更新日:2019.05.29

セブンイレブンからコード決済「7pay(セブンペイ)」が登場!

7pay(セブンペイ)ロゴ

引用:https://www.sej.co.jp/var/rev0/0001/9013/11952113452.pdf

セブンイレブンから、新しいコード決済サービス「7pay(セブンペイ)」が登場します。2019年7月1日からサービスが開始する予定です。

これまでコード決済サービスを導入することがなかったセブンイレブン、7月1日を機に決済のキャッシュレス化を一気に推し進める形になります。

7pay(セブンペイ)の利用方法と、セブンイレブンに新たに導入されるコード決済サービスをご紹介します。

7pay(セブンペイ)はどんなコード決済?nanacoポイントの還元率は?

株式会社セブン・イレブン・ジャパンは、セブン&アイ独自のコード決済サービスとして、「7pay(セブンペイ)」をリリースすることを公式に発表しました。サービス開始は2019年7月1日を予定しており、特徴としてはこれまでもセブンイレブンで利用されてきたnanacoポイントが貯まることが挙げられます。

7pay(セブンペイ)を利用するためには、セブンイレブンアプリを使う必要があります。セブンイレブン・ジャパンによると、セブンイレブンアプリ内から、最短2タップで7pay(セブンペイ)の設定が完了することができます。

7pay(セブンペイ)は、他のコード決済サービスと同様残高をチャージして利用できるサービスです。7pay(セブンペイ)残高にチャージをするためには、店頭レジ、セブン銀行、ATMw利用することができます。また、クレジットカードを紐づけて支払いをすることも可能です。

7pay(セブンペイ)の利用では、nanacoポイントが貯まります。還元率は0.5%で、200円のお支払いにつき1nanacoポイントが付与されます。期間限定でnanacoポイントが多く貯まるキャンペーンも開催される予定です。

セブンイレブンで使えるコード決済はどれ?

セブンイレブンに使えるコード決済

引用:https://www.sej.co.jp/var/rev0/0001/9013/11952113452.pdf

2019年7月1日は、セブンイレブンにとって大きな転機となる1日です。というのも、7pay(セブンペイ)以外のコード決済が一気にセブンイレブンに導入されるのです。

導入されるコード決済は、PayPay、LINE Pay、AliPay、WeChat Payです。現在セブンイレブンに使えるコード決済メルペイ(iD払い)に加えて、5つのコード決済が導入されることになります。Apple PayやQUICPayを利用することはできますが、コード決済ではありません。

幅広いサービスを導入することで、より多くの利用者に迅速な決済を経験してもらおうという狙いです。

満を辞して登場する7pay(セブンペイ)。コード決済サービスが広く普及する現在、他サービスとの差別化が求められています。

気になるクレジットカードを比較してみましょう。
コード決済も対応。

クレジットカードは、カードごとに様々なポイント還元率や年会費が設定されています。

また、ポイント還元率・年会費だけではない、海外旅行保険の付帯やショッピング保険、家族カード、ETCカードといった、日々を少し安心させてくれる様々な付帯サービスが付随しています。よく車に乗る人ならETCカード、海外旅行に行くことになったら海外旅行保険の自動付帯、自分のライフスタイルに合ったカード探しが必要です。

AI-Creditでは簡単に比較ができるページをご用意しました。

また、最新のコード決済も比較ができます。ポイント還元率に注目がいきがちですが、コード決済は「クレジットカードとセットで利用」してお得を最大化できます。 どのコード決済にどのクレジットカード登録が最適なのか、わかりやすく比較できます

詳しくは以下からご覧になってください。

AI-Creditクレジットカード比較サイト