クレジットカードを利用してお得に収納代行サービスを利用しよう

最近、日常生活においてより便利なサービスが増えてきました。

その中でも「収納代行サービス」が特に注目されています。コンビニなどで通信費や光熱費などをその場で支払うことができる収納代行サービス。すでに収納代行サービスを利用しているという方もいるかと思いますが、具体的にはいったいどんなサービスで、どんな便利な機能なのでしょうか?

さらに、収納代行サービスをお得に利用する方法を詳しくご紹介します。

 

収納代行サービスとは

収納代行サービスとは

「収納代行サービス」とは、オンライン上でネットショッピングをした際に使用される決済方法のひとつです。
以前は決済サービスを行なっているところが少なく、利用したいと考えている人でも利用することができなかったということが多かったのですが、最近ではコンビニなどで利用することができるようになったため、安全かつ手軽に使用することができるサービスとなりました。

支払い対象は、ネットショッピングの支払いや毎月の通信費や光熱費など、様々なものに対応しています。やり方もとっても簡単で、振込票をお近くのコンビニエンスストアに持っていき、料金を支払うのみ。たったこれだけで支払いを済ますことができてしまう便利なサービスです。

その便利なサービスをさらにお得に使用する方法についても詳しくご紹介していきます。

 

nanacoカードに利用したい「ヤフーカードJCB」

ヤフーカード券面画像

提供:ヤフーカード

nanacoカードとは、電子マネーサービスでカードにチャージをすることでお買い物ができ、100円の利用金額で1ポイント獲得するシステムになっています。
nanacoカードは、公共料金や税金の収納代行にも使用できるのですが、支払いの際にnanacoカードに現金チャージをして支払うだけではポイントがつかないので注意が必要です。nanacoカードにポイントをつけるためにはnanacoカードにチャージをすることでポイントが付くクレジットカードを利用することが大事なポイントになります。
特におすすめのクレジットカードは「ヤフーカードJCB」。ポイントの還元率は0.5%で、nanacoへのチャージもポイントの対象となります。(これまでは1%でしたが変更になりました。また、VISA/Mastercardでもポイントが貯まるようになりました

他のクレジットカードよりもオススメしたい点は「Tポイント」が貯まるシステムです。「Tポイント」は知名度も高く、利用している方も多くいるのでこれは便利なサービスですね。収納代行サービスを利用する方は、ぜひこのクレジットカードも利用してさらにお得にポイントをためてみてください。

ヤフーカードを作る際は「JCB」「VISA」「Mastercard」の3つのブランドから選ぶことができますが、nanacoカードにチャージすることができるのは「JCB」ブランドのみとなっているため、JCBを選択して作ってくださいね。

お申込み公式サイトへ

 

WAONカードに利用したい「JALカード」

WAONカードはカードにお金をチャージして利用できる電子マネーサービスです。
対象の加盟店でお買い物をすると200円ごとに1ポイント獲得できるシステム。nanacoカードに比べると200円ごとに1ポイントのため、100円高くなってしまいますが、WAONカードは加盟店が多数あるという点が強みです。イオン系のスーパーマーケットのほかに、ミニストップやファミリーマート、ローソンなど大手チェーン店が対象となっています。加盟店が多い分、使う機会が多いのでポイントが効率よく貯まりますね。

先ほどと同様に、チャージする際にクレジットカードを利用することでさらにお得に利用することができます。中でもおすすめのクレジットカードは、「JALカード」。WAONカードへのチャージはもちろん、収納代行を支払う際にも200円ごとに1マイル獲得できます。また年会費を3,240円支払ってショッピングマイルプレミアムを活用すると、200円ごとに2マイルもらえるようになります。どちらも支払い額が5万円以下となっているので、その点は注意して利用してみてください。

お申込み公式サイトへ

 

まとめ

日常的に収納代行サービスを利用しているという方は今回ご紹介したクレジットカードを参考に、さらにお得に生活を送ってみてください。nanacoやWAONそれぞれにメリットやデメリットがあるので、あなたにピッタリなカードを選んでぜひ活用してみてはいかがでしょうか。貯まったポイントはのちにお買い物にも利用できるので、一石二鳥ですよ。

コード決済・クレジットカードの新着記事

AI-Creditのおすすめのテーマ