更新日:2019.01.04

「マネパカード」をご存知ですか。

マネパカードとは、東証一部上場企業のマネーパートナーズがはじめた新しいサービスです。マネパカードは、使用する前にチャージをしておくことで、5つの国の通貨として現地で使用することのできる海外専用プリペイドカードです。

マネーパートナーズというとFXのイメージを持つ人が多いかもしれませんが、マネパカードは外貨両替をすることができるサービスなので、海外によく行かれる方にはとてもお得な機能です。

「海外旅行前にいつも両替所で交換率を気にしてる」方や、「海外旅行前に航空でバタバタしてしまう」方にはおすすめのカードです。

マネパカードをまず発行してみたい方はこちらから。
マネパ公式サイトへ

 

海外旅行に行く人は必携の「マネパカード」とは?

海外旅行に行く人は必携の「マネパカード」とは?

引用:https://card.manepa.jp/

「マネパカード」は、使用する前にチャージをしておくことで、日本に加えて5つの国の通貨として現地で使用することのできる海外専用プリペイドカードのことです。
対象の通貨は

  • 米ドル
  • ユーロ
  • 英ポンド
  • 豪ドル
  • 香港ドル

の5つとなっています。
発行手数料や年会費は無料。このカードさえ持っていれば両替などの手間も省けます。また、一部のマスターカード加盟店であればクレジットカードとしても利用可能なため、海外によく行かれる方は持っていて損はないカードでしょう。

 

マネパカードへの登録方法

マネパカードの登録方法

マネパカードは、日本在住の15歳以上であればカードの申請をすることができます。登録する際に必要な書類は、「本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)」と「マイナンバー確認書類(マイナンバーカード裏面、マイナンバー通知カード、マイナンバー付きの住民票)」のふたつです。ネットからの申し込みも可能で、ネットで登録する場合には、こちらの書類をお使いのスマートフォンで撮影し、アップロードするだけなのでとても簡単です。

書類をアップした後は、口座開設の審査結果を待ちます。お申し込みから約1週間~2週間ほどで、簡易書留でログインをするための口座番号・パスワードが届きます。届いた番号とパスワードを公式サイトにて入力すればすべて完了です。だいたい2週間が利用開始目安となっていますが、事前に海外に行くことが決まっている方は前もって準備しておくことをオススメします。
マネパ公式サイトへ

 

マネパカードは本当にお得?

マネパカードは本当にお得?

5つの国の外貨両替に対応しているマネパカードですが、実際にその他のカードと比べてどのくらいお得なのでしょうか。

海外でお買い物をする際にクレジットカードなどを使用すると利用手数料がかかる場合がありますが、このマネパカードでは利用手数料は不要。しかし、チャージした際に為替レートに上乗せされる両替手数料の支払いが必要となります。

1通貨に対してかかる両替手数料は日本円で

  • 米ドル:0.8円(80銭)
  • ユーロ:1円
  • 英ポンド:1.3円
  • 豪ドル:0.7円
  • 香港ドル:0.1円

となっています。

銀行での外貨両替手数料の目安は2円~、クレジットカードは約1.6%~1.63%、アメックスは2%が平均となっているので、圧倒的にマネパカードがお得なのがわかります。

さらに、マネパカードでは、マスターカードのマークがついているATMであれば現地のATMから現地通貨を引き出すことも可能です。その際のATM手数料金(1回につきかかる料金)は

  • ドル:2USD
  • ユーロ:1.75EUR
  • 英ポンド:1.5GBP
  • 豪ドル:2.5AUD
  • 香港ドル:20HKD

ATM手数料については破格の安さではありませんが、銀行などと比べると安めになっています。
1度に約30万円、1日約100万円と限度はありますが、海外で100万円まで現地通貨を引き出すことができるのであればとても助かりますよね。

マネパ公式サイトへ

 

マネパカードへの入金方法

マネパカードへの入金方法

マネパカードへは、登録時に記入した専用振込口座に振り込むことで入金することができます。1回の入金への限度額は100万円です。万が一海外でお金が足りなくなってしまった場合でも、ネットを使用して入金することができ、入金して約2時間で口座に反映されるため、急いでいる時も安心です。

 

マネパカードを利用するメリットとデメリット

メリット・デメリット
マネパカードのメリットとデメリットをご紹介します。

メリットは両替レートに振り回されないこと

マネパカードは、プリペイドカードとしてだけでなく、クレジットカードとしても利用することが可能です。マスターカードが利用可能の店舗ではクレジットカードとして支払いをすることができます。

クレジットカードとして利用することができますが、15歳以上であれば申し込みすることができるため、海外に留学をする予定のあるお子様に渡しておくカードとしても大活躍します。お子様に預ける場合は紛失や盗難を心配する方も多くいるかもしれませんが、紛失や盗難にあった場合も24時間365日サポートデスクのご利用が可能なので、安心です。
また、両替のレートも固定で決まっているため、為替によって振り回される心配はありません。外貨両替と比べて最大93%も手数料などがお得になっています。

マネパ公式サイトへ

デメリットは紛失時の対応

マネパカードは、クレジットカードとして利用できるとご紹介しましたが、本来はクレジットカードではく、プリペイドカードのため、マスターカード加盟店でもクレジットカードとして支払うことができない場合もあります。そのため、海外旅行や出張など行く際にはサブカードとしてマネパカードを保持し、マネパカード以外のクレジットカードと2枚使いにしたり、念のため現金を持ち歩くのがおすすめです。

また、紛失した際のサポートはありますが、カードを紛失した場合、1,080円の再発行料金がかかるので失くさないように気を付けましょう。登録した暗証番号を忘れた場合も1,080円の支払いが必要となるので注意が必要です。

 

マネパカードのまとめ

マネパカードは、5カ国(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル)の外貨両替に対応しているので、対象の国の海外旅行によく行かれる方にオススメしたいカードです。年会費、登録手数料は一切無料なので1枚持っておくと便利なカードですよ。セキュリティ対策もしっかりとしているので、海外でも安心してご利用になられます。ぜひ、ご検討なさってみてください。

マネパ公式サイトへ

治療費数百万も!?年会費無料のクレジットカード付帯の海外旅行保険の利用方法

気になるクレジットカードを比較してみましょう。
コード決済も対応。

クレジットカードは、カードごとに様々なポイント還元率や年会費が設定されています。

また、ポイント還元率・年会費だけではない、海外旅行保険の付帯やショッピング保険、家族カード、ETCカードといった、日々を少し安心させてくれる様々な付帯サービスが付随しています。よく車に乗る人ならETCカード、海外旅行に行くことになったら海外旅行保険の自動付帯、自分のライフスタイルに合ったカード探しが必要です。

AI-Creditでは簡単に比較ができるページをご用意しました。

また、最新のコード決済も比較ができます。ポイント還元率に注目がいきがちですが、コード決済は「クレジットカードとセットで利用」してお得を最大化できます。 どのコード決済にどのクレジットカード登録が最適なのか、わかりやすく比較できます

詳しくは以下からご覧になってください。

AI-Creditクレジットカード比較サイト