更新日:2018.06.14

エポスカードにはノーマルカード・ゴールドカード・プラチナカードの3種類のランクがあります。

今回ご紹介する「エポスプラチナカード」。

通常申込では年会費が30,000円もかかるクレジットカードです。

ただ、公式サイトに年会費について「当社からのインビテーションにてプラチナカードを発行されたお客さまは年会費20,000円(税込)です。」と記載があります。

このインビテーション、果たしていくら使えばもらえるのか?

編集部では実際にエポスゴールドカードを鍛えて(利用して)みました。

プラチナカードのインビテーションをもらうまでに必要な金額

エポスプラチナカードインビテーション画像

編集部が得たエポスプラチナカードのインビテーション。

利用額は年間100万円〜150万円でした。

このような書類が届きました。

エポスプラチナカードインビテーション書類画像

エポスプラチナカードの公式サイトに「年間ご利用金額100万円以上で翌年以降年会費20,000円(税込)」と記載がありますので、エポスゴールドカードを100万円以上利用すればプラチナカードのインビテーションは届きそうですね。

エポスプラチナカードの優待

エポスプラチナカードインビテーション画像3

エポスプラチナカードには様々な優待があります。

エポスプラチナカード限定のボーナスポイント

年間の利用額に応じてボーナスポイントがもらえます。

エポスゴールドカードにもボーナスポイントはありますが、エポスプラチナカード独自のランクがあります。

年間利用額 ボーナスポイント
100万円以上 20,000ポイント
200万円以上 30,000ポイント
300万円以上 40,000ポイント
500万円以上 50,000ポイント
700万円以上 60,000ポイント
900万円以上 70,000ポイント
1,100万円以上 80,000ポイント
1,300万円以上 90,000ポイント
1,500万円以上 100,000ポイント

 
 
100万円で20,000円のボーナスポイントは還元率2.0%相当にあたります。200万円以降は還元率という視点で言うと、下がっていきます。

エポスゴールドカードは年間100万円の利用で10,000ポイント還元・還元率1.0%相当ですので、100万円という利用額を利用ラインにすればお得が最大化されます。

1,500万円以上の利用に関しては、還元率は0.66%相当になります。年間1,500万円も利用する人にとっては微々たる額かもしれません。

エポスプラチナカードのボーナスポイント

エポスゴールドカードにもある以下特典はエポスプラチナカードでも適用されます。

  • ポイント有効期限が無期限になります
  • 選べるポイントアップショップ登録でポイント最大3倍
  • ネットショッピングでポイント2~30倍アップ

エポスプラチナカードでは以下特典が加わります。

  • 誕生月にボーナスポイントでポイント2倍(通常還元率1.0%相当に)

さらに優待されるのが旅行に関するサービスです。

エポスゴールドカードからエポスプラチナカードに移行するかどうかは、旅行や出張の多さによって判断するといいでしょう。

エポスプラチナカードの空港ラウンジ利用・旅行保険

エポスプラチナカードとエポスゴールドカードの旅行系優待サービスを簡単に比較します。

項目 エポスプラチナカード エポスゴールドカード
空港ラウンジ 世界130か国500以上の都市で、1,000か所以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティパス(通常年会費399USドル)」に無料で登録 国内・海外の空港ラウンジを無料で利用可能
空港ラウンジ 同伴者1名様まで無料 同伴者は別途料金
海外旅行傷害保険自動付帯 傷害死亡・後遺傷害が最高1億円まで、携行品損害最大100万円、航空機遅延費用2万円 等、項目が充実 傷害死亡・後遺傷害が最高1,000万円まで
Visaカード優待 Visaのプラチナカード限定サービスが利用可能 Visaのゴールドカード限定サービスが利用可能

 
他にも「プラチナ限定 一休.com ダイアモンド体験プロモーション」など、魅力は盛りだくさんです。

空港ラウンジの魅力は大きいので、海外旅行に多く行かれる方はおすすめです。

ポイント還元率は上がりますが、「ステータス」という意味でエポスプラチナカードを持っていると行ける場所も広がります。

ぜひエポスゴールドカードを鍛えて(年間100万円利用して)、エポスプラチナカードのインビテーションを手に入れましょう。

エポスカード公式サイトはこちらから。
エポス公式サイトへ

>>【実録】エポスゴールドカードのインビテーションをもらう基準とカードの鍛え方

気になるクレジットカードを比較してみましょう。
コード決済も対応。

クレジットカードは、カードごとに様々なポイント還元率や年会費が設定されています。

また、ポイント還元率・年会費だけではない、海外旅行保険の付帯やショッピング保険、家族カード、ETCカードといった、日々を少し安心させてくれる様々な付帯サービスが付随しています。よく車に乗る人ならETCカード、海外旅行に行くことになったら海外旅行保険の自動付帯、自分のライフスタイルに合ったカード探しが必要です。

AI-Creditでは簡単に比較ができるページをご用意しました。

また、最新のコード決済も比較ができます。ポイント還元率に注目がいきがちですが、コード決済は「クレジットカードとセットで利用」してお得を最大化できます。 どのコード決済にどのクレジットカード登録が最適なのか、わかりやすく比較できます

詳しくは以下からご覧になってください。

AI-Creditクレジットカード比較サイト