更新日:2019.01.04

楽天ポイントカード、何枚も持ってませんか?

楽天ポイントカード画像

 
楽天ポイントカード、気付いたら財布の中に何枚も持っていませんか?

編集部は、写真のように「サークルKサンクス」「くら寿司」「マクドナルド」と3種類もの楽天ポイントカードをひとりで持っていました。

なぜこうなったか?

それは、「各店舗がオリジナルの楽天ポイントカードを発行していて、店舗をまたいで利用できるとは知らなかった」というのが理由です。

上記写真の中にある「サークルKサンクス」のポイントカードは、サークルKサンクス自体がファミリーマートに統合されて店舗がなくなりましたので、「このポイントカード自体が使えなくなるのでは・・・?」と考えてしまいがちです。実際には、今でもサークルKサンクスの楽天ポイントカードは他の店舗でも利用できます。

それに、「マクドナルドでくら寿司のポイントカードを出す」というのも、寿司とハンバーガーを思い浮かべると、何だか変な気持ちです。

とにかく楽天ポイントカードをたくさん持ってしまっている方も多いのでは、ということで解決方法を紹介します。

解決方法その1.楽天ポイントカードは1つの楽天アカウントに集約できます

楽天ポイントカードのいいところは、「楽天ポイントカードの管理画面にログインしなくてもコンビニ等で1ポイント1円で利用できる」点です。

貯まったポイントを何かに交換しなくてもお店でそのまま利用できるので、普段は管理画面を見ることがほとんどありません。

複数枚の楽天ポイントカードを持っている人は、まず楽天ポイントカードの管理画面にログインしましょう。

すると管理画面に「カードの確認・追加・一時停止・削除」という箇所があります。

楽天ポイントカード画面
 
ここから「複数枚の楽天ポイントカードを1つの楽天会員IDに紐付けができる」のです。つまり、「くら寿司」「マクドナルド」「サークルKサンクス」のポイントカード3枚持ちをしてもポイントが分散しないで済みます。今まで貯めたポイントをひとつに集約できます。

試しに追加してみました。

サークルKサンクス楽天ポイントカード券面画像

(2015年12月14日から使い始めたカードです)

「楽天ポイントカードの利用登録をする」ボタンを押します。

楽天ポイントカード登録画面

ここにポイントカードの情報を入力すれば紐付け完了です。

楽天会員IDひとつに対して15枚までの楽天ポイントカードを紐付けできます。

様々なお店で楽天ポイントカードを発行してしまった人も、この方法で1枚に集約できます。財布の中身がスッキリします。

解決方法その2.「とにかく使い切る」

複数枚の楽天ポイントカードを発行してしまった方の解決方法として、最もシンプルなのは「とにかく使い切る」ことです。

先述の通り、楽天ポイントカードは1ポイント1円で様々なお店で利用可能です。

楽天ポイントカードの加盟店は以下のように拡大しています。

楽天ポイントカード加盟店画像(引用)

引用:https://pointcard.rakuten.co.jp

これ以外にも、LAWSONで利用も可能ですので、使い道には困りません。

とにかくポイントを使い切って、使い切った楽天ポイントカードは破棄していくのも一つの解決手段です。

楽天ポイントカードはどの店舗のカードでもポイント付与率は変わりません

店員におすすめされると、店舗ごとに楽天ポイントカードをついつい発行してしまいがちですが、楽天ポイントカードは、どの店舗のカードでもポイント付与率は変わりません。

楽天ポイントカードは複数枚持っていても集約できますので、大切なことは「ポイントカードをなくさないこと」「ポイントをできるだけ楽天ポイントに集約していくこと」です。

例えば、楽天ポイント・Tポイント・Pontaポイント・nanacoポイントの全てを貯めている人は、コンビニごとにポイントカードを使い分けているのでしょう。これを、少し工夫して「コンビニはファミリーマートにできるだけ集約しよう」とすれば、ファミリーマートにはファミランクという利用額に応じた還元率アップのプログラムがありますので、Tポイントが貯まりやすい状況になります。

楽天ポイントであれば、楽天市場や楽天トラベルに購入を集中させていけば楽天ポイントはどんどん貯まる仕組みになっています(SPUという楽天ポイントのプログラムがあります)。

少しの工夫で、買うお店・もらえるポイント・支払いカードを集約させていくと還元率が最大化されます。

一度、ライフスタイルを見直してみてくださいね。

>>関連記事:楽天のSPU変更は改善か?改悪か?持つべきカードはゴールドカード?

楽天SPUでポイントがザクザク貯まる「楽天ゴールドカード」公式サイトはこちらから。
楽天カード公式サイト

気になるクレジットカードを比較してみましょう。
コード決済も対応。

クレジットカードは、カードごとに様々なポイント還元率や年会費が設定されています。

また、ポイント還元率・年会費だけではない、海外旅行保険の付帯やショッピング保険、家族カード、ETCカードといった、日々を少し安心させてくれる様々な付帯サービスが付随しています。よく車に乗る人ならETCカード、海外旅行に行くことになったら海外旅行保険の自動付帯、自分のライフスタイルに合ったカード探しが必要です。

AI-Creditでは簡単に比較ができるページをご用意しました。

また、最新のコード決済も比較ができます。ポイント還元率に注目がいきがちですが、コード決済は「クレジットカードとセットで利用」してお得を最大化できます。 どのコード決済にどのクレジットカード登録が最適なのか、わかりやすく比較できます

詳しくは以下からご覧になってください。

AI-Creditクレジットカード比較サイト