【アンケート結果】夏休み目前、海外旅行ではキャッシュレスが主流!クレカの海外旅行保険は安心?

海外旅行ではクレジットカードの利用がより人気、最新のキャッシュレス事情は?

海外旅行イメージ画像

梅雨が明ければいよいよ夏が始まります。

国内外を問わず旅行の予定を立てている人も少なくないのではないでしょうか?

海外旅行は楽しいけれどハードルが高い、その理由の一つが、なれない外国での支払いです。

様々な方法がありますが、世間の人々は海外でどのような支払い方法を用いているのでしょうか。最新の国内キャッシュレス事情のアンケート結果とともにご紹介します。

20代〜60代の男女232人にお答えいただきました。

海外旅行でより使う支払い方法は?クレカvs現金!

誰でも簡単に海外旅行に行くことができるようになった今日このごろ、様々な人が抱えるのが「海外での支払い方法」に関する問題です。日本円から現地通貨へ両替するのが一般的だったのは今や一昔前、現在では現地通貨を一切持たなくても、キャッシュレスで支払えるようになっています。

AI-Creditでは、「海外で使う支払い方法はなに?」という質問でアンケートを行いました。結果は以下のようになりました。

海外旅行に行く時、主に使う支払い方法をお答えください。海外旅行に行かない方は、海外旅行で使うと予想される支払い方法を選択してください。

Q:海外旅行に行く時、主に使う支払い方法をお答えください。海外旅行に行かない方は、海外旅行で使うと予想される支払い方法を選択してください。(2019年6月)

  • クレジットカードで支払う 153人
  • デビットカードで支払う 8人
  • クレジットカードでキャッシングして現金で払う 1人
  • デビットカードで現金を引き出して払う 3人
  • 現金(円)を現地通貨に換金して現金で支払う 62人
  • その他 5人

キャッシュレス化が進んでいる現在、最も利用されている決済方法は「クレジットカードで直接支払う」ことでした。65%の方がクレジットカードを用いて支払いを済ませていることがわかります。現在では、多くの国の多くの店舗でクレジットカードの導入が進んでおり、特に観光地では多くの観光客にとって利便性を高めるために、多様な種類のクレジットカードが利用できるようになっています。

さらに、現金しか使えないお店があったとしても、クレジットカードを用いて現金を引き出すキャッシング機能を利用することもできます。現地通貨を一つも持っていなくても、クレジットカードがあれば全て完結するということがわかります。

様々な決済方法を比較しても、クレジットカードを用いて直接支払った方が、為替手数料が低い場合が多くなっています。海外旅行に行く際に、クレジットカードは欠かせない持ち物になりそうですね。クレジットカードの海外利用の手数料に関する詳しい情報は、こちらの記事をご参照ください。

[学生必見]海外の支払いはクレジットカードがベスト!大学生が海外旅行で持っていくべきカード4選

海外でクレジットカード払いを選ぶ理由は?

「海外で上記の支払い方法を選ぶ理由を教えてください」と尋ね、クレカ派・現金派の意見を伺いました。

クレジットカード派の意見

  • 安心(不正利用対策有り)
  • 両替が面倒
  • ポイントが貯まる
  • 保証が効く(不正利用保証)
  • なれない通貨で手間取らない
  • 現金を持つのが危険そうで怖い

現金派の意見

  • 安心(手元に残るから)
  • 海外でクレカを使うのが怖い
  • スキミングの可能性をゼロにできる
  • 現地の紙幣や硬貨を楽しみたい(異国情緒)

なるほど、と思う理由もあれば、反論できそうな意見もあるのではないでしょうか。異国の地で慣れないお金に手間取るよりも、カードで簡単に済ませてしまった方が楽だという方が多そうですね。

現金を手に入れられるキャッシングも魅力的な方法です。が、外国でクレジットカードを使ってキャッシングをするためにはATMを利用しなければならず、ヨーロッパを中心にATMを利用したクレジットカードをスキミングする犯罪が増えているのは見逃せません。スキミングされると不正にクレジットカードを利用され、使ってもいない額を請求されることになり危険です。

一方で現金を利用しているとスキミングされる心配はありません。が、現金を持って歩いているとスリや強盗にあう危険性がありますクレジットカードの不正利用とは違って、盗まれたお金が帰ってくることはまずありません。大金を持ち運ぶことはもってのほかですが、必要最低限のお金でも盗まれると困りますね。

クレジットカードと現金を、うまく使い分ける必要がありそうです。

日本におけるキャッシュレス化の動向

海外旅行に行くにはクレジットカードがあるととても便利であるということがわかりました。では、国内のクレジットカードの普及率はどれくらいなのでしょうか。その他の支払い方法やキャッシュレス決済サービスも比較します。

Q1:これまでに使ったことがある支払い方法は?

まずはじめに、これまでに利用したことがある決済方法を尋ねました。近年では支払い方法も多岐に渡っており、一つの決済方法のみを使う人は少なく、多くの方が複数の決済方法を利用している現状が明らかになりました。結果は以下のようになりました。

普段の支払いで利用したことのあるサービス・支払い方法を教えてください。(複数選択可)グラフ

普段の支払いで利用したことのあるサービス・支払い方法を教えてください。(2019年6月、複数選択可)

  • 現金 227人
  • クレジットカード 206人
  • Suicaなどの交通系電子マネー 116人
  • nanaco 75人
  • WAON 74人
  • デビットカード 49人
  • PayPay 36人
  • LINE Pay 29人
  • auカンタン決済 26人
  • iD 22人
  • 楽天ペイ 21人
  • d払い 17人
  • Apple Pay 17人
  • メルペイ 15人
  • QUICPay 10人
  • Google Pay 5人
  • au Pay 5人
  • Origami Pay 4人
  • その他 22人

最も多かった決済方法は現金です。やはり現金は信頼度が高いことが伺えます。

一方で、注目すべきは「クレジットカード」です。現金の利用者と比べても十数人少ないだけで、全体でほぼ9割の方がクレジットカードの利用経験があることが明らかになりました。suicaなどの交通系電子マネーの利用も5割、nanacoやWAONも3割程度の利用者がいます。

キャッシュレス決済サービスで苦戦しているのは、Google Payやau PAY、Origami Payなどです。スマートフォンを用いた決済は、いまだに普及が進んでいないことがわかります。

クレジットカードの利用者がこれほどいるということは、海外旅行の際にクレジットカードを持参することは多くの人にとって簡単であることがわかります。

Q2:最も利用する支払い方法は?

次に、最も利用頻度の高い決済方法を訪ねました。結果は以下の通りです。

【最も利用している】支払い方法・サービスを1つ選んでください。
「上記質問で答えた回答のうち、【最も利用している】支払い方法・サービスを1つ選んでください。」(2019年5月)

  • 現金 126人
  • クレジットカード 73人
  • PayPay 1人
  • LINE Pay 2人
  • nanaco 1人
  • WAON 8人
  • Suicaなどの交通系電子マネー 3人
  • デビットカード 8人
  • iD 3人
  • QUICPay 2人
  • メルペイ 1人
  • その他 3人

Q1の答えと同様、現金が最も利用されている支払い手段であることがわかりました。ついでクレジットカード、デビットカード、WAONが続きます。これら4つの支払い方法に共通するのは、「どんな店舗でも比較的幅広く利用できる」点です。

反対に、利用者が伸び悩んでいるのはコード決済サービスです。Q2では、PayPayとLINE Pay、QUICPay、メルペイがランクインしていますが、その利用者数は合わせてたったの6人。街のお店への導入が途上であることを考慮しても、かなり少ないですね。お得なキャンペーンが頻繁に打ち出されていますが、キャンペーン期間中にだけ利用して、普段使いは現金かクレジットカード、という方法が一般的なようです。

Q3:コード決済を利用し始めた時期は?

普段利用はまだまだ少ないコード決済サービスですが、人々がコード決済を利用し始めた時期はいつ頃からなのでしょうか。コード決済を利用し始めた時期を尋ねました。結果は以下の通りです。

「コード決済・QRコード決済はいつから使い始めましたか?もしくは使っていませんか?」
「コード決済・QRコード決済はいつから使い始めましたか?もしくは使っていませんか?」
(2019年6月)

  • 2018年12月以前 33人
  • 2019年1月 6人
  • 2019年2月 4人
  • 2019年3月 14人
  • 2019年4月 3人
  • 2019年5月 8人
  • 2019年6月 2人
  • 覚えていない 18人
  • 利用していない 144人

利用していない人が60%以上を占めた一方で、2018年12月以前に利用し始めた人が多いことが明らかになりました。2019年に入ってからコード決済を利用し始めた人の合計は37人で、徐々に増えていることがわかります。

2019年3月に一時的に使い始めた方が増えていますが、これはお得なキャンペーンが理由だと見込まれます。2019年3月にはLINE Payの「LINE Pay春トク」やキャッシュレスフライデーの導入、楽天ペイでの「20%還元キャンペーン」などが開催されていました。年度末であったこともありますが、キャンペーンのお得さに利用者の増加率も比例するようです。

海外旅行に行くには保険があると安心!だけどクレカの保険ってどうなの?

国内のキャッシュレス事情が明らかになったところで、海外旅行の話に戻しましょう。クレジットカードの利用率が高かったことから、海外旅行の際にクレジットカードを利用できる人が多いことがわかります。

クレジットカードには、海外旅行に行く際に重宝する「海外旅行保険」が付帯している場合があります。自動付帯/利用付帯の2種類があり、傷害保険のような保証がついています。カード会社によっては、充実した海外旅行保険が付帯していることを売りにして打ち出しているケースもあります。

では、実際にカード付帯の海外旅行保険は、利用されているのでしょうか。調査しました。

Q4:海外旅行保険、どんな保険に入っている?

質問は「海外旅行に行く際、どんな保険に入っていますか?」、結果は以下のようになりました。

海外旅行に備えてどんな保険に入っていますか?あてはまるものを教えてください。

Q4:海外旅行に備えてどんな保険に入っていますか?あてはまるものを教えてください。(複数選択可)

  • 旅行会社が勧める傷害保険 65人
  • 普段から契約している保険会社の旅行保険 18人
  • クレジットカードの海外旅行保険(自動付帯:持ってるだけで保険適用されるもの) 84人
  • クレジットカードの海外旅行保険(利用付帯:クレカ利用して旅行予約したら適用されるもの) 23人
  • インターネットで入れる簡単な掛け捨て海外旅行保険 39人
  • 海外旅行保険には入らない 15人
  • その他 48人

最も多かった答えは、クレジットカードの自動付帯の海外旅行保険を利用するという答えです。やはり持っているクレジットカードの保険を利用することが簡単で信頼できるということですね。

一方で、「旅行会社が勧める傷害保険」を利用する方が次いで多く、自ら保険を選ぶというよりは、勧められた保険を利用する傾向が強いことがわかります。

クレジットカードに付帯している海外旅行保険には、2種類あります。自動付帯の保険と、利用付帯の保険です。自動付帯保険は該当するクレジットカードを海外で利用しなくても、自動的に海外旅行保険を適応させることができる保険です。ところが、利用付帯の保険は指定の旅行に関する支出を、クレジットカードで支払わなければ利用することができません。具体的には、旅行会社のツアーパッケージや、旅行に行くための公共交通期間のお支払いが対象になります。

利用付帯の対象になる公共交通機関は、電車・バスはもちろん、飛行機・タクシー・船なども対象になっています。また、宿泊するホテルの支払いを該当のクレジットカードで済ませると利用付帯の海外旅行保険が使える場合もあります。

確実にカード付帯の海外旅行保険を利用できるようにするためには、今一度ご自分がお持ちのクレジットカードの条件をチェックする必要があります。

エポスカードは年会費無料で海外旅行保険も自動付帯です。持っていてお守りのようなカードになりますのでおすすめです。

海外旅行保険が自動付帯のエポスカードはこちら

海外でお得になるクレジットカード

海外旅行の際、最も利用する支払い方法として、クレジットカードを使う人が多いことが明らかになりました。手数料が低いことが多いことも要因として挙げられますが、実はもう一つ理由があります。

それは、海外での利用がお得になるカードがあるということです。それらのカードでは、海外での利用でポイント還元率が2倍になったり、何%かの割引が適応されたりします。ところが、それらのお得なクレジットカードの機能は意外に知られていません。

そこで、「海外の利用でお得になるクレジットカードを利用していますか?」という質問を、アンケートで尋ねました。結果は以下の通りです。

海外の利用でお得になるクレジットカードを利用していますか?

Q:海外の利用でお得になるクレジットカードを利用していますか?(2019年6月)

  • はい 12人
  • いいえ 220人

編集部の予想通り、海外での利用でお得になるクレジットカードは、あまり利用されていないことがわかりました。ご自身のクレジットカードが、海外でお得に利用できるか否か、ご存知の方が少なくなっています。知らない間にお得な特典を逃している場合があるのはなんだか悔しいですね。

では、海外の利用でお得になるクレジットカードにはどのようなものがあるのでしょうか。実際に利用している人に聞きました。

  • Saison AMEX Gold
  • SPG AMEX
  • AMEX (アメリカンエキスプレス)

これらのカードは、海外での利用で何らかのお得な特典が用意されているカードです。そのほかの回答には、楽天カードやJALカード、三井住友VISAカードを海外で利用しているなどがありました。残念ながら、これらのカードには海外利用特典はありません。

上記の3つのクレジットカードはいずれも海外の利用でお得になり、マイルがより貯まったり、ポイント還元率が高くなったりします。例えばSaison AMEX Gold、通常では0.5%の還元率ですが、海外での利用となるとその2倍の1.0%になります。SPG AMEXでは、40社以上の航空会社の航空券と交換できるマイルが1.25%の還元率で貯まるようになります。年会費は31,000円(税別)と高額ですが、飛行機を多く利用する方には嬉しい特典がたくさん準備されているため、利用する人も多いでしょう。

特典豊富なSPG AMEXはこちらから

さらに、各種AMEXカードは海外で利用すると、還元率が上がります。空港のラウンジを使えるカードも多く信頼の高いカードであるため、頻繁に海外に行く方にとっては、持っていて損はないカードです。

アメリカン・エキスプレスカード公式サイトはこちら

年会費無料であればセディナカードがおすすめ

「海外でお得になるといっても年会費を払わなければならないのは嫌だなぁ」と思う方も少なくないでしょう。そんな方にオススメなのが、「セディナカード」です。三井住友が発行しているカードで、年会費無料・海外での利用で獲得ポイント1.5倍になる特典があります。

年会費無料のセディナカードはこちら

海外旅行を計画している人は特に!お持ちのクレジットカードの条件をもう一度確認し、保険やお得な特典の有無をチェックしましょう!

コード決済・クレジットカードの新着記事

AI-Creditのおすすめのテーマ