更新日:2018.11.22

全国のマツモトキヨシ1,600店でAlipay導入開始!中国人利用者がターゲットか

全国に展開するドラッグストアチェーンの「マツモトキヨシ」は、中国のモバイル決済「Alipay」の導入を決定しました。導入店舗は全国の店舗、なんと1,600店舗です。

マツモトキヨシ店舗情報

引用:http://www.matsumotokiyoshi-hd.co.jp/

増え続ける中国人観光客に大人気の日本の薬用品を販売するマツモトキヨシでは、インバウンド対策としてAlipayを導入し、中国人利用者のさらなる利用を目指しています。

Alipayを導入した狙いは?

Alipayは、中国全土で利用者が増えているモバイル決済サービスです。中国でのアクティブユーザー7億人を抱え、大都市を中心に急速に普及が広まっています。

alipayロゴ

引用:https://twitter.com/alipay

このロゴをみたことはありませんか?

これはAlipayのロゴです。日本の飲食店やアパレル店など、様々な店舗でもAlipayのロゴを見ることができるようになっていますね。多くの店舗が中国人利用者をターゲットに、Alipayを導入していることがわかります。

マツモトキヨシグループを運営する株式会社マツモトキヨシホールディングスによると、海外から日本を訪れる外国人観光客は2,869万人(2017年)と、10年前から3.4倍に増えています。さらに、そのうちの26%が中国からの観光客であることから、中国人観光客を全面的にターゲットにした戦略を打ち出しました。

訪日中国人の中では、現金を持たずに出歩く人も多くなっています。そんな中、キャッシュレスでの決済の必要性が急務になっており、キャッシュレス決済の普及を推し進める結果になっています。

AlipayはPayPayとの連携も発表したばかりです。オリンピックシーズンに向けて、一層の利用可能店舗拡大が見込まれます。

PayPayとAlipayが提携開始!PayPay利用が可能な店舗は?

ファミマで使えるコード決済は?使えないコード決済はある?

自分に合ったクレジットカード探しに
「クレカ診断」

いかがでしたでしょうか?
ライフスタイルに合わせたクレジットカード選びがお得に生活をするポイントになります。

クレジットカードを利用すると日々のお得に気づきます。クレジットカードを利用することで様々な家計簿アプリで自動に出費管理がしやすくなりますので、「使いすぎがこわい」という人には返って日々の出費チェックもしやすくなります。何も考えずに現金を使っていたことを後悔することもあります。出費をしっかりと管理すればクレジットカードは強い味方です。

ただ、クレジットカードは発行会社が無数にあり、どれが自分に最適か調べるのも困難です。情報は日々更新され、新しいクレジットカードも毎年発行されています。

AI-Creditではあなたのライフスタイルを元に、最適な決済方法・クレジットカードをご提案します。 簡単クレジットカード診断を受けてみましょう。