更新日:2019.05.05

海外製のiPhoneのApple Payは日本では使えない!

Apple Watch logo

引用:https://www.apple.com/apple-pay/

最近では、iPhoneに搭載されているタッチシステム「Apple Pay」でSuicaも登録できるようになりました。
利用可能な店舗も増え、Apple Payを利用されている方も多いのではないでしょうか。

ただ、あまり知られていませんが、Apple Payを日本で利用できているのはiPhoneが「日本製だから」なのです。特定の機種では海外製iPhoneも日本でApple Payを利用できるのですが、日本でApple Payを使うためには、基本的に日本で生産されたiPhoneが必要です。

どのiPhone端末なら日本でApple Payを利用できる?

では、どのiPhone端末が日本でApple Payを利用できないのでしょうか。

Apple Payで使えるApple Walletを搭載しているのは、iPhone SE (Felicaは対応なし)、iPhone 7、iPhone 7s、iPhone 8、iPhone X、iPhone Xs、iPhone XRです。

iPhone7 モデル

引用:https://www.apple.com/shop/buy-iphone/iphone-7

その中で海外製の時にApple Payを使えない機種は、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7sです。普及率から見ると、より多くの人が保有している機種が対応していない為、日本を訪れる観光客からは、度々不満の声が上がっています。

日本製のiPhone 7 やiPhone 7sの本体には、裏側に「総務省指定」という刻印が施されています。その刻印のある機種は、国から正式に認可を受けたものだということがわかります。日本国内に限って使われているシステムに適応している証です。

一方でiPhone 8以降の機種には、裏面に「総務省指定」の刻印はありません。
iPhone 8以降のiPhoneのApple Payは、日本で使えないのでしょうか。実際はその逆、iPhone 8以降では、海外製のiPhoneでも日本で利用できるのです。iPhone 7やiPhone7sのApple Payを使えないのは不便だ、との多くの声を受けて、システムをオープンにしました。

どうして海外製のiPhone 7やiPhone 7sはApple Payを日本で使えないのか?

海外製のiPhone 7やiPhone 7sのApple Payが日本で使えない要因は、技術的な互換性です。

Apple PayがiPhoneで使えるのは、非接触ICシステムがスマートフォンに搭載されているからです。そして、このシステムこそが海外製のiPhone 7などのApple Payが日本で規制されている理由です。

主に日本で採用されている非接触ICシステムは、Felicaと呼ばれるシステムです。このFelicaに対応しているのが、「総務省指定」という刻印のあるiPhone 7やiPhone 7sとです。iPhone 8以降は、海外で主に使われているNFCシステムとFelicaシステム両方に対応しているため、海外で作られたiPhoneのApple Payでも日本でApple Payを利用できるというわけです。Felicaシステムは、NFCシステムの古いタイプのシステムであるため、このような事態が起こりました。

スマホ操作

さらに、海外製のiPhone 7、7sでは、Apple Payに日本のクレジットカードを登録することすらできません。

これは、日本のApple Pay決済システム(お店側が利用するもの)が、QUICPayやiDの回線を介していることが原因です。日本のクレジットカードや日本製のiPhoneのApple Payには、QUICPay、もしくはiDが内蔵されています。Apple Payが日本で使えるのはこのシステムがあるからなのです。海外製のiPhone7、7sにはQUICPayもiDも内蔵されておらず、互換性がないために登録ができません。

このように、日本で海外製のiPhone 7、7sのApple Payが使えない理由は、非接触ICシステムと、回線システムの違いの二重のしがらみがありました。日本製のiPhone7、7sのApple Walletには海外のクレジットカードを登録できず、海外製のiPhone7、7sに日本のクレジットカードを登録することもできません。iPhone 8以降はこのしがらみが解消されましたが、いまだに多くの利用者がいるiPhone 7や7sでは、こういった制約があるのです。

訪日観光客の増大を目指している日本ですが、キャッシュレス決済等の導入が遅れていることが大きく問題視されています。より多くの観光客に日本を訪れてもらい、より便利にすごしてもらうために、政府や経済界もキャッシュレス化に向けて重い腰をあげる必要がありそうですね。

日本製iPhoneに登録するとお得なクレジットカードはこちらを参考にしてください。

新型iPhoneに乗り換え!「Apple Pay」メリット、デメリットは?

気になるクレジットカードを比較してみましょう。
コード決済も対応。

クレジットカードは、カードごとに様々なポイント還元率や年会費が設定されています。

また、ポイント還元率・年会費だけではない、海外旅行保険の付帯やショッピング保険、家族カード、ETCカードといった、日々を少し安心させてくれる様々な付帯サービスが付随しています。よく車に乗る人ならETCカード、海外旅行に行くことになったら海外旅行保険の自動付帯、自分のライフスタイルに合ったカード探しが必要です。

AI-Creditでは簡単に比較ができるページをご用意しました。

また、最新のコード決済も比較ができます。ポイント還元率に注目がいきがちですが、コード決済は「クレジットカードとセットで利用」してお得を最大化できます。 どのコード決済にどのクレジットカード登録が最適なのか、わかりやすく比較できます

詳しくは以下からご覧になってください。

AI-Creditクレジットカード比較サイト