更新日:2019.05.05

効率よくマイルを貯めれば、航空券に交換して無料で旅行することができます。

通常、マイルは飛行機に乗ることで貯まりますがそれ以外の方法で貯めることもできます。

今回は飛行機に乗らずにマイルを貯める方法についてご紹介します。

ポイントは、

  • クレジットカードをJALかANAで選ぶこと
  • 特約店を少し意識すること
  • 現金を使わず、ひたすらそのクレカを使い続ける

ことです。

一番大事なことは、最後の「ひたすらそのクレカを使い続ける」ことです。

何があってもクレジットカードで支払えるように頭に入れておくことがコツです。

1.現金払いをやめてクレジットカード払いをしよう

スーパーやコンビニ、公共料金の支払いなど、普段現金払いしているシーンでクレジットカード決済すると使った金額に応じてマイルを貯めることができます。

クレジットカード利用でマイルが貯まるワケ

ショッピングイメージ画像

クレジットカードの中にはマイルが貯まりやすいカードがあります。コンビニやデパートでの買い物、公共料金の支払いなどでクレジットカード決済するとポイントの代わりにマイルが付与されるので、飛行機に一切乗らなくても貯まります。

無料で旅行に行けるほどマイルを貯めるには、貯めるマイルをJALまたはANAのいずれかに決めましょう。マイルには3年という有効期限があり、両方を貯めようとすると中途半端にしか貯められず、期限内に航空券と引き換えることができなくなります。どちらかに絞って集中的にカード利用したほうが、効率よく貯められます。

マイルが貯まりやすいクレジットカード

▼JALカード

JALカード券面画像(引用)

引用:https://jalcard.jal.co.jp/

JALマイルを貯めたい人向けのクレジットカードです。

普通カード、CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、プラチナの4種類があります。

普通カードは入会後1年間の年会費が無料で、まずは試しに作ってみたい方におすすめです。

カード利用額200円につき1マイル付与され、日用品の購入やネットショッピング、公共料金などの支払いで月10万円カード決済すると1年間で6,000マイル貯まります。6,000マイルが貯まると、「どこかへマイル」というJALが勝手に旅行地を決めてくれるプランへ申込みが可能になります。ずぼらな人は旅行地を決めるのも一苦労です。とにかくどこかへ行きたい人にはおすすめです。

JALどこかにマイルイメージ画像(引用)

引用:https://www.jal.co.jp/jmb/dokokani/index.html

▼ANAカード

ANAカード券面画像

ANAマイルを貯めたい人向けのクレジットカードです。

一般カード、交通系IC一体型カード、ワイドカード、ゴールドカード、プレミアムなど種類が多く、複数のクレジットカード会社が発行しています。

一般カードは初年度年会費無料で、カード利用金額1,000円で5マイル貯まります。

2.特約店を利用すればマイルが貯まりやすい

日々のお買い物を現金払いからクレジットカード払いにするだけでもマイルが貯まりますが、もっと効率よく貯めたいなら特約店を利用しましょう。

JALカード、ANAカード提携の特約店で買い物をすると、通常の1.5~2倍ポイントがアップします。

JALカードの特約店

JALカード特約店一覧画像(引用)

引用:https://www.jal.co.jp/jmb/partner/beginner/

全国にある約52,000店舗が対象で、買い物や外食、旅行、健康、医療など様々なジャンルの店がそろっています。

なかでもおすすめなのが総合スーパーのイオンとコンビニのファミリーマートです。イオンは全国に約600店舗あり、商品購入代金に応じて200円で2マイル貯まります。ファミリーマートもイオンと同じく200円で2マイルつきます。通常と比べて2倍マイルが貯まるので、イオンやファミリーマートをよく利用する人はJALマイルを集中的に貯めましょう。

その他、ENEOS・エッソ・モービル・ゼネラル、ディノスオンラインショップ、デジタル家電専門店ノジマ、紀伊國屋書店、マツモトキヨシ、ハックドラッグでも2倍のマイルが貯まります。

JALカードを利用するとJALマイルが2倍貯まる特約店にスターバックスが2019年3月から追加されました。普段、スターバックスをよく利用する人は普段の利用でJALマイルを貯めるチャンスです。

ANAカードの特約店

ANAカードマイルプラス加盟店に登録されている店舗を利用すると、100円または200円で1ポイントが貯まります。
スーパーやコンビニ、ドラッグストア、百貨店、レストラン、インテリア、エンターテインメントなど多種多様な店舗が特約店としてラインナップしています。

利用頻度の高い店としておすすめなのが、コンビニのセブンイレブンです。200円につき1マイル付与されるので、セブンイレブンによく行く人はANAマイルを貯めましょう。

その他、百貨店の大丸・松坂屋、高島屋では200円で1マイル、阪急百貨店、マツモトキヨシ、スターバックスは100円または200円で1マイルつきます。ANAマイレージモールや店舗の公式サイトを経由してお買い物をすると100円で1マイル貯まる店舗もあり、通常の2倍ポイントが貯まります。

3.「JALカードショッピングマイル・プレミアム」でポイントアップしよう

JALマイルを貯めるなら、「JALカードショッピングマイル・プレミアム」に入会するとカード利用額に応じて付与されるマイルが2倍にアップします。

通常、カード利用額200円につき1マイル貯まりますが、入会後は100円で1マイル貯まります。普段の買い物や公共料金の支払いなどでもマイルが2倍になり、月10万円分カード決済している場合一ヶ月で1,000マイルも付与されます。さらにJAL特約店を利用すると通常のショッピングマイルと特約店利用マイルの両方が貯まり、ポイントは最大4倍になります。

「JALカードショッピングマイル・プレミアム」の年会費は3,240円(税込)で、クレジットカードの申込とは別に入会手続きが必要です。

まとめ:効率よくマイルを貯めて旅行に行こう

マイルで旅行のイメージ写真

JALやANAのマイルは、毎日の買い物や公共料金の支払いをクレジットカード払いにするだけで貯まります。今まで現金払いにしていた方は、この機会にマイルが貯まりやすいクレジットカードに入会し賢くマイルを貯めましょう。貯まったマイルを往復航空券に交換することで無料で旅に出かけられますよ。

【2019年】JALマイルを貯める方法・クレジットカード選び(陸マイラー向け)

【2019年】ANAマイルを貯める方法・クレジットカード選び(陸マイラー向け)

AI-Creditのコード決済比較サービスも参考にしてください。
https://www.ai-credit.com/db/

自分に合ったクレジットカード探しに
「クレカ診断」

いかがでしたでしょうか?
ライフスタイルに合わせたクレジットカード選びがお得に生活をするポイントになります。

クレジットカードを利用すると日々のお得に気づきます。クレジットカードを利用することで様々な家計簿アプリで自動に出費管理がしやすくなりますので、「使いすぎがこわい」という人には返って日々の出費チェックもしやすくなります。何も考えずに現金を使っていたことを後悔することもあります。出費をしっかりと管理すればクレジットカードは強い味方です。

ただ、クレジットカードは発行会社が無数にあり、どれが自分に最適か調べるのも困難です。情報は日々更新され、新しいクレジットカードも毎年発行されています。

AI-Creditではあなたのライフスタイルを元に、最適な決済方法・クレジットカードをご提案します。 簡単クレジットカード診断を受けてみましょう。