更新日:2019.01.04

全国各地の電車やバスに乗ることができるSuica。最近では、コンビニや駅ビルなど利用できる店舗が拡大している人気のカードです。

いつも通勤や通学で使っているSuicaにオートチャージするだけで還元率が1.5%になるという、Suicaにクレジットカード機能が付いた「view Suicaカード」のお得な使い方をご紹介します。貯まったポイントは自販機や乗車券に交換できるので、気軽に使い切ることができますよ。

 

「view Suica(ビュー・スイカ)カード」とは

「view Suica(ビュー・スイカ)カード」券面画像

「view Suicaカード」とは、Suicaにチャージしてポイントを貯めることができるクレジットカードです。
国際ブランドはVISA、JCB、マスターカードの3つがあります。年会費は477円(税抜き)、家族カードも同様に477円(税抜)です。ETCカードは年会費477円(税抜き)で利用することができます。

クレジットカードには接触ICカードが搭載されていて、偽造・不正利用防止がされているためセキュリティ機能も安心です。

日々の生活をサポートしてくれるview Suicaカードは、Suica・定期券・クレジットカードを1枚にすることができる便利なカードです。出かけるときに持っていれば、通勤通学時は改札で定期券としてピッ。コンビニや自動販売機ではSuicaとしてピッ。ショッピング時にはクレジットカードとして使えます。view Suicaカードは、キャッシュレスな生活を叶えてくれるカードなのです。

view Suicaカード公式サイトはこちらから。
公式サイトを確認する
 

view Suicaカードは定期とクレジットカードが一体になるのがポイント

view Suicaカードは定期とクレジットカードが一体になるのがポイント

定期券の有効期間は忘れてしまいがち。朝の通勤時間帯に改札を通ろうとして「定期の有効期限が切れていた」なんて失敗は誰でも経験があると思います。しかし、忙しい朝に定期券の継続手続きをしている時間はありません。そんな時にはSuicaに頼ることができます。view Suicaカードは定期券とSuicaが一体になっているので、定期の有効期限が切れてしまった場合でも、Suicaに残金があれば乗車料金をSuicaから引いて乗車ができます。

定期券購入時にクレジットカードを利用してポイントを貯めるのは当然やって欲しいところですが、便利なSuica一体型の定期を持つには、view Suicaカードは必携です。お財布の中もスッキリします。

ポイント還元率

view Suicaカードを利用すると「JRE POINT」が貯まります。JRE POINTは、お買い物1,000円につき5ポイント(約5円)が貯まり、還元率は0.5%です。

JRの定期券を買うならview系のクレジットカードが還元率1.5%

窓口での切符購入・定期券の購入に対してもポイントが貯まります。普段から使う交通機関の費用でポイントが貯まるのは嬉しいですね。

定期購入でポイントを貯めることは他のクレジットカードでも可能ですが、JRでのポイント還元率を最大にするのがview Suicaカードです。

JRの定期券を購入するのであればview系のクレジットカードで購入すると通常の3倍、1,000円につき15ポイント(還元率1.5%)が還元されます。
JRを利用する方は、view Suicaカードはおすすめのクレジットカードです。

【1ポイントいくらなの?】クレカのポイントを円換算してみる

電鉄に合ったクレジットカードを選ぶのがポイントですね。

【路線別まとめ】電車定期券購入におすすめの高還元クレジットカード

オートチャージならポイントがどんどん貯まる!

suicaに常にチャージしているという方は、定期券の更新を忘れてしまった場合や、出かけた際の残高不足の心配はないと思いますが、常にチャージはしていないという方は、オートチャージ機能をあらかじめ設定しておきましょう。オートチャージとはSuicaの残金が設定金額以下になったとき、自動改札にタッチするだけで自動的にチャージ(入金)されるシステムです。残高不足の心配がなくなるだけでも嬉しいシステムですが、オートチャージされるたびに高還元でポイントがどんどん貯まるのも嬉しいポイントです。

view Suicaカードで定期券購入やオートチャージ利用をすると、「ポイント還元率は1.5%」。Suicaへ自動的にチャージしてくれる便利な機能を使うだけで、ポイントが高還元で受け取れる便利でお得な機能です。

年会費を無料にする裏技”web明細ポイントサービスを利用”

view系のクレジットカードは年会費がかかるのがひとつのネックと感じている方もいるのではないでしょうか。
それを解決する裏技がこちらです。

webで利用明細を見る「web明細ポイントサービス」を利用すると明細発行のたびに50ポイントがもらえます。
毎月1回しか発行はできないのですが、年間12回の明細発行で600円相当となります。毎月1円でも利用すれば明細が発行できます。

税込515円の年会費はweb明細ポイントサービス利用でチャラになります。

 

貯まったポイントは1ポイントからSuica(電子マネー)に交換可能

貯まったポイントは1ポイントからSuica(電子マネー)に交換可能

貯まったポイントは1ポイントあたり1円相当のSuica(電子マネー)と交換可能です。1ポイントから交換可能なところが嬉しいところです。交換までに一定のポイント量が必要なポイントとは一線を画しています。

他にも「びゅう商品券」や「ルミネ商品券」、「Suicaのペンギングッズ」に交換することができますが、おすすめは「Suica(電子マネー)」への交換です。

ポイントには「獲得した月から24か月後の月末まで」という有効期限がありますので注意が必要です。

view Suicaカードは日常的に使うので、有効期限がいつなのか分かりにくいこともあります。ポイントはどんどん貯まっていくのに、使うことなく期限が切れてしまってはもったいないですよね。そんな方はSuica(電子マネー)へ交換してしまいましょう。自動販売機やコンビニの買い物で気軽に使えるので、ラッシュ時のホームでも小銭を取り出す手間が無いキャッシュレスな買い物ができます。

公式サイトはこちらで確認できます。
公式サイトを確認する
 

 

 

ビューサンクスポイントは2018年度中にJRE POINTへ統合される予定です。
JRE POINTはこちらから。

JRの新ポイントサービス「JRE POINTカード」を徹底解説!

 

view Suicaカードまとめ

view Suicaカードは、普段の買い物や公共料金の支払いでもポイントが貯まるクレジットカードです。大きな駅を利用している方なら、交通機関乗車代・食事・買い物など1日の生活がview Suicaカードのみで、出来てしまうかもしれませんね。ポイントの使い方も簡単なので、まだ持っていない方はお早めに。

 

 

年会費無料のおすすめクレジットカードベスト10【2018年】

気になるクレジットカードを比較してみましょう。
コード決済も対応。

クレジットカードは、カードごとに様々なポイント還元率や年会費が設定されています。

また、ポイント還元率・年会費だけではない、海外旅行保険の付帯やショッピング保険、家族カード、ETCカードといった、日々を少し安心させてくれる様々な付帯サービスが付随しています。よく車に乗る人ならETCカード、海外旅行に行くことになったら海外旅行保険の自動付帯、自分のライフスタイルに合ったカード探しが必要です。

AI-Creditでは簡単に比較ができるページをご用意しました。

また、最新のコード決済も比較ができます。ポイント還元率に注目がいきがちですが、コード決済は「クレジットカードとセットで利用」してお得を最大化できます。 どのコード決済にどのクレジットカード登録が最適なのか、わかりやすく比較できます

詳しくは以下からご覧になってください。

AI-Creditクレジットカード比較サイト