Apple WatchでApple Payを使う方法・便利な使い方

Apple Watchとは、Appleから2015年4月24日に発売された腕時計型ウェアラブルコンピュータです。
通話はもちろんのこと、地図や音楽機能などにも対応しています。

Apple WatchはApple Payにも対応しており、これが便利だと話題を呼んでいます。
Apple WatchでApple Payを利用すれば腕をかざすだけなのでお会計がよりスマートになります。

では、Apple WatchでApple Payを使うにはどのように使うのか設定方法や便利な使い方などをご紹介します。

 

Apple WatchのApple Pay設定方法

Apple WatchのApple Pay設定方法

iPhone 7、7 PlusがApple Payに対応するようになり、店舗や交通機関での支払いが便利になりました。

新型iPhoneに乗り換えた人へ!「Apple Pay」メリット、デメリットは?

このApple PayはApple Watchでも使えるのです。

では、Apple WatchにApple Payを登録する方法をご紹介していきます。
まず、ご自身のお持ちのiPhoneで Apple Watch Appを開き、「マイウォッチ」タブを表示します。

次に、「Wallet と Apple Pay」をタップします。

まだカード登録をしていない方は、「カードを追加」を行いましょう。「カード追加」をタップしてカードのセキュリティコードを入力すると、そのカードがApple Pay で使用できるか判断されます。

Apple Watch

引用:https://support.apple.com/

カード登録が完了したら「Wallet と Apple Pay」に戻り、表示されたカードをタップするだけでApple Payを使えるようになります。

>(参考)Apple公式サイト

どのクレジットカードを登録するかはこちらの記事も参考にしてください。

Apple PayにSuicaを登録!どのクレジットカードがお得?

 

Apple WatchはiPhoneよりも使いやすい?

Apple WatchはiPhoneよりも使いやすい?

かざすだけでお会計が済むのだからiPhoneでもApple Watchでも変わらないのではないか。と思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、実際にApple PayをiPhoneとApple Watch両方から使用した方は、iPhoneよりもApple Watchの方が使いやすいという声が多いようです。

その理由のひとつに、支払い時のロック解除が簡単な点があります。iPhone7は、Touch IDによる指紋認証が必要となりますが、Apple Watchは、サイドボタンを素早く2回押してロックを解除をするだけで利用可能です。

また、袖に隠れている状態でも、大丈夫なので冬でも手間なく利用できるでしょう。腕につけているので、iPhoneをカバンの中から探すような手間もなく、スムーズな動きができます。

 

iPhoneがない場所でも使うことができる?

iPhoneがない場所でも使うことができる?

時には、iPhoneを家に忘れてしまったり、外出先で電池が切れてしまうこともありますよね。iPhoneがない状態ではSuicaにチャージすることもできません。

しかし、iPhoneがない状態でも、iPhoneと一緒に接続したことがあるWi-Fiを利用すればApple Watchのみでもネットワークを利用することができます。その場合は、Suicaにチャージすることも可能です。また、Apple Watchでは電池の持ちが長いことも魅力のひとつです。

iPhoneのバッテリーがなくなってしまって困った経験がある方も少なくないはずです。そんな時はApple Watchがあると安心ですね。

 

まとめ

Apple WatchでApple Payを使用するには、とくに難しい操作なども必要なく、簡単に利用できることがわかりました。また、ロック操作が簡単であり、腕につけて袖が隠れていても使用できる、電池の持ちもいいのでiPhoneユーザーにとって欠かせないアイテムになるかもしれません。利便性があるApple Watch、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

スタバカードにチャージで5%超えも夢じゃないおすすめクレジットカード

コード決済・クレジットカードの新着記事

AI-Creditのおすすめのテーマ