更新日:2019.01.04

 

近年、ネットショッピングの普及により、クレジットカードで決済する人が増えています。使うほどポイントが貯まるなど、現金よりメリットが多い便利なツールですが、利用したことのない人にとってクレジットカードの仕組みは分かりにくいのではないでしょうか?ここでは、クレジットカードの契約方法と解約方法、注意点などをご紹介します。

信用があるから立て替えてくれる!クレジットカードの仕組み

クレジットカードの仕組み

“クレジットカードは、現金が手元になくてもカードを提示するだけで支払い決済が完了する便利なアイテム。クレジットカード利用時の流れを見てみましょう。

  1.  カード利用者がお店(加盟店)でショッピングをする
  2. カードの提示・暗証番号の入力・売上票へのサインなどをする
  3. クレジットカード会社に売上データが伝送される
  4. クレジットカード会社が代金を立て替える
  5. 商品を受け取る
  6. 利用代金明細書が利用者に送付される
  7. 利用代金を支払う(原則、金融機関の決済口座からの自動引落し)

つまり、クレジットカード会社が利用者を信用して代金を立て替える仕組みです。では、顔を合わせたこともない利用者に対して、クレジットカード会社はどのように信用するのか?信用に足る人物かどうかの判断は、最初の申込み時から始まります。

手続きは簡単!クレジットカードの申込方法

申し込みも簡単!

“クレジットカードの申し込みは、申込書を記入して送付する方法やインターネットで申込みする方法がほとんどです。なお、申込書の記入項目は、名前や住所だけではありません。勤務先・年収・貯蓄額・借入額など、あらゆる個人情報を正確に記入し、免許証などの本人確認書類のコピーと一緒に提出します。

カード会社は、提出された書類をもとにクレジットカード発行の審査をします。具体的には、指定信用情報機関に個人情報を問い合わせて、他社を含めた借入状況や支払い遅延状況を確認。さらに、職場に連絡して、本当に在籍しているかどうかの確認もします。カード発行の有無を総合的に判断し、有効期限や月額利用限度額を定めてカードを発行します。なお、カードは転送なしの書留で現住所へ郵送し、本人の所在確認をします。(送付方法はカード会社により異なることがあります)

カードが手元に届いたら、まずはカードと一緒に届く書類で有効期限や利用可能枠といったカードの利用条件を確認しましょう。また、裏面に署名欄があるので、利用者本人のサインをし、他者の利用を防ぐことが大切です。

ここに注意!クレジットカードの解約方法

クレカの解約方法

“クレジットカードを作ったものの、利用することがないと思ったら解約することができます。解約方法はカード会社への電話一本で完結することがほとんどですが、いくつか注意する点があります。

【残債がある】
カード会社によりますが、支払いが済んでいない代金がある場合、代金の一括返金を請求されることがあります。分割払いやボーナス一括払いなどを利用しているときは請求額が大きくなる可能性があるため注意が必要です。

【公共料金の自動引落しがある】
クレジットカードで電気・水道・ガス料金などの公共料金を自動払いしている場合、支払い方法変更の手続きをしなければ料金不払いになる可能性があります。事前に銀行口座引落しにする、他のクレジットカードに変更するといった手続きをするといいでしょう。

【ポイントが残っている】
せっかく貯めたポイントも、解約と同時に失効してしまいます。解約前にポイント残高を確認しておきましょう。

【家族カード・ETCカードも使えなくなる】
本人カードを解約した場合、自動的に家族カードやクレジットカードに付随するETCカードも利用できなくなります。

【年会費は返金されない】
年会費を支払ってから1ヵ月後に解約したとしても、残りの11か月分の年会費は返金されません。クレジットカードには保険機能などもあるため、年会費が引落しになる前月に解約して、クレジットカードをギリギリまで活用するのがおすすめです。

【加入直後の解約は避ける】
クレジットカードを発行してもらってから間もない時期の解約は、カード会社への印象を悪くし、次回同じカード会社でカードを発行しようとするときに審査が通らないことがあります。入会してから少なくとも半年以上は保有したほうが無難でしょう。

解約手続きは電話すれば数分で完結しますが、事前に以上のことに気をつけましょう。特に公共料金や携帯電話のクレジットカード払いは手続きを怠ると後々面倒なことになるため注意が必要です。

まとめ

クレジットカードの契約方法や解約方法についてご紹介しました。はじめてのクレジットカードは分からないことばかりです。仕組みや手続き方法を理解し、クレジットカードをグッと身近で便利なアイテムにしてはいかがでしょうか?

気になるクレジットカードを比較してみましょう。
コード決済も対応。

クレジットカードは、カードごとに様々なポイント還元率や年会費が設定されています。

また、ポイント還元率・年会費だけではない、海外旅行保険の付帯やショッピング保険、家族カード、ETCカードといった、日々を少し安心させてくれる様々な付帯サービスが付随しています。よく車に乗る人ならETCカード、海外旅行に行くことになったら海外旅行保険の自動付帯、自分のライフスタイルに合ったカード探しが必要です。

AI-Creditでは簡単に比較ができるページをご用意しました。

また、最新のコード決済も比較ができます。ポイント還元率に注目がいきがちですが、コード決済は「クレジットカードとセットで利用」してお得を最大化できます。 どのコード決済にどのクレジットカード登録が最適なのか、わかりやすく比較できます

詳しくは以下からご覧になってください。

AI-Creditクレジットカード比較サイト