更新日:2019.03.04

ゆうちょ銀行から「ゆうちょPay」が登場予定!デビットカードのようなコード決済に

ゆうちょPayホーム画面画像キャプチャ

引用: https://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/sokin/yuchopay/kj_sk_yp_index.html

ゆうちょ銀行から、コード決済サービスの「ゆうちょPay」が登場することが発表されました。開始は2019年5月を予定しており、より簡単な決済方法の実現を目指しています。

ゆうちょPayは、お持ちのゆうちょ銀行口座と紐づけて、スマートフォンを通して各店舗の支払いで利用できるサービスです。スマートフォン決済方法が乱立している現在、ゆうちょPayはどのように他のサービスとの差別化を図るのでしょうか。使い方からゆうちょPayのメリットデメリットまで、徹底検証します。

ゆうちょPayってなに?

ゆうちょPayは、スマートフォン上のアプリを利用して、実際の店舗での支払い時にバーコード/QRコードを表示して支払うサービスです。スマートフォン上でコードを読み取って決済を完了させるため、カードのスキミング被害の心配がありません。

ゆうちょPayを店舗で利用するためには、お持ちのゆうちょ銀行口座をあらかじめゆうちょPayに紐づけることが必要です。ゆうちょPayを利用すると、紐づけた銀行口座から支払った額が直接引き落とされます。感覚としてはデビットカードのような支払い方で、クレジットカードのように使いすぎる心配がありません。一方で、他のコード決済サービスである楽天PayやPayPayなどと違い、クレジットカードを登録することができません。口座にある分だけの支払いしかできず、大きな買い物に利用することができません。

ゆうちょPayは、GMO ペイメントゲートウェイ株式会社が提供する「銀行Pay」のシステムを利用する形で展開されるサービスです。

銀行Payイメージ

引用:https://www.gmo-pg.com/service/ginkopay/

 

銀行Payには現在すでに、横浜銀行や福岡銀行、熊本銀行、親和銀行が登録しておりその利用が進んでいます。ゆうちょPayと同じように銀行Payを導入する予定の銀行は、りそな銀行や沖縄銀行、北海道銀行などです。数々の銀行が銀行Payの利用に乗り出すことで、乱立するスマートフォン決済サービスの実質的なプラットホームになるかもしれません。

ゆうちょpayのメリットとデメリット

銀行Payのサービス展開を巡って様々な憶測が飛び交っていますが、現在アクセス可能な情報を元に利用上のメリットとデメリットを整理してみましょう。

銀行Payしくみ画像

引用:https://www.jp-bank.japanpost.jp/aboutus/press/2018/pdf/pr180518.pdf

ゆうちょPayのメリット「使いすぎない」仕組み!

ゆうちょPayを利用する上でのメリットは、大きく分けて3つあります。スマートフォンを用いての支払いに伴う手軽さは言わずもがな、メリットです。手軽に支払えることの他には、以下の3つのメリットがあります。

  • 使いすぎの心配がない
  • セキュリティレベルが高い
  • 店舗も利用者も導入が簡単

1つ目のメリットが、「使いすぎの心配がない」ことです。前述の通り、ゆうちょPayに紐づけられるのはお持ちのゆうちょ銀行口座のみなので、口座にある残高を越えてまで決済することができません。スマホ決済サービスを用いると、支払いの手軽さゆえについつい使いすぎてしまう方も少なくないでしょう。そんな方にとってゆうちょPayは、デビットカードのような感覚で使えるため安心して使うことができる、画期的なサービスです。

使いすぎイメージ画像

また、クレジットカード決済に慣れていない高校生などが使う時も安心です。あらかじめ一定の額を口座に入れ、その上限を超えて支払いができないようにすることが可能です。安心してキャッシュレス決済方法を利用する練習をさせることができる上、現金等を持って落とす心配もありません。

2つ目のメリットは、サービス自体のセキュリティレベルが高いことです。PayPayやOrigami Payと異なり、ゆうちょPayでは決済時にその都度暗証番号を打ち込むよう求められます。支払いの度に暗証番号を打ち込まなければならないのは少し面倒ですが、不正利用を防ぐための対策です。

セキュリティイメージ画像

LINE Payでも決済時には事前に設定したパスワードを入力するよう求められます。LINE Payでは、パスワードをわざわざ打ち込むのが面倒くさい人のために、指紋認証でロックを解除する機能もついています。自分以外が不正に利用することがないようなセキュリティ対策です。LINE Payのように、ゆうちょPayでも指紋認証でロック解除するシステムが導入される可能性が高いでしょう。

3つ目のメリットとしては、ゆうちょPayの利用者にとっても、店舗にとっても「導入が簡単なこと」です。利用者がゆうちょPayを利用するためには、ゆうちょ銀行の運営するゆうちょPayアプリをダウンロードします。初回だけお持ちの銀行口座を登録する一手間がありますが、2回目以降は支払い時にアプリを立ち上げ、QRコードを表示するだけです。これは他のPay系サービスと変わりません。

他のコード決済サービスと比較して、ゆうちょPayを導入する店舗は障壁が低いです。専用の機械等は必要なく、iPad等のタブレット端末に所定のアプリをダウンロードするだけで導入が完了します。
導入費用は無料で、初期投資に負担がかかりません。店舗側で利用するためには、利用者の支払額をアプリに打ち込みコードを表示するか、利用者の持つコードを読み取って支払額を指定するだけで決済完了です。決済完了後は利用者と店舗の双方にレシートが送られるため、支出入の管理も簡単に行えます。

手軽なスマホ決済を導入することで、より活発にゆうちょ銀行を利用してもらう狙いがあるのでしょう。

ゆうちょPayのデメリット「ポイント還元」がない?

不満イメージ画像

数々のメリットがあった一方で、やはりデメリットもいくつか見受けられます。具体的には以下の2つです。

  • ポイント還元制度がない可能性が高い
  • 銀行Payを導入している店舗が少ない

一つ目のデメリットは、利用者としてはぜひ設けてほしい、ポイント還元システムがないことです。現段階では、ゆうちょPayの利用に伴うポイント還元システムは準備されておらず、他のコード決済のようにお得な使い方はできないと予想されます。クレジットカードの登録もできそうにないため、どんな方法を使っても、ポイント等の還元システムを獲得する方法はありません。手軽に支払えるメリットをもってしても、還元がないサービスは普及しにくいかもしれません。他のコード決済サービスでは、一定の還元が用意されており、使えば使うほどお得になるシステムが整っています。そのような他サービスと競合していかなければならない中、ゆうちょPayは厳しい戦いを強いられる可能性があります。

もう一つのデメリットは、銀行Payを導入している店舗が少ないことです。いくら手軽に導入できるシステムであるとはいえ、銀行と連携したサービスなだけに所定の銀行に口座を持っている人のみしか利用できません。利用できる人口に限りがあることが導入店舗が少ない原因だと考えられます。

利用者がゆうちょPayを使いたいと思っていても、頻繁に利用する店舗で導入されていなかったら使えません。事前に導入店舗を調べて買い物に行く手間に加え、払いたいときに使えないストレスも相当なものです。ゆうちょ銀行の銀行Pay参入に伴い、全体的な利用者は増える見込みですが、サービス自体に実質的な還元がないため、普及のスピードは軟化する見込みです。

1日の利用上限を利用者で自由に設定でき、使いすぎを防止することが大きな魅力のゆうちょPayですが、他のPay系サービスとの競争に勝ち抜いていけるか、5月の導入を待って検証してみる必要がありそうです。

自分に合ったクレジットカード探しに
「クレカ診断」

いかがでしたでしょうか?
ライフスタイルに合わせたクレジットカード選びがお得に生活をするポイントになります。

クレジットカードを利用すると日々のお得に気づきます。クレジットカードを利用することで様々な家計簿アプリで自動に出費管理がしやすくなりますので、「使いすぎがこわい」という人には返って日々の出費チェックもしやすくなります。何も考えずに現金を使っていたことを後悔することもあります。出費をしっかりと管理すればクレジットカードは強い味方です。

ただ、クレジットカードは発行会社が無数にあり、どれが自分に最適か調べるのも困難です。情報は日々更新され、新しいクレジットカードも毎年発行されています。

AI-Creditではあなたのライフスタイルを元に、最適な決済方法・クレジットカードをご提案します。 簡単クレジットカード診断を受けてみましょう。