京成電鉄の定期券を一番お得に購入する方法!「京成カード」

公開日:

更新日:

京成線の定期券は現金のみでしか購入できないと思っていませんか?

実は、京成カードのクレジット機能なら、京成電鉄の定期券を購入することができます。そのため、通勤、通学で京成線を利用している方には、京成カードがおすすめです。

京成カードで購入するとポイントがたまり、たまったポイントをショッピングなどに利用できとってもおトクです。今回は、そんな京成カードを利用した節約情報をご紹介いたします。みなさんも上手に京成カードを使って節約しましょう。

京成グループポイントを活用しよう!

京成グループのポイントを活用しよう!

京成カードを利用して京成線の定期券購入や、スカイライナー・シティーライナーを利用すると、1,000円で5ポイントたまります。その還元率は0.5%になります。

例えば、通勤に京成線を利用している方なら、片道300円の通勤路で、3ヶ月の定期券を購入した場合、37,190円。年間148,760円なので、743円分のポイントがたまることになります。10年通勤すると1万円弱も節約することになりますね。

その他、京成バスや提携しているタクシーの利用でも1%の還元率でポイントをためることができます。 また、京成グループポイントは、京成線沿いにあるポイント加盟店でのショッピングでもポイントがたまります。仕事帰り、通学帰りに京成百貨店で買い物をしたり、リブレ京成で普段のお買い物をしたりする方はとってもおトクです。

また、京成カードはPASMOの自動チャージも可能で、ポイントも自動加算されます。うっかりチャージし忘れて、現金で支払うということもあるでしょう。手間でもありますし、現金で支払うことでポイントもつかず、損をしてしまうことも。

しかし、自動チャージ機能ならその心配はありません。さらに、チャージし忘れていることによって、改札で足止めをくらう心配もありませんね。 ポイントは1,000円で5ポイント加算されます。

貯めた京成グループポイントを利用しよう!

貯めたポイントを活用しよう!

クレジットカードの利用でたまった京成グループポイントは、1,000ポイントで1,000円分の「京成グループ共通優待券」と交換することができます。

優待券を利用すれば、PASOMOへのチャージやタクシーの乗車運賃のお支払い、ショッピングセンターでのお支払で利用可能です。

また、楽天スーパーポイントにも交換可能です。1,000ポイントで楽天スーパーポイント1,000ポイントに交換できるので、普段から楽天でショッピングされる方にはおトクですよね。

さらにANAマイルにも交換可能です。こちらは1,000ポイント600マイルに交換することができます。

気になる京成カードの年会費やその他の基本機能は?

年会費や他の機能は?

気になる京成カードの年会費ですが、初年度もそれ以降も500円(税抜)です。京成電鉄を利用するとポイント還元率が0.5%なので、年間で10万円以上利用する人は実質無料となります。

また、海外旅行中の事故や病気などで適用される海外旅行障害保険が最高2,000万円まで補償されます。カードで購入した商品の破損や盗難も100万円まで補償されます。ANAマイルにも交換することが可能なので、海外旅行がお好きな人にもオススメしたいカードです。

京成電鉄をお得に利用する方法まとめ

今まで、定期券は現金で支払っていたという方も多いでしょう。他社のクレジットカードでは京成線の定期券は購入できませんが、これまで現金で定期券を購入していて、もったいないなと感じているなら、ぜひ京成カードの利用を検討してみてはいかがでしょうか。カードを上手に使いこなすことで、ポイントをおトクにためることができ、知らず知らずのうちに節約できますよ。

お申込み公式サイトへ

コード決済・クレジットカードの新着記事一覧
AI-Creditのおすすめのテーマ