更新日:2018.10.17

Paypalクレジットに現金が登場。Walmart経由で現金として引き出し可能に

オンラインクレジットに課金して取引をするシステムを提供するPaypalが、walmartとの連携を発表しました。

Paypal画面スクリーンショット

引用:https://www.paypal.com/us/home

バーチャルなクレジットを保有することで、オンラインでの取引を簡単にするのがPaypalが提供するサービスです。今回のWalmartとの連携で、paypalクレジットを現金で引き出すことが可能になります。Paypalはこれまで、バーチャルなクレジットでの取引を主とし、現金での取引を想定していませんでした。

PaypalがWalmartとの連携を開始。受けられるサービスの詳細

これまでPaypalアカウントでは、現金からの入金は受け付けていません。Paypal口座にお金を入れるためには、紐づけられた銀行預金口座からPaypal口座に送金することが必要でした。Paypal口座同士での送金は無料で行われ、インターネット上での取引に限られていました。

今回のWalmartとの連携で、インターネット上での取引に加え、現金での取引が可能になるため、普通の銀行口座と同じように使うことができるようになります。インターネット口座間での取引が無料なのが大きな利点のPaypalですが、Walmartを用いて現金を引き出したり預けたりする際には、3ドル(336円:1ドル=112円)の手数料がかかります。

このサービスは、Walmartストアがある場所で可能になりますが、現在はアメリカ国内に限定されています。

PaypalのCEO兼代表取締役のダン・シュルマンは、プレスのインタビューに対して、

「今回の連携は、Paypal、Walmart双方にとって鍵を握るコラボレーションになる。Paypalを利用する人々にとって、現金を用いた取引がより簡単で単純になるように尽力している。このサービスはアメリカ国内のWalmartで使えるようになる」

と話しています。

(原文ママ:’Dan Schulman, President and CEO of PayPal said, “We consider this a key collaboration for both PayPal and Walmart. We are committed to working together to make it simple and easy for people to use PayPal cash in and cash out money services at every Walmart location in the U.S.’)

PayPal’s Walmart Partnership Makes a Move for the UnderBanked

インターネット上での取引に加え、現金を用いた取引を可能にすることでより多くのユーザーを取り込む事を目的としています。

Paypalはもともとどんなシステム?

Paypalは、2億300万人のユーザーを持つオンライン取引サービスを提供しています。オンライン上にあるPaypal口座を用いてバーチャルマネーを取引します。さらに、Paypalに対応した店舗では、Paypalを利用した決済が可能です。

paypal

引用:https://www.paypal.com/bw/home

オンライン取引が、手数料なく簡単にできることがPaypalの利点です。ところが、全ての取引がバーチャルで行われる上、口座や持っている資産もオンライン上にあるために、現金でしか決済ができない場合などでは全く使えません。さらに、銀行口座と紐づいているため、現金を毎回送金しなければなりません。Paypalはオンラインでできることは多岐にわたるのにも関わらず、現金ありきの体制が大元であるために不便さが拭えないのが欠点です。

今回のWalmartとの連携では、オンラインでの取引に固執することなく、現金にまで利用の幅を広げることで、さらなるサービスの拡大を期待することができます。

Walmartは、どんなサービスを提供している?

Paypalと連携して、現金を使った取引を可能にしたWalmartは、様々な業界にサービスを提供する会社です。有名なのはスーパーマーケットを経営する企業としてのWalmartですが、金融取引斡旋機関としても有名で、多くの企業がWalmartを経由しての取引を展開しています。

walmartロゴ

引用:https://grocery.walmart.com/

アメリカを中心に事業を展開している会社で、日本にもWalmartは進出しています。安くて手軽なスーパーマーケット「SEIYU」が、Wakmart系列なのは有名です。Walmartが発行する、SEIYUで使えばお得になるクレジットカードもあります。

そんなWalmartはアメリカ国内の各地にWalmartストアと呼ばれるブランチを持っています。今回のPaypalとの連携では、そのWakmartをフルに活用して、2億人もいるPaypalユーザーを巻き込みたい狙いがあります。

PaypalとWalmartの連携は、双方にとってメリットの大きいサービスに発展することが期待されています。社会のキャッシュレス化が進んでいる現在、現金とオンラインクレジットの両方を活用することが大切になってくる可能性があります。

気になるクレジットカードを比較してみましょう。
コード決済も対応。

クレジットカードは、カードごとに様々なポイント還元率や年会費が設定されています。

また、ポイント還元率・年会費だけではない、海外旅行保険の付帯やショッピング保険、家族カード、ETCカードといった、日々を少し安心させてくれる様々な付帯サービスが付随しています。よく車に乗る人ならETCカード、海外旅行に行くことになったら海外旅行保険の自動付帯、自分のライフスタイルに合ったカード探しが必要です。

AI-Creditでは簡単に比較ができるページをご用意しました。

また、最新のコード決済も比較ができます。ポイント還元率に注目がいきがちですが、コード決済は「クレジットカードとセットで利用」してお得を最大化できます。 どのコード決済にどのクレジットカード登録が最適なのか、わかりやすく比較できます

詳しくは以下からご覧になってください。

AI-Creditクレジットカード比較サイト