更新日:2019.01.04

Apple Payブランドのクレカイメージ画像
The Wall Street Journalによると米Appleは「Apple Pay」ブランドのクレジットカードを2019年初旬にも発表する可能性があると報じました。

これまでAppleは「Barclaycard Visa with Apple Rewards」というクレジットカードを英のバークレイズと提携して発行していました。今回新たに米のゴールドマン・サックスと提携して新しいクレジットカードを発行します。

ゴールドマン・サックスは投資銀行なのですが、消費者向けのクレジットサービスへの進出を強化しており、AppleもApple Payをはじめ消費者向けの決済サービスを伸ばしていることから両社の思惑が合致しました。

現在モバイル決済サービスは世界的にも急成長の分野で、日本でもLINEや楽天、docomoなどいろいろな企業が次々に参入を発表しています。
日本政府は日本のキャッシュレス決済比率を現在の20%から2025年まで2倍の40%まで高める目標を立てています。

iPhoneによって日本の携帯電話がガラケーからスマホに一気に移行したように、もしかしたらAppleが新たに発行する「Apple Payカード」が日本の「キャッシュレス決済」比率40%達成の切り札になるかもしれません。

編集局としては、Appleには「リキッドメタル製」クレジットカードのような夢のあるクレジットカードが作って欲しいと願っています。

Apple Payに登録して最もお得になるのはAppleのクレジットカードかもしれませんね!

現時点でApple Payに登録するクレジットカードのおすすめは「ビックカメラSuicaカード」です。

1年に1回でも利用すれば翌年も年会費無料のこのカード。Suicaにチャージでポイントが貯まる点やJR東日本の定期購入でポイントが貯まるのがメリットです。

公式サイトはこちらから。
公式サイトで確認する

 
・楽天カードの概要とポイント

項目 詳細
ひとことでポイントは? 最強のサブカード!楽天スーパーセールを利用せよ!
申込資格 満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)、高校生を除く
年会費 永年無料
家族カード 発行費用・年会費永年無料、5枚まで
ETCカード 年会費540円(税込)、ダイヤモンド・プラチナ会員は初年度無料
貯まるポイント 楽天スーパーポイント
基本ポイント還元率 1.0%(税込100円につき1円分)
特約店ポイント還元率 ENEOSで2.0%
ボーナスポイント SPUによって楽天市場の利用が常にポイントが3倍、楽天サービスでポイント2倍以上も多数
ポイント有効期限 最後にポイントを獲得した月を含めた1年間。 期間内に1度でもポイントを獲得すれば有効期限は延長。
ポイント・マイルの移行 ANAマイレージに交換可能(50ポイント以上から交換可能、楽天ポイント2ポイントに対してANAマイルが1マイル)
ポイント交換先 楽天Edy、ANAマイル
楽天PointClubランク シルバーからダイヤモンドまで利用に応じて特典あり、ダイヤモンド会員は誕生日月に700ポイント
電子マネーチャージ 楽天Edyにチャージで200円ごとに1ポイント付与(0.5%、オートチャージ時も同様)、200円利用で1ポイント付与(0.5%)
海外旅行障害保険 利用付帯(出国前の楽天カード決済)
国内旅行障害保険 なし
その他保険 カード盗難保険、カード利用お知らせメール
国際ブランド VISA/Mastercard/JCB
その他注目のポイント 新規入会・利用で楽天ポイントが数千円分のポイントがもらえる

 

>>参考記事:iPhoneを機種変更・買い換えたときSuicaやApple Payってどうするの?

自分に合ったクレジットカード探しに
「クレカ診断」

いかがでしたでしょうか?
ライフスタイルに合わせたクレジットカード選びがお得に生活をするポイントになります。

クレジットカードを利用すると日々のお得に気づきます。クレジットカードを利用することで様々な家計簿アプリで自動に出費管理がしやすくなりますので、「使いすぎがこわい」という人には返って日々の出費チェックもしやすくなります。何も考えずに現金を使っていたことを後悔することもあります。出費をしっかりと管理すればクレジットカードは強い味方です。

ただ、クレジットカードは発行会社が無数にあり、どれが自分に最適か調べるのも困難です。情報は日々更新され、新しいクレジットカードも毎年発行されています。

AI-Creditではあなたのライフスタイルを元に、最適な決済方法・クレジットカードをご提案します。 簡単クレジットカード診断を受けてみましょう。