更新日:2017.10.04

セディナカードは、(株)セディナが発行するクレジットカードです。元々がダイエー傘下のOMCカードだったため、ダイエー、イオン、マルエツ、またイトーヨーカドー、セブンイレブンでの利用で常にポイントが3倍付与されるなど、「流通系クレジットカード」としての強みがあるのが特徴です。

今回は、セディナカードで注目のクラシック・Jiyu!da!・ファースト・プラチナの4つのカードを比較したいと思います。

 

セディナカードの特徴

まずは、年会費無料の標準プロパーカードである「セディナカード」についてご説明します。

 

  • 年会費無料
  • イトーヨーカドー・セブンイレブンでの利用で5%
  • 入会3ヶ月間はどこで利用してもポイント3倍
  • 前年度の利用額に応じてポイント還元率が変動する
  • セディナビ経由のお買い物で最大20倍のポイント
  • 最高50万円のショッピング保険付帯

通常のポイント還元率は0.5%ですが、イトーヨーカドー、セブンイレブンで利用すると、常に3倍のポイントがつきます。また会員限定の「セディナビ」を経由してショッピングすると、最大20倍のポイントが付与され、ポイントがざくざく貯まります。ポイントは1,000ポイントから交換でき、1ポイント1円でAmazonギフト券やnanacoのポイントなどと交換することができます。ポイントの有効期限は2年間と比較的短いので、ポイントが貯まったら早めにギフト交換してしまいましょう。日常のお買い物でカードを使用したい方にオススメしたい一枚ですね。

このカードを基準に他のカードと比較していきたいと思います。

 

セディナカードクラシック

年会費は1,080円(税込)ですが、最大のメリットは、イトーヨーカドー・セブンイレブンだけでなく、イオン・ダイエーグループなどでもポイントが常に3倍になります。また、マルエツでのお買い物も第2・第4日曜日は5%割引となります。

セディナカードとの大きな違いは、1,000万円まで保証してくれる海外旅行障害保険など補償のしっかりしたカードであることです。旅行に頻繁に行く方なら、こちらのカードを一枚持っておくと安心ですね。

 

セディナカードJiyu!da!

毎月の支払金額・支払い方法を自由に設定できるリボ払い専用のカードです。年会費無料ですが、わくわくポイントでダイエーやイオン、イトーヨーカドーなどでポイントが3倍、マルエツでの5%OFF優待、ショッピング保険最高50万円付帯、国内旅行障害保険1000万円まで補償など、年会費無料とは思えない特典です。

リボ払いと聞くと、手数料が嫌だと思う方もいますよね。そんな方は、カードの支払金額を引き上げてください。毎月の支払金額上限までの利用なら一括払いとされ、手数料もかかりません。年会費無料で、セディナカード以上の特典を受けることができます。

 

セディナカードファースト

18歳〜25歳限定のカードです。基本的な特典はセディナカードと同じですが、海外・国内旅行障害保険がついています。

年会費は、初年度無料、2年目以降は前年のカード利用回数1回以上で無料になります。セブンイレブン・イトーヨーカドー・ダイエー・イオンなどの利用でポイント3倍で、ポイントが貯まりやすい点は同じです。若者向けのカードですが、しっかりと補償もされているので、初めて持つカードにオススメしたい一枚です。

 

セディナカードプラチナ

引用:http://card-professor.jp/cedyna-platinum-card/

招待制で、満足度の高いステータスのあるカードです。年会費32,400円(税込)で、他社のプラチナカードよりは安いですが豊富な特典が付帯されています。空港VIPラウンジが利用できるプライオリティパス、最高1億円の海外・国内旅行傷害保険など最高クラスの特典が付帯されています。キャラクターデザインをデザインしたプラチナカードは日本初で、女性にもオススメしたいカードです。

 

セディナカードのまとめ

日常のお買い物だけで十分という方はセディナカードを、さらに海外旅行が多い方はセディナクラシックを、若者にはセディナファースト、リボ払いとしても利用したいならJiyu!da!を、紹介制ですが、入会するチャンスがあればプラチナを選んでみてはいかがでしょうか?自分に合ったカードを見つけてお得にカードライフを楽しんでください。

お申込み公式サイトへ

お得な日を見逃さないように
「AI-Credit」アプリ

お店のお得な日を見逃したくない方は、アプリ「AI-Credit」をご利用ください。お得な日をカレンダー上で確認できます。AI-Creditでは、あなたにとってお得な日をお知らせします。