更新日:2019.01.04

KDDIが楽天と提携を発表!2019年4月に「au PAY」を開始

2018年11月1日、KDDIは楽天との提携を発表しました。

主な提携領域は以下の3領域。

  1. 決済サービス分野における提携
  2. 物流サービス分野における提携
  3. 通信ネットワーク分野における提携

両社が同領域で注力している事業の融合が期待されます。
 

KDDI楽天の提携イメージ図(引用)

引用:https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2018/11/01/3456.html

 

決済領域:楽天ペイ・au PAY

決済領域では、以下のサービスを両社はリリースしています。

  1. KDDI:au WALLETプリペイドカード・クレジットカード
  2. 楽天:楽天カード(クレジットカード・バーチャルプリペイドカード)・楽天ペイ

クレジットカード領域で両社がカード発行していますが、今回の提携はQRコード決済領域での提携が主な目的となっています。

KDDIは、120万箇所で利用できる楽天ペイのインフラを利用して2019年4月に「au PAY」をリリースすると発表しました。

キャッシュレス社会の実現へ、ドコモが「d払い」を発表し、ソフトバンクが「PayPay」を発表し、大手キャリア最後の1社がついにコード決済領域へ進出を発表しました。

物流領域:Wowma!と楽天

物流領域では、楽天が大きく物流額でリードしていますが、KDDIは総合ショッピングモール「Wowma!」を特にKDDIユーザー向けに力強くプロモーションしています。

今回の提携で楽天が推進する「ワンデリバリー」構想にKDDIも協力していく流れになります。

通信領域:楽天の携帯キャリア参入

そして、携帯キャリア参入を発表した楽天が組み先として選択したのがKDDIでした。
楽天はKDDIとローミング協定を締結し、サービス開始当初から全国でLTE通信サービスの提供が可能になりました。

ユーザーにとってお得なのはどちらか?

KDDIはNetflixとの提携発表もあり、他社との連携を強めています。
Netflixを利用していたユーザーかつauユーザーは、どちらと契約したらお得なのか悩んだことと思います。

同様に、KDDIと楽天、両方のサービスを利用する人は多く存在します。

楽天カードとau WALLETカードはどちらがポイント還元がお得なのか?

楽天ペイとau PAYはどちらのポイント還元がお得なのか?

利便性のその先に、AI-Creditはお得さの追求を行なっていきます。

気になるクレジットカードを比較してみましょう。
コード決済も対応。

クレジットカードは、カードごとに様々なポイント還元率や年会費が設定されています。

また、ポイント還元率・年会費だけではない、海外旅行保険の付帯やショッピング保険、家族カード、ETCカードといった、日々を少し安心させてくれる様々な付帯サービスが付随しています。よく車に乗る人ならETCカード、海外旅行に行くことになったら海外旅行保険の自動付帯、自分のライフスタイルに合ったカード探しが必要です。

AI-Creditでは簡単に比較ができるページをご用意しました。

また、最新のコード決済も比較ができます。ポイント還元率に注目がいきがちですが、コード決済は「クレジットカードとセットで利用」してお得を最大化できます。 どのコード決済にどのクレジットカード登録が最適なのか、わかりやすく比較できます

詳しくは以下からご覧になってください。

AI-Creditクレジットカード比較サイト