アプリではお得なキャンペーンをお知らせします

リクルートのサービスでdポイントが貯まる!

公開日:

更新日:

リクルートのサービスでdポイントが貯まる!

2021年春から、リクルートのサービスでdポイントがたまるようになることはご存じですか?
リクルートIDでログインした後にリクルートのウェブサービスを使うと、dポイントがたまるようになるんです。

現在、その先行イベントとして「来年、リクルートでdポイントはじまる!」キャンペーンを実施中。
第1弾はすでに終了していますが、今後も同様のキャンペーンが第4弾まで予定されています。

さらに、リクルートのdポイント導入についての詳細とリクルートカードとdポイントの関係性についても詳しくお伝えしていきます。

ぜひ、ご一読ください!

リクルートのポイントサービスに「dポイント」が仲間入り

リクルート・dポイント

では、ここからは今回リクルートのサービスに導入されるdポイントについて、詳細な情報をお伝えしていきます。

これまでリクルートでは、リクルートグループのサービス共通のポイントとして「Pontaポイント」を導入していました。

2020年1月末にNTTドコモとリクルートが「dポイント」を中心としたサービス業務提携を発表。
これにより、Pontaポイントに加えて新たにdポイントがリクルートのサービスに導入されます。

現時点では「リクルートグループの12のWebサービスでたまる・つかえる」と発表済み。
その中でも主な対象サービスとして挙げられているのは以下の9つです。

リクルート dポイント対象予定Webサービス
じゃらん(国内旅行/海外旅行) じゃらんゴルフ(ゴルフ)
ホットペッパーグルメ (グルメ) ホットペッパービューティー(美容)
ホットペッパービューティー(美容医療) ポンパレモール(通販)
人間ドックのここカラダ(医療) リクルートかんたん支払い (支払いサービス)
ゼクシィ内祝い(ギフト通販)

これらのサービスをリクルートIDでログインして利用すると、ためるポイントを「Pontaポイント」と「dポイント」から選択できるようになります。

導入時期は「2020年度第3四半期を目処に」とされていましたが、少し遅れて「2021年第1四半期(1〜3月)」を目処に導入予定となりました。

Pontaポイントとdポイントの相互交換は2020年9月末に終了

ポンタ・dポイント

dポイント導入でリクルートサービスの利用に期待が高まっていますが、一方でPontaポイントにも変化が出ています。

多くのユーザーに重宝されていた「Pontaポイントとdポイントの相互交換サービス」が2020年9月末に終了。

Pontaポイント経由のdポイント交換ルートは閉鎖

Pontaポイントとdポイントの相互交換終了により、かつて可能だった

【リクルートポイント→Pontaポイント→dポイント】

という交換ルートも現在封鎖済み。

別の記事ではリクルートポイントからdポイントへの交換ルート開通の可能性を紹介しています。

しかし、ポイント交換には少なからず手間がかかりますし、交換ルート開通はまだ確実ではありません。

堅実にdポイントをためていきたいという方には、

  • リクルートサービスの利用
  • dカードをdカード特約店で利用
  • dポイント加盟店の利用

という3つの方法がおすすめです。
ここからは3つの方法のうち「dカード特約店」と「dポイント加盟店」について、詳しく解説していきます。

dポイントは【dカード特約店・dポイント加盟店・d払い】でがっつりためる!

dポイントは「dカード特約店」と「dポイント加盟店」を積極的に利用することで、とてもたまりやすくなります。
加えて、d払いも利用すれば、生活の支払いほぼ全てがdポイント還元。

dポイントをしっかりためるために、dカード特約店とdポイント加盟店についてしっかり理解していきましょう。

dカード特約店:マツキヨ・メルカリ・スタバなど

dカード特約店

「dカード」をdカード特約店で利用すると、通常ポイントとは別に特約店の特典ポイントが付与されます。

特約店でdカードを利用した場合の還元率は、最大で合計4%。主要なdカード特約店は以下の通りです。

主なdカード特約店と特典ポイントの付与率
+0.5% (200円で1ポイント) エネオス、高島屋、三越、メルカリ(クレカ払い設定のd払い)
+1% (100円で1ポイント) JAL、タワーレコード
+1.5% (200円で3ポイント) メルカリ(dカードクレカ決済、Apple Payアプリ内決済)
+2%以上 (100円で2ポイント以上) マツモトキヨシ(2%)、スターバックス(+3%)、ドトール(+3%)

クレジットカード決済だけが特典対象となるお店やiD決済とカード決済両方が特典対象になるお店など、それぞれ特典付与の条件は異なります。

詳細はdカード公式サイトの「dカード特約店」ページにてご確認ください。

また以下の記事もご覧下さい。

dポイント加盟店:マクドナルド・マツキヨ・ファミマなど

dポイント加盟店

dポイント加盟店では、dポイントカードの提示で支払額に応じたdポイントが還元されます。

dポイントカードは店頭もしくは公式アプリから無料で発行可能。
ポイントカード単体でもdポイントは十分たまりますが、dカードと合わせて利用すればポイント二重取りも簡単です。

主なdポイント加盟店と還元率を以下にご紹介しておきます。

主なdポイント加盟店とポイント付与率
コンビニエンスストア 0.5%…ファミリーマート、ローソン
グルメ・カフェ 0.5%…すき家、ドトール、ガスト 1%…マクドナルド、ミスタードーナツ、モスバーガー、サンマルクカフェ、かっぱ寿司
その他 0.5%…エディオン 1%…マツモトキヨシ、高島屋 5%(対象商品)…ビックカメラ(ソフマップ、コジマ)

マツモトキヨシはdカード特約店でもあるので、dポイントカードを提示と合わせると還元率は4%です。

ドトールはdポイント加盟店ですが、dカード特約店の条件であるドトールバリューカードがdポイントカードと併用できないため、ポイント二重取りができません。

d払いでもdポイントがたまる

d払い

dカード特約店とdポイント加盟店を意識して利用するだけでも、dポイントはかなりたまっていくでしょう。

しかし、最後の一押しとしてスマホ決済「d払い」も活用することで、より一層dポイントをためられるんです。

d払いを街のお店で使用すると、0.5%ポイント還元されます。

これだけ見ると還元率はやや低めですが、支払い元をdカードに設定すればdカードでもポイントが還元。
d払いとdカードを組み合わせたポイントの還元率は合計1.5%です。

さらに、毎月行われているキャンペーンを利用すれば、30%以上のdポイント還元も狙えます。

日常生活の決済をdポイント関連で固めれば、かなりのdポイントをためられるんです!

そのためには、まずdカードの発行が前提。
まだ発行していない方は、ぜひdカードを発行してdポイントをザクザクためていきましょう。

dポイントの貯め方まとめ

この記事では、2021年春に導入予定の「リクルートとdポイントの連携」についてと、それに伴った先行キャンペーンの詳細をお伝えしてきました。
別記事では「リクルートポイント→dポイント交換ルート開通の可能性」を解説しています。

とはいえ、堅実な方法を取りたい場合は、やはりdカード関連でdポイントをためていくのがおすすめです。

日々の決済をdカードを中心としたdポイント関連サービスで固めれば、ポイントをためるのはそう難しいことではありません。

ぜひ、今回ご紹介した方法を参考に、リクルートのサービスと合わせてdポイントをためていきましょう!

この記事のライター:満畑ペチカ/Webライター

満畑ペチカ/Webライター

満畑ペチカ/Webライター

Webライター

楽天経済圏を中心に、無理せずおトクになる生活を心がけるフリーWebライター。外食費はほとんど楽天ポイントでまかなっています!おトクな情報を、丁寧にわかりやすくお伝えして行きます。AIクレジット株式会社ライター。

AI-Creditのおすすめのテーマ