現金とクレカどっちが安全?メリット・デメリットを知って賢く使い分け!

 

現地通貨を持っていなくてもすぐに利用できるという点などから、海外旅行先でクレジットカードを使うケースも少なくないでしょう。国内においても、ネットショッピングやポイント還元率を考えてクレジットカードを利用することもあるかと思います。現金のように利便性の高いクレジットカードですが、安全面についてはどうでしょうか。現金とクレジットカードではどちらが安全なのか比較してみました。

クレジットカードのメリット

クレジットカードのメリットのひとつが、その場で資金を用意する必要がないということです。支払い後、実際の請求は翌月や翌々月になりますから、持ち合わせのお金がないときにすぐに使えますし、給料日まで余裕がないときにも使うことができます。さらに、クレジットカードは使用するとポイントが還元されるのも特徴です。既にお店のポイントカードがある場合は、ポイントカードと2重でポイントを貯めることもできます。利用するほどリターンがあるという点もメリットだと言えるでしょう。

現金のメリット

一方現金のメリットは、その場で決済が行えるということです。クレジットカードとは違い、その場で減ってしまうため、お金を計画的に使うことを考えるとメリットがあります。また、その場で決済を行うため、クレジットカードによる前借りによって、将来支払いが追いつかなくなるリスクもありません。

クレジットカードのデメリット

デメリットのひとつとして、その場で決済されないからこそ、無駄遣いが多くなってしまう可能性が挙げられます。しっかりと記録をしておけばリスクは軽減できますが、管理が面倒だと感じる人も多いというのもまた事実です。また、インターネットショッピングでは不正利用、街中での使用は紛失による不正利用といったリスクもあります。現金同様、クレジットカードを使用する際は、セキュリティ面にも十分に注意したいものです。

現金のデメリット

現金の場合も、クレジットカード同様に紛失によるリスクがあります。警察に届け出て、運よく戻ってくる可能性もありますが、決して可能性としては高くありません。現金に名前を書く訳にもいきませんから、一度失くしてしまったらまず返ってこないものと考えておいた方が良いでしょう。また、ポイントカードは別として、現金での支払いではクレジットカードのようにポイントが還元されることもありません。

結局クレジットカードと現金ではどちらが安全なのか

クレジットカード、現金払いともにメリットとデメリットをご紹介しましたが、安全面で見ると、クレジットカードの方に軍配が上がります。クレジットカードのデメリットである不正利用は、クレジットカード会社が提供しているショッピング保険などで補うことができるためです。補償の内容や限度額には規定がありますが、不正利用が分かれば返金を受けることもできます。もちろん、不正利用されないようにセキュリティを強化してから利用することが大切ですが、紛失や不正利用があっても損失が少ないという点でクレジットカードが安全だと分かるでしょう。なお、国内においてはあまり気になりませんが、海外では特に大金を所持していることが盗難などの大きなリスクや危険を伴うこともあります。海外での利用においても、安全面は現金よりもクレジットカードの方が上です。

現金が良いか、クレジットカードが良いかというのは人によって好みが別れるものですが、安全面を考えるとクレジットカードの方が上です。理由は、現金とは違い、もしものときの補償が付帯されているため。安全面を重視するのであれば、クレジットカードの活用を検討することをおすすめします。

コード決済・クレジットカードの新着記事

AI-Creditのおすすめのテーマ