アプリではお得なキャンペーンをお知らせします

【スターバックスアプリ】ポイント・クーポンを解説

公開日:

更新日:

【スターバックスアプリ】ポイント・クーポンを解説

毎日通っても飽きないほど、魅力的でおいしそうなメニューが多いスターバックス。

しかし値段がやや高くて、頻繁に利用するのはなかなか難しくありませんか?

実は、スターバックスを誰でもお得に利用する方法があります。それがスターバックス公式アプリです。

スターバックス公式アプリを使うと、ポイント還元を受けながら、お得にドリンクやフードを楽しめるんですよ。

この記事では、スターバックス公式アプリのポイントやクーポンを紹介します。

5.5%還元を実現する方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

スターバックスのクーポンはなかなか配布されていない

スターバックスのクーポンはなかなか配布されていない イメージ画像

まず大前提として、スターバックスのクーポンが配布されることは、あまりありません。

アプリやWebサイト、SNSなどをチェックしても、クーポンの配布はおこなわれていませんでした。

クーポンが配布されても、使えるのはスターバックス会員限定で、配布のタイミングも不定期。

クーポンを利用できるタイミングはとても少ないため、スターバックスをお得に楽しむなら、ポイント還元を狙うのがおすすめです。

スターバックス公式アプリのお得で便利な機能

スターバックス公式アプリには、ポイントでお得になる機能や便利な機能が用意されています。

なお、各機能をすべて使うためには、会員登録が必要です。
店舗に訪れる前に、あらかじめ会員登録や各種設定を済ませておきましょう。

デジタルスターバックスカードが使える

デジタルスターバックスカード イメージ画像

「スターバックスカード」は、スターバックスで使える独自のプリペイドカード。
店頭やオンラインストアで購入できますが、カードを利用したいだけであれば、購入は不要です。

公式アプリ内で手続きをおこなえば、初回チャージなしでデジタルスターバックスカードを発行できます。

なおカードを購入した場合も、アプリにカードを登録すれば、デジタルスターバックスカードと同じように利用できますよ。

チャージはアプリや公式サイトからいつでも可能。

ホームページの場合はクレジットカードかキャリア決済、アプリの場合はクレジットカードかApple Pay(iOSのみ)で支払い可能です。

ポイント(スター)がたまる

スターバックス アプリ
ポイント(スター)が貯まる 

Web登録したスターバックスカード、もしくはアプリで発行したスターバックスカードを支払いに使うと、スターと呼ばれるポイントがたまります。

スターの付与は、購入金額54円(税込)ごとに1つ

単純に支払いに使えるポイントではないため、仕組みがやや複雑です。
スターバックスのポイント制度については、のちほど詳しく解説します。

レジ待ち不要!「モバイルオーダー&ペイ」

スターナックス
「モバイルオーダー&ペイ」
紹介画像
引用:https://www.starbucks.co.jp/mobileorder/guide/

スターバックスアプリには、事前にドリンクやフードを注文できる「モバイルオーダー&ペイ」機能があります。

店頭と同じく多くの商品を注文でき、カスタマイズも可能です。

支払いに使えるのは、スターバックスカードのみ。
注文後は店舗へ行き、レジではなく受け取りカウンターで注文したもの受け取りましょう。

さらに見逃せないのが、モバイルオーダー&ペイ限定のドリンク。

2021年7月執筆時点では、店頭メニューにはない「チャイチョコレートフラペチーノ」が販売されていました。

スターバックスのポイント制度「Starbucks Rewards」とは?

スターバックス
ポイント制度「Starbucks Rewards」紹介画像

スターバックスのポイント制度「Starbucks Rewards」。

スターバックスカードで支払った際、54円(税込)ごとに1スターが付与されるシステムです。

ためたスターは、支払いには使えません。
最終的に、756円(税込)*までの商品と交換できる「リワードチケット」に交換して使用します。(*店内飲食の場合は税込770円まで)

スターのため方には2段階あり、各段階でためられるのは「グリーンスター」と「ゴールドスター」です。

1段階目でためるのは、「グリーンスター」250個。
グリーンスターを250個ためると、ようやく「ゴールドスター」をため始められます。

1スター54円(税込)×250個なので、13,500円(税込)相当の支払いがグリーンスター250個の達成です。

2段階目でためるのは「ゴールドスター」150個。

ゴールドスターをため始めてから1年以内に150スター*を獲得すると、最初にご紹介した「リワードチケット」が手に入ります。(*税込8,100円相当)

スターバックス
「グリーンスター」と「ゴールドスター」の説明画像

整理すると、1枚目のリワードチケット獲得までにかかる費用は、以下のとおりです。

  • グリーンスター250個…13,500円(税込)
  • ゴールドスター150個……8,100円(税込)

合計……21,600円(税込)

21,600円(税込)の支払いで756円(税込)のチケットがもらえるので、還元率は3.5%です。

1枚目のリワードチケット獲得以降は、150スター獲得ごとにチケットを1枚もらえるので、還元率はおよそ9.3%になります。

スターバックスカードへのチャージで5.5%還元の最強カード!

スターバックスカードへのチャージで5.5%還元の最強カードJCB CARD W 紹介画像

「Starbucks Rewards」は、スターバックスをたくさん利用する方ほど、お得になるポイント制度といえるでしょう。

しかし、たまにしかスターバックスを利用しない方にとっては、1枚目のリワードチケット獲得するのも大変ですよね。

そこでおすすめするのが、スターバックスカードへお得にチャージする方法です。

実はJCB CARD W」でスターバックスカードにチャージすると、ポイントが通常の10倍付与されることをご存じですか?

スターバックスカードのチャージにJCB CARD Wを使うと、Oki Dokiポイントが10倍、つまり5.5%ポイント還元されるんです。

簡単な手順は以下のとおり。

  1. JCBカードの公式サイトでポイントアップ登録をおこなう
  2. Webもしくはアプリからデジタルスターバックスカードにアクセス
  3. JCB CARD Wを使ってチャージ

利用頻度や金額に関係なく、いつでもお得にスタバを楽しめるおすすめの方法です。

まとめ

スターバックス公式アプリは、

  • スターバックスカード
  • 「モバイルオーダー&ペイ」
  • ポイント制度「Starbucks Rewards」

などを利用できる、お得で便利なアプリです。

スターバックスのクーポンは滅多に配布されません。

いつでもお得にスターバックスを利用したい方は、スターバックスカードの活用がおすすめです。

JCB CARD Wを使えば、いつでも5.5%還元で残高をチャージできます。

JCB CARD Wは年会費が永年無料。
ほかにもお得な特典の多いクレジットカードなので、ぜひ利用してみてくださいね。

この記事のライター:満畑ペチカ/Webライター

満畑ペチカ/Webライター

満畑ペチカ/Webライター

Webライター

楽天経済圏を中心に、無理せずおトクになる生活を心がけるフリーWebライター。外食費はほとんど楽天ポイントでまかなっています!おトクな情報を、丁寧にわかりやすくお伝えして行きます。AIクレジット株式会社ライター。

AI-Creditのおすすめのテーマ