ドコモユーザーがdocomoの携帯料金を安くする裏技はこれ!

公開日:

更新日:

「ケータイ代がかさんでツラい」「もっと安く使いたい」と思っている方も多いでしょう。

毎日の暮らしに欠かせないケータイだからこそ、毎月の利用代金はできるだけリーズナブルに抑えたいものです。そんな時に見直しておきたいのが料金プランの変更ですが、まずは支払い方法を見直してみましょう。

docomoユーザーであれば、クレジットカードを利用するとお得に携帯電話料金を支払える裏技があります。

今回はクレジットカードを使うだけでケータイ代をもっと減らせる、とっておきの裏ワザをご紹介します。

【dカード】docomoユーザーが持つべきカードはコレ!

dカード券面画像

引用:http://d-card.jp

docomoのケータイ代を安くするには、NTTが発行しているオフィシャルクレジットカード「dカード」の利用がベストです。

dカードで料金を支払うと同社独自のポイント「dポイント」が貯まります。貯まったdポイントはdocomoの携帯料金の支払いに使うことができます。また、dポイント加盟店でも現金同等にポイント利用が可能です。

クレジットカード機能のない「dポイントカード」でもポイントを貯めることはできますが、「dカード」のほうが1回あたり加算されるポイントが多く、よりスピーディーにポイントの獲得が可能です。

dポイントカードはこちらも参考にしてください。

dポイントカードのおすすめの使い方・使い道

dポイントの加盟店はコンビニからレストランまで全国に25,000店舗以上。現在も新規店舗が続々参入しており、ポイントの使いやすさも抜群です。

dカードに関してはこちらの記事も参考にしてください。

docomoユーザーはdカードを持つべき!特約店一覧とポイント還元率

【爆速でポイントが貯まる】dカード GOLD

dカード GOLD券面画像

引用:http://d-card.jp/st/

dカードにはゴールドとノーマルの2種類があります。ここでは「dカード GOLD」の特長を紹介します。

「dカード」よりステージがワンランク上の「dカード GOLD」は、年会費が10,000円(税抜)かかります。
年会費を高いと感じる人も多いでしょう。年会費はかかりますが、このカードでdocomoのケータイ代を支払うと、1,000円の支払いにつき100ポイントの獲得できるのです。つまり、ポイントの還元率が10%となり、大変高いパーセンテージなのです。毎月9,000円の携帯料金がかかっている人であれば、年会費を払っても損はしません。

ショッピング利用でも100円につき1ポイントが加算されます。還元率は1%となります。普段使いでも十分に還元されるカードと言えます。

さらには成田国際空港や関西国際空港など、地方空港を含めた全国29の空港とハワイの「ダニエル・K・イノウエ国際空港 IASS HAWAII LOUNGE」で、ラウンジが無料で利用可能になります。飛行機を利用する方には嬉しい特典ですね。手厚い海外・国内旅行保険も無料で付きます。

携帯料金の利用額の高い方や、飛行機の利用が多い方にぴったりのカードです。
年会費永年無料のdカード公式サイトへ

dカード GOLD公式サイトへ

【会費を抑えてポイントも貯める】dカード

年会費を抑えながらポイントも貯めるなら「dカード」で十分です。

ゴールドカードよりもステージは下ですが、年会費は永年無料です。また家族カードやETCカードも作れるため、合わせて持っておくとお得です。

dカードで貯められるポイントは、100円の支払いにつき1ポイントと、還元率はdカード GOLDと同じです。
dカードは家族・ETCカードと紐づけられるので、家族全員の利用額全額をまとめて利用できるポイントにできます。使えば使うほどポイントがどんどん貯まるので、dカードを持ったら家族のケータイキャリアをdocomoに統一するのも手段の一つです。

【特約店はポイント二重どり!】賢くポイントをゲットする方法

「dカード GOLD」「dカード」ともに、ショッピングでのポイント還元率は100円で1ポイントです。この割合でも他社カードよりもお得ですが、もっと賢く貯める方法があります。それはdカード特約店を利用すること。通常ポイントにボーナスポイントが追加されるので、より早く・効率的に貯めることが可能です。

例えばJALの利用で+1ポイント、日経関連の雑誌購読で+2~4ポイント、スターバックスカードの利用で+3ポイントなど、高い数値が設定されています。さらにLAWSONでdカードを使うと最大で5%もお得になります。日ごろ利用しているコンビニをローソンに変えてdカードを使うだけで、さらにポイントが貯まりやすくなります。

こちらも参考にしてください。

LAWSONでPontaポイント還元率を最大にする支払い方法

【ポイントでケータイ代が安くなる】賢くポイントを使う方法とは

dカードでポイントを貯めたら、いよいよケータイ代を安くする出番です!

利用方法は、WEBサイト「d POINT CLUB」から申し込み、貯めたポイントを使うだけです。毎月3,000ポイントから(100ポイント単位)交換できます。

ただしケータイ代全額に適応できるわけではなく、コンテンツ使用料は分割支払金などは対象外となります。ポイント対象となるもの、そうでないものをしっかり確認してから利用しましょう。

ケータイ代を安くするためには、事前にクレジットカード「dカード」を使ってポイントを貯めておくことが必要です。
今回ご紹介した方法を参考に、毎日の暮らしの中で賢くスピーディーにポイントをゲットし、携帯料金を抑えていきましょう。

dカードの申込みはこちらから。
dカード公式サイトへ

dカード GOLD公式サイトへ

こちらも参考にしてください。

申し込まないともらえない?ドコモ子育て応援プログラムは申し込むだけで毎年3,000ポイント

コード決済・クレジットカードの新着記事一覧
AI-Creditのおすすめのテーマ