更新日:2019.01.04

年々値上がりしていく国民年金保険料。

2017年4月から割引額の大きい2年前納がクレジットカードでも支払い可能になったことをご存知ですか?

平成29年度の一人あたりの保険料は年間197,880円。
家族分となるとかなりの高額になるので、少しでも安くしたいですよね。

今回はクレジットカード払いに変更する方法やメリット・デメリットをご紹介します。

ぜひこの機会に保険料の納付方法を見直してみませんか?

 

国民年金保険料2年前納クレジットカード払いのメリット・デメリットとは?

2年前納クレジットカード払いのメリット・デメリットとは?

これまでは、クレジットカードでは1年分しか前納することができませんでしたが、2017年4月から2年分も前納することができるようになりました。これまで口座振替で2年分前納していた方や、お金に余裕のある方なら迷わず選んでいただきたい制度です。まずはクレジットカードで2年前納する際のメリット・デメリットをご紹介します。

国民年金保険料のメリット

1.割引がある

保険料を前納すると、割引があります。2年分を前納すると、14,400円節約できます。ある程度お金に余裕があるのなら、前納してしまいましょう。2年分は厳しいなと言う方は、1年分で、3,510円、半年分で800円割引があるので、少しでもお得に納付したいならぜひ検討してみてください。

2.ポイントが貯まる

クレジットカードで納付すると当然クレジットカードのポイントが貯まります。ポイント還元率の高い楽天カードやオリコカードなど1%の還元率で約4,000円もの節約になるので、見逃せません。ただし、納付してもポイントのつかないカードもあるので、注意が必要です。

国民年金保険料のデメリット

1.キャッシュフローが悪くなる

一度に高額な金額を支払うので、当然キャッシュフローが悪くなります。割引が大きいとは言え、出費としてもかなり高額です。また支払い日が4月前後と新生活スタートの時期と重なり、何かと出費のある月なので、注意が必要です。

2.分割払いやリボ払い不可

クレジットカードでの納付は一活払いしか対応していません。リボ払い専用のカードしかない人は、国民年金の支払いが可能でポイントが付与されるクレジットカードを新しく作成する必要があります。クレジットカードの名義は本人ではなく家族名義でも大丈夫ですが、名義人の署名が必要になります。

 

クレカジットカード払いにするための方法

クレカジットカード払いにするための方法

クレジットカード払いにするためには、年金事務所に申請する必要があります。WEB上から手続きに必要な書類をダウンロードし、郵送で手続きできます。数週間後、事務所側から手続き完了のお知らせが届けば、OKです。

 

クレジットカード払いの注意点

クレジットカード払いの注意点

2年分前納したい場合は、その年の2月末日までに書類を提出しなければなりません。提出期限が遅れてしまうと、受理されず前納できなくなってしまうので、注意が必要です。また結婚をして名義が変わったり、別のクレジットカードに変更したりした場合は再申請が必要になりますが、手続きには数週間かかるので、その間は納付書による納付となります。納付期限に間に合うように手続きをするようにしましょう。

 

まとめ

クレジットカードで2年分前納すれば、一人あたり15,000円も節約でき、ポイントやマイルも貯まるなら、利用しない手はないですよね。毎回2年分の前納を続ければ、通常納付する金額との差額はとても大きいものになるでしょう。これまで口座振替で2年分前納していた人も、現金で支払っていた人も、ぜひこの機会に切り替えてみてください。

気になるクレジットカードを比較してみましょう。
コード決済も対応。

クレジットカードは、カードごとに様々なポイント還元率や年会費が設定されています。

また、ポイント還元率・年会費だけではない、海外旅行保険の付帯やショッピング保険、家族カード、ETCカードといった、日々を少し安心させてくれる様々な付帯サービスが付随しています。よく車に乗る人ならETCカード、海外旅行に行くことになったら海外旅行保険の自動付帯、自分のライフスタイルに合ったカード探しが必要です。

AI-Creditでは簡単に比較ができるページをご用意しました。

また、最新のコード決済も比較ができます。ポイント還元率に注目がいきがちですが、コード決済は「クレジットカードとセットで利用」してお得を最大化できます。 どのコード決済にどのクレジットカード登録が最適なのか、わかりやすく比較できます

詳しくは以下からご覧になってください。

AI-Creditクレジットカード比較サイト