています。決まった額の小銭で納めるからこそ意味がある、という考え方もあります。
逆に、キリよく小銭がない場合もあります。小銭といっても500円玉のみしか持っていない時は、どうするか困ってしまうときもあるのではないのでしょうか。そういう時は、手持ちの小銭の額にかかわらず、スマートフォンやクレジットカードで手軽に払えると便利ですね。5円玉という実物はありませんが、「いいご縁を」という思いを込めてお金を送ることでその思いは神聖なものになるのではないのでしょうか。

「何を信じるか、どう信じるか」ということでしたが、物理的に多くの人で混雑する初詣の時期には、「混雑の解消」が重要課題です。キャッシュレス化したお賽銭システムでその混雑が解消され、効率化が進めばより多くの神社で用いられることが増える可能性も考えられます。

キャッシュレスお賽銭は、新たに社会に進出しているキャッシュレスサービスが日本の伝統的な文化や習慣にも浸透しつつある一例です。

自分に合ったクレジットカード探しに
「クレカ診断」

いかがでしたでしょうか?
ライフスタイルに合わせたクレジットカード選びがお得に生活をするポイントになります。

クレジットカードを利用すると日々のお得に気づきます。クレジットカードを利用することで様々な家計簿アプリで自動に出費管理がしやすくなりますので、「使いすぎがこわい」という人には返って日々の出費チェックもしやすくなります。何も考えずに現金を使っていたことを後悔することもあります。出費をしっかりと管理すればクレジットカードは強い味方です。

ただ、クレジットカードは発行会社が無数にあり、どれが自分に最適か調べるのも困難です。情報は日々更新され、新しいクレジットカードも毎年発行されています。

AI-Creditではあなたのライフスタイルを元に、最適な決済方法・クレジットカードをご提案します。 簡単クレジットカード診断を受けてみましょう。