【利用調査アンケート】LINE Pay5.9%、コード決済利用経験は合計19.3%。最適な決済とは。

公開日:

更新日:

コード決済など新しい決済方法の認知度・利用経験の調査を実施

AI-Creditはインターネットアンケートを通じて、コード決済を初めとする新しい決済方法について認知度・利用経験を調査しました。

新たな決済方法の認知度は上がってきているものの、まだ利用率は全体の10%にも満たないことが分かりました。

また、「今よりお得になるクレジットカードがあれば知りたいですか?」という質問に対して39.8%が「知りたい」と回答しています。

現在のクレジットカードよりお得になれれば消費者は新しい決済方法に乗り換える可能性があります。「面倒だ」という比率も25.9%あり、現在のクレジットカードのお得と新しい決済方法のお得を2重で享受できればコード決済の普及は加速すると予想されます。

1.コード決済認知度はLINE Pay 59.7%、楽天Pay 65.1%。利用経験はLINE Pay 5.9%、楽天Pay 12.9%

「決済方法について質問です。知っているサービスを教えてください」の質問に対し、最も高い数値を集めたのは「Apple Pay」の68.3%。次いで「楽天Pay」が65.1%、「LINE Pay」が5.9%となりました。

更に「利用したことのあるサービス・支払い方法を教えてください」の質問に対しては「Apple Pay」は5.9%、「楽天Pay」は12.9%、「LINE Pay」は5.9%と、認知度はあるものの利用には至っていないことがわかりました。
「利用経験なし」と答えた比率は76.3%となりました。

2.楽天カード保持者の楽天Pay利用率は2%

楽天カード保持者に対して楽天サービスの利用状況を質問したところ、楽天Payを利用したことのある人は2%となりました。

楽天Edyは16%となりました。今後、サービスが統合されていくであろう楽天Payと楽天Edy、合算すれば18%に至ります。

3.貯めているポイントは楽天ポイント67.2%、Tポイント65.3%

「貯めているポイントを教えてください」という質問に対して、最多は楽天ポイントで67.2%、次いでTポイントが65.3%となりました。

楽天ポイントが1位となり、ポイント経済圏を築きつつあると言えるでしょう。Tポイントは2位となりました。また、7月より新たに始まったJRE POINTは5%とまだ利用者が少ない結果が出ました。

4.クレジットカード利用頻度は月に1〜5回の利用が56%、クレジットカード利用額は30,000円以下の利用が52.9%。利用用途は携帯料金やファッション・美容の支払い。

「クレジットカードは月に何回使いますか?」という質問に対して、クレジットカードの利用頻度は1〜5回が最多で56%となりました。

「クレジットカードを月にいくら使いますか?」という質問に対して、30,000円以下の利用が合計52.9%になり、利用用途としては「携帯料金・通信費用」が67.6%、「衣類(ファッション)・美容」が69.1%となりました。クレジットカードの利用金額は男性よりも女性の方が高くなるという結果も出ました。

普段の支払いで現金を利用している方がまだ多いと見られます。

5.定期的にクレジットカードを見直す人は、カード所持枚数3枚以上

「所持しているクレジットカードを定期的に見直しますか?」という質問に対して「はい」と答えた人は29.7%、「いいえ」と答えた人は70.3%となりました。

クレジットカードの所持枚数が3枚以上の人は、「所持しているクレジットカードを定期的に見直しますか?」という質問に対して「はい」と答えた人は51.4%、「いいえ」と答えた人は48.6%となりました。
クレジットカード所持枚数が多い程、カードの見直し、支払い方法の見直しをしていることが分かりました。

6.クレジットカードを1枚しか持っていない人のカードは「楽天カード」「三井住友VISAカード」

「クレジットカードを1枚しか持っていない人」が持っているクレジットカードは楽天カードが1位、35.9%を占めました。

・1枚持ちのクレジットカードベスト5(合計103人)

  1. 楽天カード 37人(35.9%)
  2. 三井住友VISAカード 11人(10.7%)
  3. イオンカード 9人(8.7%)
  4. JCBカード 5人(4.9%)
  5. Amazon Mastercardクラシック 3人(2.9%)

7.初めてクレジットカードを作った年代

初めてクレジットカードを作るのは20代が最も多く71%となっています。

作ったキッカケは「買い物に便利だから」が23.2%とショッピング利用の為に作られることが多いという結果になりました。
また、「勧誘」によってクレジットカードを作った人も20.1%となりました。店舗での勧誘や知人・親族からの勧誘によってクレジットカードを作ることも2位の結果となりました。

・初めてクレジットカードを作った理由ベスト5(合計259人)

  1. 買い物に便利 60人(23.2%)
  2. 勧誘 52人(20.1%)
  3. とりあえず作った 31人(12.0%)
  4. 海外旅行 30人(11.6%)
  5. 現金以外の支払いをする為 18人(6.9%)

■調査期間・調査テーマ

上記1:2018年7月25日~2018年7月30日「決済方法の利用調査アンケート」
上記2:2018年7月10日~2018年7月11日「楽天カード所持者限定利用アンケート」
上記3~7:2018年7月6日~2018年7月20日「クレジットカードをお持ちのかた限定クレジットカード利用アンケート」

■対象者・サンプル数

上記1:ランサーズを利用したアンケート調査、186人

属性 人数
男性 97人
女性 89人

上記2:ランサーズを利用したアンケート調査、100人

楽天カード所持数 100人
年齢20代 15人
年齢30代 38人
年齢40代 32人
年齢50代以上 15人

上記3~7:ランサーズを利用したアンケート調査、259人

属性 人数
男女比 男性112人(43.2%)、女性147人(56.8%)
年齢 20代36人(13.9%)、30代103人(39.8%)、40代83人(32.0%)、50代27人(10.4%)、60代8人(3.1%)、70代2人(0.8%)

※アンケートデータの利用は当サイトのURL、サービス名を明記してご利用ください。

個人に合った最適な決済を

支払い方法は今後、ますます多様化していきます。

最新の決済方法は還元率も高くなることが多く、定期的に最新の決済方法の見直しが必要です。

AI-Creditでは最新決済を診断結果に入れた決済診断を提供しています。この診断は、他の診断と比べて精度が異なります。

3分で完了する簡単診断はこちらから。
無料診断ページへ

メディア掲載実績

  1. 2018.8.15 ECのミカタ
  2. 2018.8.14 PR TIMES
  3. 2018.8.14 YOMIURI ONLINE
  4. 2018.8.14 DIAMOND online
  5. 2018.8.14 C-net JAPAN
  6. 2018.8.14 THE BRIDGE
  7. 2018.8.14 産経ニュース
  8. 2018.8.14 K-ZONE Money
  9. 2018.8.14 AMP News
  10. 2018.8.14 JIJI.com
  11. 2018.8.14 Mapionニュース
  12. 2018.8.14 ジョルダンニュース

AI-Creditでお得を見逃さないようにしましょう

AI-Credit LINEの友だちになるとお得情報が定期的に届きます。
AI-CreditのLINE友だち追加

AI-Creditアプリは、どのお店でどのような支払い方法ができるか可視化した「キャッシュレスマップ」アプリです。 支払い方法ごとの還元率やキャンペーン情報も網羅しています。キャッシュレスライフを快適に過ごしましょう。
AI-Credit iPhoneアプリはこちらから
AI-Credit Androidアプリはこちらから

コード決済・クレジットカードの新着記事一覧
AI-Creditのおすすめのテーマ