KDDIが楽天と提携を発表!2019年4月に「au PAY」を開始

2018年11月1日、KDDIは楽天との提携を発表しました。

主な提携領域は以下の3領域。

  1. 決済サービス分野における提携
  2. 物流サービス分野における提携
  3. 通信ネットワーク分野における提携

両社が同領域で注力している事業の融合が期待されます。
 

KDDI楽天の提携イメージ図(引用)

引用:https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2018/11/01/3456.html

 

決済領域:楽天ペイ・au PAY

決済領域では、以下のサービスを両社はリリースしています。

  1. KDDI:au WALLETプリペイドカード・クレジットカード
  2. 楽天:楽天カード(クレジットカード・バーチャルプリペイドカード)・楽天ペイ

クレジットカード領域で両社がカード発行していますが、今回の提携はQRコード決済領域での提携が主な目的となっています。

KDDIは、120万箇所で利用できる楽天ペイのインフラを利用して2019年4月に「au PAY」をリリースすると発表しました。

キャッシュレス社会の実現へ、ドコモが「d払い」を発表し、ソフトバンクが「PayPay」を発表し、大手キャリア最後の1社がついにコード決済領域へ進出を発表しました。

物流領域:Wowma!と楽天

物流領域では、楽天が大きく物流額でリードしていますが、KDDIは総合ショッピングモール「Wowma!」を特にKDDIユーザー向けに力強くプロモーションしています。

今回の提携で楽天が推進する「ワンデリバリー」構想にKDDIも協力していく流れになります。

通信領域:楽天の携帯キャリア参入

そして、携帯キャリア参入を発表した楽天が組み先として選択したのがKDDIでした。
楽天はKDDIとローミング協定を締結し、サービス開始当初から全国でLTE通信サービスの提供が可能になりました。

ユーザーにとってお得なのはどちらか?

KDDIはNetflixとの提携発表もあり、他社との連携を強めています。
Netflixを利用していたユーザーかつauユーザーは、どちらと契約したらお得なのか悩んだことと思います。

同様に、KDDIと楽天、両方のサービスを利用する人は多く存在します。

楽天カードとau WALLETカードはどちらがポイント還元がお得なのか?

楽天ペイとau PAYはどちらのポイント還元がお得なのか?

利便性のその先に、AI-Creditはお得さの追求を行なっていきます。

自分に合ったクレジットカード探しに
「クレカ診断」

いかがでしたでしょうか?
ライフスタイルに合わせたクレジットカード選びがお得に生活をするポイントになります。

クレジットカードを利用すると日々のお得に気づきます。クレジットカードを利用することで様々な家計簿アプリで自動に出費管理がしやすくなりますので、「使いすぎがこわい」という人には返って日々の出費チェックもしやすくなります。何も考えずに現金を使っていたことを後悔することもあります。出費をしっかりと管理すればクレジットカードは強い味方です。

ただ、クレジットカードは発行会社が無数にあり、どれが自分に最適か調べるのも困難です。情報は日々更新され、新しいクレジットカードも毎年発行されています。

AI-Creditではあなたのライフスタイルを元に、最適な決済方法・クレジットカードをご提案します。 簡単クレジットカード診断を受けてみましょう。