アプリではお得なキャンペーンをお知らせします

リクルートポイントのdポイント交換ルート

公開日:

更新日:

リクルートポイントのdポイント交換ルート

2021年春から、リクルートのサービスでdポイントがたまるようになることはご存じですか?
リクルートIDでログインした後にリクルートのウェブサービスを使うと、dポイントがたまるようになるんです。

現在、その先行イベントとして「来年、リクルートでdポイントはじまる!」キャンペーンを実施中。
第1弾はすでに終了していますが、今後も同様のキャンペーンが第4弾まで予定されています。

この記事では、すでに終了したものも含めて「来年、リクルートでdポイントはじまる!」キャンペーンを詳しく解説。

さらに、リクルートのdポイント導入についての詳細とリクルートカードとdポイントの関係性についても詳しくお伝えしていきます。

ぜひ、ご一読ください!

リクルートの共通ポイントサービスに「dポイント」が仲間入り

リクルート・dポイント

では、ここからは今回リクルートのサービスに導入されるdポイントについて、詳細な情報をお伝えしていきます。

これまでリクルートでは、リクルートグループのサービス共通のポイントとして「Pontaポイント」を導入していました。

しかし、2020年1月末にNTTドコモとリクルートが「dポイント」を中心としたサービス業務提携を発表。

これにより、Pontaポイントに加えて新たにdポイントがリクルートのサービスに導入されます。

現時点では「リクルートグループの12のWebサービスでたまる・つかえる」と発表済み。
その中でも主な対象サービスとして挙げられているのは以下の9つです。

リクルート dポイント対象予定Webサービス
じゃらん(国内旅行/海外旅行) じゃらんゴルフ(ゴルフ)
ホットペッパーグルメ (グルメ) ホットペッパービューティー(美容)
ホットペッパービューティー(美容医療) ポンパレモール(通販)
人間ドックのここカラダ(医療) リクルートかんたん支払い (支払いサービス)
ゼクシィ内祝い(ギフト通販)

これらのサービスをリクルートIDでログインして利用すると、ためるポイントを「Pontaポイント」と「dポイント」から選択できるようになります。

導入時期は「2020年度第3四半期を目処に」とされていましたが、少し遅れて「2021年第1四半期(1〜3月)」を目処に導入予定となりました。

Pontaポイントとdポイントの相互交換は2020年9月末に終了

ポンタ、dポイント

dポイント導入でリクルートサービスの利用に期待が高まっていますが、一方でPontaポイントにも変化が出ています。

多くのユーザーに重宝されていた「Pontaポイントとdポイントの相互交換サービス」が2020年9月末に終了。

Pontaポイントとdポイントの相互交換終了により、かつて可能だった

【リクルートポイント→Pontaポイント→dポイント】

という交換ルートも現在封鎖されています。

今後dポイントを堅実にためていく方法は、別記事でご紹介していますのでぜひ参考にしてください。

リクルートポイントからdポイントに交換できる可能性アリ!

リクルートポイントからdポイント!?

「リクルートIDでのdポイント導入」と「Pontaポイントとdポイントの相互交換終了」の関連性は定かではありません。

SNS上ではPontaポイントをdポイントに交換してd払い、dポイント投資等で活用していた方を中心に、相互交換終了を惜しむ多くの声が見受けられました。

しかし一方で、Pontaポイントとdポイントの相互交換終了の裏には「リクルートポイント→dポイント」という交換ルート誕生の可能性が秘められているんです!

Twitter上では、リクルート公式に問い合わせて「リクルートポイント→dポイントへ交換可能な見込み」と返答を実際にもらった方も。

当ルートが実現したら、かつてPontaポイントを経由していたdポイント交換ルートよりも簡単にリクルートポイントをdポイントに交換できます。

リクルートカードで実質dポイント1.2%還元の可能性!

リクルートカードで1.2%dポイント

さて、大いに実現の可能性がある「リクルートポイント→dポイント」の交換ルート。

このルートが使用可能になれば、還元率1.2%のリクルートカードは実質dポイントが1.2%たまるカードということになります。

となると、リクルートカードはドコモ公式のdカード以上にdポイントがたまるカードになるかもしれません!

公式からの正式発表はまだありませんが、問い合わせで公式から「交換可能見込み」と返答をもらった方がいるほどです。十分に実現が期待できます。

普段のカード利用でdポイントザクザクためたい方は、今のうちにリクルートカードを発行して準備しておくのも良いですね。

リクルートカードについては、ぜひこちらの記事も参考にしてください。

まとめ

この記事では、2021年春導入予定の「リクルートとdポイントの連携」についてと、それに伴った先行キャンペーンの詳細をお伝えしてきました。

リクルートポイント→dポイントの交換ルート開通の可能性については仮説の段階ですが、

  • リクルートポイントからPontaポイントは交換可能
  • Pontaポイントからdポイントへの交換ルートは封鎖

以上の事実を踏まえても、リクルートポイントをdポイントに交換できる可能性はとても高いと考えられます。

リクルートカードが実質dポイント1.2%還元になる日も、そう遠くはありません。

今後、正式な発表を期待して待ちましょう!AI-Creditでも随時最新情報を発信していきます。

この記事のライター:満畑ペチカ/Webライター

満畑ペチカ/Webライター

満畑ペチカ/Webライター

Webライター

楽天経済圏を中心に、無理せずおトクになる生活を心がけるフリーWebライター。外食費はほとんど楽天ポイントでまかなっています!おトクな情報を、丁寧にわかりやすくお伝えして行きます。AIクレジット株式会社ライター。

AI-Creditのおすすめのテーマ