更新日:2019.01.04

高校生でも持てるクレジットカード代わりに「バンドルカード」

バンドルカード券面画像(引用)

引用:https://vandle.jp

バンドルカードとは、VISAプリペイドカードです。アプリをダウンロードして、アプリ上でカードを作るバーチャルプリペイドカードです。実物のカードはありません。(実物のリアルカードも出しましたので後述します)

アプリからの登録は最短1分で完了します。必要な個人情報は電話番号・生年月日・性別のみで、電話番号認証が完了すれば利用可能です。

プリペイドカードですので、基本的には事前にチャージをしなければ利用できません。(後払い型のチャージも上限20,000円で機能追加されましたので後述します)

VISAプリペイドカードは、クレジットカード同様にVISAのクレカが利用可能なところで、ネットショッピングやスマートフォンゲームの課金に利用できます。ただ、個別にバンドルカードでの支払いをブロックしている店舗もありますので、後ほど紹介します。
通常のクレジットカードの発行は「高校生不可」という申込資格がほとんどです。高校生はこのプリペイドカードをクレジットカード代わりに利用して有料インターネットサービスを利用できます。

チャージ式を利用すれば手持ちの金額以上に利用することはないでしょう。使い過ぎれば手持ちのお金はなくなるかもしれませんが、借金・負債を背負うようなことはありません。クレジットカードに抱かれるような「使いすぎの不安」はありません。

公式サイトを確認する

バンドルカードのポイント還元率

バンドルカードは、利用金額に対してのポイント還元はありません。

ただ、チャージ方法には「クレジットカードでチャージ」があり、クレジットカードでチャージをすれば、クレジットカードのポイントが利用カードに付与されます。

10代の方はクレジットカードを持っていないので、利用金額に対してポイント還元を得るのは難しいですが、10代向けサービス特有の「Twitterで利用を呟くとポイント付与されるバンドルポイント」があります。

バンドルポイント

バンドルポイントカードイメージ画像(引用)

引用:https://vandle.ambassador.jp

バンドルポイントはバンドルカードのオリジナルポイントです。

バンドルカードで買ったものをTwitterやInstagramにアップするとキャッシュバックや豪華商品が当たります。

金額の大小に関わらず「#バンドルカード」で購入したお店・場所を投稿するとポイントカードにスタンプが貯まり、レベルアップしていきます。レベルによっては最大20,000円のキャッシュバックが毎月抽選で当たります。

チャージではない後払い型の「ポチっと by バンドルカード」

2018年4月にリリースされたこの機能は、事前にチャージをする形ではなく、先にチャージしてチャージ分を翌月末までにコンビニや銀行ATMで支払う形の機能です。

「お金がなくてもお金を使える」タイプであり、このタイプは支払わないと負債となりますので利用は計画的にしてください。

事前チャージと異なり、後払いの手数料がかかりますので「急にお金が必要になった」ということでなければ、事前チャージの方がお得です。

<手数料>

  • 3,000円〜10,000円:手数料500円
  • 11,000円〜20,000円:手数料800円

チャージ単位は1,000円単位で1ヶ月のチャージ最大金額は20,000円までとなります。

バンドルカードの注意点1「未使用だと口座維持費用がかかる」改善により無料に!

2018年7月24日追記:これまで未利用日数に応じて口座維持費用がかかっていたのですが、無料になりました。改善のリリースです。

バンドルカードには注意点が2つあります。1つ目は(解決されましたが)維持費用でした。

バンドルカードは発行費用・年会費は無料です。
余計な費用はかかりませんが、費用がかかる点が2点ありました。

  1. 実物のプラスチックカード発行費用300円(リアル+は発行費用600円)
  2. 120日間未利用の場合、以降30日ごとに口座残高から100円が引かれます。残高がなくなるとカードが停止されます。

未使用の時に残高があると100円ずつ引かれていましたが、この2点目が改善されました。

こちらの記事を参考にしてください。
>>関連記事:【改善】バンドルカードの口座維持費が無料に!未利用でも安心!

バンドルカードの注意点2「一部使えない店舗がある」

バンドルカードはVISAマークのあるお店(加盟店)では利用できると記載しましたが、クレジットカードでは支払い可能な以下の支払いが、バンドルカードでは支払いできません。

  1. ガソリンスタンド
  2. 宿泊施設
  3. 公共料金
  4. 定期支払い・定期購買
  5. 保険料
  6. 高速道路料金
  7. 機内販売
  8. U-NEXT、HULU
  9. トヨタレンタカー
  10. ソフトバンクモバイル
  11. トヨタレンタカー
  12. クックパッド 等

※公式サイトより一部を引用。詳細は公式サイトをご確認してご利用ください。店舗単位で利用制限を加えているケースがあるようです。

ただ、ガソリンスタンド・宿泊施設に関してはバンドルカードの「リアル+」という実物カードを発行すれば利用可能になります。

バンドルカードの実物カード「リアル+」

「バンドルカード」はバーチャルプリペイドカードとしてスタートしましたが、リアル+(プラス)という実物のカードの発行を2017年8月に開始しました。

このリアルカードがあれば、これまで紹介したような注意点をいくつかクリアできます。

  1. 残高の上限が10万円から100万円にアップ
  2. 海外の実店舗でも利用可能
  3. ガソリンスタンド(上限金額は6日で8,000円)、ホテル(上限金額は11日で25,000円)で利用可能になります。

バンドルカードの「リアル+」は実物を発送してもらうサービスになりますので本人確認が必要となります。
本人確認によってクリアできる点があり、上記のようなメリットが生まれます。

本人確認はすべてバンドルアプリ内で完結します。本人確認書類が必要になりますが、免許証や健康保険証、マイナンバーカードの画像をアップロードして審査となります。

バンドルカードの公式サイトはこちらから。
公式サイトを確認する

バンドルカードの利用におすすめの人、ビットコインチャージという選択肢

バンドルカードの利用におすすめの人は、10代の高校生です。

クレジットカードには年会費無料・発行手数料無料でポイント付与されるものが多く存在します。利用店舗の数や付帯サービスを鑑みてもクレジットカード発行が可能な方は、クレジットカードを利用するメリットの方が大きいです。

ただ、18歳以上の方でバンドルカードを選ぶメリットを挙げると「ビットコイン(Coincheck)」でチャージが可能な点です。この点はクレジットカードにはない機能です。この点で、クレジットカードとは別で利用カードの一つとして持っておくといいでしょう。

バンドルカードの公式サイトはこちらから。
公式サイトを確認する

気になるクレジットカードを比較してみましょう。
コード決済も対応。

クレジットカードは、カードごとに様々なポイント還元率や年会費が設定されています。

また、ポイント還元率・年会費だけではない、海外旅行保険の付帯やショッピング保険、家族カード、ETCカードといった、日々を少し安心させてくれる様々な付帯サービスが付随しています。よく車に乗る人ならETCカード、海外旅行に行くことになったら海外旅行保険の自動付帯、自分のライフスタイルに合ったカード探しが必要です。

AI-Creditでは簡単に比較ができるページをご用意しました。

また、最新のコード決済も比較ができます。ポイント還元率に注目がいきがちですが、コード決済は「クレジットカードとセットで利用」してお得を最大化できます。 どのコード決済にどのクレジットカード登録が最適なのか、わかりやすく比較できます

詳しくは以下からご覧になってください。

AI-Creditクレジットカード比較サイト