アプリではお得なキャンペーンをお知らせします

ドコモユーザーがdocomoの携帯料金を安くする裏技はこれ!

公開日:

更新日:

ドコモユーザーがdocomoの携帯料金を安くする裏技はこれ!

「ケータイ代がかさんでツラい」「もっと安く使いたい」と思っている方も多いでしょう。

毎日の暮らしに欠かせないケータイだからこそ、毎月の利用代金はできるだけリーズナブルに抑えたいものです。そんな時に見直しておきたいのが料金プランの変更ですが、まずは支払い方法を見直してみましょう。

docomoユーザーであれば、クレジットカードを利用するとお得に携帯電話料金を支払える裏技があります。

今回はクレジットカードを使うだけでケータイ代をもっと減らせる、とっておきの裏ワザをご紹介します。

【dカード】docomoユーザーが持つべきカードはコレ!

dカード券面画像

引用:http://d-card.jp

docomoのケータイ代を安くするには、NTTが発行しているオフィシャルクレジットカード「dカード」の利用がベストです。

dカードで料金を支払うと同社独自のポイント「dポイント」が貯まります。貯まったdポイントはdocomoの携帯料金の支払いに使うことができます。また、dポイント加盟店でも現金同等にポイント利用が可能です。

クレジットカード機能のない「dポイントカード」でもポイントを貯めることはできますが、「dカード」のほうが1回あたり加算されるポイントが多く、よりスピーディーにポイントの獲得が可能です。

dポイントの加盟店はコンビニからレストランまで全国に25,000店舗以上。現在も新規店舗が続々参入しており、ポイントの使いやすさも抜群です。

d払いの入金が楽でお得なdカード。新規発行で翌々月まで25%還元。永年年会費無料

dカード

dカード券面画像
国際ブランド 対応電子マネー
VISA / Mastercard iD、Apple Pay
  • 家族カード
  • ETC
年会費
初年度
永年無料
2年目以降
無料
ポイント還元率
1.0%。税込100円の利用につきdポイントを1ポイント付与。
ポイント名
dポイント
審査・発行スピード
カードお申込み完了から最短5分で入会審査完了
国内・海外旅行保険
旅行保険はdカード GOLD会員限定のサービスです。
ETC年会費
初年度無料、2年目以降も、前年度(本会員のdカード契約月から1年間)に一度でもETCカード利用のご請求があれば無料となります。100円(税込)のご利用につきdポイントが1ポイントたまります。
その他の特典
dカードケータイ補償:携帯電話ご購入後1年間最大1万円、携帯電話の紛失・盗難または修理不能(水濡れ・全損)の際に、同一機種・同一カラーの携帯電話再購入費用の一部を補償します。
  • お買い物あんしん保険:年間100万円まで、dカードで購入した商品は、万一の盗難や破損などの損害時にもあんしんです。
  • 豊富な特約店が特徴です。
  • d払いの支払いにdカードを紐づけることが可能です。他のカードではキャンペーン対象外になることも多く、d払いの支払いにはdカード利用がお得です。
  • LAWSON:3%お得、マツモトキヨシ:4%お得(dカード提示1.0% + 100円(税込)利用で1.0% + ポイント2.0%)+ マツキヨポイントの2重取りが可能。他にもENEOSで200円(税込)ごとに2.0%還元など。
  • また、dポイントプログラムが変更され、dカードの請求額が月間100,000〜199,999円で+1%、200,000円以上で+2%となりましたが、これはdカードユーザーにとってはプラスです。dカードにあらゆる支払いを集約させることで可能なインセンティブとなりました。dカードであらゆる支払いを行うとお得になれます。メインカードにおすすめの一枚です。

今がチャンス!お得な入会特典!

入会日から入会翌月末まで25%還元・上限付与2,500ポイント。入会日から入会翌々月中まで25%還元・上限付与2,500ポイント。合計5,000ポイント上限付与。お申込みの翌月末までにご入会いただき、ご入会翌々月末までに特典サイトにてエントリーが必要です。

【爆速でポイントが貯まる】dカード GOLD

dカード GOLD券面画像

引用:http://d-card.jp/st/

dカードにはゴールドとノーマルの2種類があります。ここでは「dカード GOLD」の特長を紹介します。

「dカード」よりステージがワンランク上の「dカード GOLD」は、年会費が10,000円(税抜)かかります。
年会費を高いと感じる人も多いでしょう。年会費はかかりますが、このカードでdocomoのケータイ代を支払うと、1,000円の支払いにつき100ポイントの獲得できるのです。つまり、ポイントの還元率が10%となり、大変高いパーセンテージなのです。毎月9,000円の携帯料金がかかっている人であれば、年会費を払っても損はしません。

ショッピング利用でも100円につき1ポイントが加算されます。還元率は1%となります。普段使いでも十分に還元されるカードと言えます。

さらには成田国際空港や関西国際空港など、地方空港を含めた全国29の空港とハワイの「ダニエル・K・イノウエ国際空港 IASS HAWAII LOUNGE」で、ラウンジが無料で利用可能になります。飛行機を利用する方には嬉しい特典ですね。手厚い海外・国内旅行保険も無料で付きます。

携帯料金の利用額の高い方や、飛行機の利用が多い方にぴったりのカードです。

特典そのままに家族カード無料!今なら新規入会は25%還元dカード GOLD

dカード GOLD

dカードGOLD券面画像
国際ブランド 対応電子マネー
VISA / Mastercard iD、Apple Pay
  • 海外旅行保険自動付帯
  • 家族カード無料
  • ETC
年会費
初年度
10,000円(税抜)
2年目以降
10,000円(税抜)
ポイント還元率
1.0%。税込100円の利用につきdポイントを1ポイント付与。毎月のドコモのケータイ/「ドコモ光」ご利用料金1,000円(税抜)ごとに100ポイント、税抜金額の10%ポイント還元
ポイント名
dポイント
審査・発行スピード
所定の審査期間が必要となります
国内・海外旅行保険
海外旅行保険は最大1億円の自動付帯がdカード GOLDをご契約中の本人会員様・家族会員様に付き、国内旅行保険は利用付帯で最大5,000万円
家族カード・ETC年会費
dカード GOLD 家族カードなら1枚目は年会費無料でdカード GOLD会員と同様のサービスがご利用になれます。ETCカードは初年度無料、2年目以降も、前年度(本会員の契約月から1年間)に一度でもETCカード利用のご請求があれば無料となります。100円(税込)のご利用につきdポイントが1ポイントたまります。
その他の特典
ケータイ補償3年間で最大10万円、国内・ハワイの主要空港ラウンジ利用無料
  • お買い物あんしん保険:年間300万円まで、dカード GOLDで購入した商品は、万一の盗難や破損などの損害時にもあんしんです。
  • 豊富な特約店が特徴です。
  • d払いの支払いにdカード GOLDを紐づけることが可能です。他のカードではキャンペーン対象外になることも多く、d払いの支払いにはdカード GOLD利用がお得です。
  • LAWSON:3%お得、マツモトキヨシ:4%お得(dカード提示1.0% + 100円(税込)利用で1.0% + ポイント2.0%)+ マツキヨポイントの2重取りが可能。他にもENEOSで200円(税込)ごとに2.0%還元など。
  • また、dポイントプログラムが変更され、dカードの請求額が月間100,000〜199,999円で+1%、200,000円以上で+2%となりましたが、これはdカードユーザーにとってはプラスです。dカードにあらゆる支払いを集約させることで可能なインセンティブとなりました。dカードであらゆる支払いを行うとお得になれます。メインカードにおすすめの一枚です。

今がチャンス!お得な入会特典!

入会日から入会翌月末まで25%還元・上限付与5,000ポイント。入会日から入会翌々月中まで25%還元・上限付与5,000ポイント。合計10,000ポイント上限付与。また、申込期間:7月1日~9月30日の方には今だけ4か月目のショッピングご利用金額に対して +25%ポイント還元(上限5,000ポイント)。お申込みの翌月末までにご入会いただき、ご入会翌々月末までに特典サイトにてエントリーが必要です。

【会費を抑えてポイントも貯める】dカード

年会費を抑えながらポイントも貯めるなら「dカード」で十分です。

ゴールドカードよりもステージは下ですが、年会費は永年無料です。また家族カードやETCカードも作れるため、合わせて持っておくとお得です。

dカードで貯められるポイントは、100円の支払いにつき1ポイントと、還元率はdカード GOLDと同じです。
dカードは家族・ETCカードと紐づけられるので、家族全員の利用額全額をまとめて利用できるポイントにできます。使えば使うほどポイントがどんどん貯まるので、dカードを持ったら家族のケータイキャリアをdocomoに統一するのも手段の一つです。

【特約店はポイント二重どり!】賢くポイントをゲットする方法

「dカード GOLD」「dカード」ともに、ショッピングでのポイント還元率は100円で1ポイントです。この割合でも他社カードよりもお得ですが、もっと賢く貯める方法があります。それはdカード特約店を利用すること。通常ポイントにボーナスポイントが追加されるので、より早く・効率的に貯めることが可能です。

例えばJALの利用で+1ポイント、日経関連の雑誌購読で+2~4ポイント、スターバックスカードの利用で+3ポイントなど、高い数値が設定されています。さらにLAWSONでdカードを使うと最大で5%もお得になります。日ごろ利用しているコンビニをローソンに変えてdカードを使うだけで、さらにポイントが貯まりやすくなります。

【ポイントでケータイ代が安くなる】賢くポイントを使う方法とは

dカードでポイントを貯めたら、いよいよケータイ代を安くする出番です!

利用方法は、WEBサイト「d POINT CLUB」から申し込み、貯めたポイントを使うだけです。毎月3,000ポイントから(100ポイント単位)交換できます。

ただしケータイ代全額に適応できるわけではなく、コンテンツ使用料は分割支払金などは対象外となります。ポイント対象となるもの、そうでないものをしっかり確認してから利用しましょう。

ケータイ代を安くするためには、事前にクレジットカード「dカード」を使ってポイントを貯めておくことが必要です。
今回ご紹介した方法を参考に、毎日の暮らしの中で賢くスピーディーにポイントをゲットし、携帯料金を抑えていきましょう。

d払いの入金が楽でお得なdカード。新規発行で翌々月まで25%還元。永年年会費無料

特典そのままに家族カード無料!今なら新規入会は25%還元dカード GOLD

この記事の監修:足澤憲 AI-Credit CTO / クレジットカードマニア

足澤憲 / AI-Credit

足澤憲 / AI-Credit

AI-Credit CTO / クレジットカードマニア

AI-Creditの開発をしています。還元率、クレジットカードマニアです。リエールファクトリー株式会社でCTO / COOとして活動中。

足澤憲 / AI-Creditの関連記事

AI-Creditのおすすめのテーマ