アプリではお得なキャンペーンをお知らせします

Kyashのリアルカード使いこなし術!発行方法とチャージ方法!使えないときはここをチェック

公開日:

更新日:

スマホで簡単に発行可能なプリペイド式バーチャルカードであるKyashは、アプリ上から申請すればリアルカードと呼ばれる実際のVisaカードを発行できます。

Kyashリアルカードには、バーチャルカードにはないメリットやデメリットが存在します。リアルカードの発行を検討している人が使い方で迷わないためにも、押さえておくべきポイントを解説します。

2020年、まもなくKyashの新カード「Kyash Card」が発行されますが、その前にリアルカードの使い方をマスターしておきましょう。

アプリから申請できる「Kyash Card」はクレカ紐付けOKでポイント2重取り

Kyash

Kyash画像
新Kyash Card VISAプリペイド式
1.0%還元 クレカで支払い設定可
  • ポイント2重取り
  • VISA
ポイント還元率
Kyash Cardは1.0%還元、支払いにクレジットカードを設定すればKyash 1.0%に加えてクレジットカードのポイントも2重取り
年会費
Kyash Cardは発行手数料900円、年会費無料
オススメポイント
クレジットカード代わりに利用可能。貯まったポイントはそのまま1ポイント1円で支払いに当てられます。友達に送金も可能です。
  • 登録できるクレジットカードは国際ブランドがVISA / Mastercardに限ります。JCBのクレジットカードは登録できません。
  • 新しく発行されるKyash CardはICチップ搭載、VISAタッチにも対応、Google Pay対応(QUICPay決済)
  • 支払いに利用できない用途があり、旅行やガソリンは支払いができません。

Kyashとは?

「Kyash」とはキャッシュレス決済サービスの一種で、スマホ上のアプリで利用できるプリペイド式バーチャルカードです。

最大の特徴は、誰でも簡単にスマホひとつでクレジットカードが持てるということ。

一般的なクレジットカードであれば、発行するためにネット上の公式サイトや書面で申し込みを行わなければなりません。また主婦や学生といった収入面の安定性に欠けるユーザーの場合、カード会社の審査に通りづらいという課題もありました。

しかしKyashはプリペイド式バーチャルカードということもあり、審査不要で誰でもすぐにカードの発行可能です。また国際ブランドVisaを採用しているため、リアルカードを発行すると全国のVisa加盟店で手軽にキャッシュレスで買い物をすることもできます。

Kyashのメリットは二重取り!

Kyashはプリペイド式のクレジットカードとなりますが、チャージの方法として、別のクレジットカードからのチャージが可能になります。

チャージする際のクレジットカードのポイントと、Kyashの利用に応じたポイントを利用することで、ポイントの二重取りが可能です。

詳しくはこの記事の後半でも紹介しています。

Kyashは還元率が2%から0.5%〜1.0%に改悪された

2019年10月にキャッシュバック制度の変更がありました。従来は利用分に応じてバーチャルカード、リアルカード問わず2%相当がキャッシュバックされていましたが、変更後は0.5~1%のポイント還元となっています。さらに、4月1日からはリアルカードのポイント還元率は0.5%に下がることも発表されています。

ある意味この還元率の高さが大きなウリとなっていただけに、非常に残念な制度変更とえます。

とはいえまだまだメリットの大きいカードではありますので、積極的に使っていきたいところです。

Kyashリアルカードとは?

Kyashは通常であれば、スマホアプリのみで完結するサービスではありますが、アプリから申し込むことで、実際のクレジットカードである「Kyash Visaカード」が手数料・年会費無料で発行することができます。(まもなく発行費用300円がかかるように変更されます)

バーチャルカードに比べても、様々な点でスペックが異なりますので、バーチャルカードと比較しながら特徴を見ていきましょう。

Kyashリアルカードの特徴とメリット

Kyashにはバーチャルカードとリアルカードの2種類が存在しますが、ユーザーによってはリアルカードのほうがお得になる理由があります。

  リアルカード バーチャルカード
ポイント還元率 1.0%(4月1日から0.5%) 0.5%
利用限度額 5万円/24時間、5万円/回、12万円/月 3万円/24時間、3万円/回、12万円/月
利用可能店舗 実店舗のVisa加盟店 オンラインのVisa加盟店

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

ポイント還元率が1%

Kyashはリアルカードの最初のメリットは、バーチャルカードに比べてポイント還元率が高いことです。

リアルカードのポイント還元率:1%

バーチャルカードのポイント還元率:0.5%

例えば同じ3万円の商品を購入した場合でも、リアルカードかバーチャルカードかで150ポイント分の差が生まれます。

例)30,000円×1%=300ポイントだが、30,000円×0.5%=150ポイント

単純に2倍のポイント還元率ということになります。

(今後は、新カードの「Kyash Card」が1.0%還元、リアルカードが0.5%になりますので、Kyash Cardがお得です。発行費用900円かかりますが、有効期限の切れる前に200,000円以上利用すれば元が取れますので十分にお得になれます)

リアルカードの方が利用限度額が高い

Kyashリアルカードとバーチャルカードの利用限度額には差があり、具体的には下記の通りです。

【利用限度額比較表】

利用限度額 リアルカード バーチャルカード(本人認証済) バーチャルカード
24時間 5万円 3万円 5千円
1回 5万円 3万円 5千円
1ヵ月 12万円 12万円 2万円

このように総じてリアルカードの利用限度額が高いことが分かります。また本人認証が済んでいないKyashバーチャルカードの場合、1回の利用で5,000円までの商品しか購入できません。

本人認証が済んだバーチャルカードでも1回の買い物で30,000円分が限界となりますので、より高額な商品の場合はリアルカードを発行する必要があります。

2020年3月11日追記:新機能追加!アプリでラクラク設定可能に

Kyashアプリがより使いやすくアップデートされました!この変更によって、アプリでより簡単にKyashのカードを管理することができます。主な変更点は以下の2点です。

  1. 決済限度額を「バー」で簡単管理!
  2. カードロックの設定がボタン一つで可能に

リアルカードの決済額は、1回につき5万円、1ヶ月に12万円までです。これらの限度額を上限に、アプリ内で自在に変更することができます。お子さんにKyashのカードを利用し親御さんがアプリで管理している場合などにも利用しやすくなっています。具体的には以下のような画面になります、

Kyashアプリカード設定内容画面

また、Kyashカードが万が一盗難にあった場合にも、即座にKyashカードの利用をロックすることができます。従来のクレジットカードのように、カード会社に電話して止める必要がないため不正利用の被害に遭うリスクが減ります。

全国のVisa加盟店で利用できる

Kyashは国際ブランドのVisaを採用しており、全国のVisa加盟店で利用できます。しかしバーチャルカードとリアルカードでは少しだけ利用可能店舗が異なります。

リアルカード:全国のVisa加盟店の実店舗、オンラインショップ

バーチャルカード:Visa加盟店のオンラインショップのみ

このように「普段の買い物はネット通販だけ」という人ならKyashバーチャルカードでも問題ありませんが、せっかくのキャッシュレスなので実店舗でも使いたいところ。Kyashリアルカードならクレジットカードのように全国のVisa加盟店で利用できるのでおすすめします。

Kyashリアルカードのデメリット

Kyashリアルカードにはさまざまなメリットがあると解説しましたが、もちろんデメリットも存在します。具体的な内容は別記事で紹介しているので参考にしてください。

使う前に押さえたい、Kyash VISAカード(リアルカード)の4つのデメリットを徹底的に考えてみる

Kyashリアルカードの発行方法とチャージ

発行方法

Kyashリアルカードの申し込み方法は非常にシンプルです。

まずKyashアプリをインストールして起動させます。その後申し込みフォームに名前・住所・電話番号・メールアドレスを入力すれば完了です。発行手数料などは必要ありません。

チャージ方法

Kyashリアルカードのチャージ方法は、基本的にバーチャルカードと同じです。

【チャージ方法の種類】
・クレジットカード
・デビットカード
・コンビニ
・セブン銀行ATM
・銀行ATM(ペイジー)

具体的には上記の方法でKyashリアルカードにお金をチャージできます。しかし読者の中には「結局どのチャージ方法が一番おすすめなのか」気になる人も多いはずです。

クレジットカードチャージでポイント2重取り

結論から述べると、Kyashリアルカードへのチャージ方法で最もおすすめなのは圧倒的に「クレジットカード」になります。クレジットカード自体のポイントとKyashポイントの2重取りができるからです。

例えば還元率1%の楽天カードを利用する場合は、1%(楽天カード)+1%(Kyash)=2%のポイント還元率が実現します。

またクレジットカードはチャージ方法自体が簡単で、Kyashアプリを起動し、「お手持ちのカードを登録してチャージ」「自動チャージに設定」「クレジットカード情報入力」の3ステップで完了します。

Visa・Mastercardのクレジットカードとデビットカードなら登録できるので、幅広い種類に対応しているのも魅力的です。

ただし、「ご本人名義のカード」「有効期限内のカード」「利用停止になっていないカード」など、いくつか満たすべき条件があることは覚えておきましょう。

リアルカード発行における注意点

利用には有効化が必要

Kyashリアルカードを利用するためには「有効化」という作業が必要になります。Kyashアプリから「リアルカード有効化」を選択し、カード番号・有効期限・セキュリティコードを入力すれば完了します。

カード番号が変わる

すでにKyashバーチャルカードを利用していた場合は、カード番号が変更になります。ただし、残高やKyashポイント、アカウント情報自体は変わらないので安心してください。

Kyashリアルカードが使えるお店・使えないお店

Kyashリアルカードはオンラインショップのほか、全国のVisa加盟店の実店舗でも使えます。しかし一部店舗や下記の支払いには利用できないので注意が必要です。

【Kyashリアルカードが使えない場合】

・毎月の継続的なお支払いや、自動更新手続き(契約)が発生する加盟店

・一部の月額・継続契約の利用料金のお支払い

・ガソリンスタンドでのお支払い

・高速道路通行料金でのお支払い

・航空会社、航空券予約、購入

・ホテル(ホテル内の店舗)でのお支払い

・レンタカーのご利用料金のお支払い

・各種プリペイド・電子マネーの購入・チャージ代金のお支払い

・nanacoクレジットチャージ/楽天Edy/Vプリカ などへのチャージ

・公共料金/電話料金/衛星放送・CATV視聴料/インターネットプロバイダー利用料/WiMAXサービス利用/新聞購読料(電子版含む)/保険料/レンタルサーバ/ウオーターサーバ定額サービス/通信教育/各種月会費など

参照:Kyash公式サイト「利用可能なお店(実店舗)」

このように日常的な使いそうなシーンでも使えないこともあるのはデメリットと言えるかもしれません。
とはいえ、上記以外のVisa加盟店なら問題なく利用できるので、やはりKyashリアルカードの利便性はかなり高いといえます。

2020年3月追記:編集部では旅行費用をKyashで支払う裏技を発見しました。参考にしてください。

【最強の裏技】Kyashで旅行費用を支払う方法

Kyashリアルカードが使えないときにチェックすること

有効化しているかを確認する

Kyashリアルカードは利用にあたり、有効化が必要になります。カードが実際にお手元に届いたら、アプリから有効化しましょう。

使えないケースでないかを確認する

実際にKyashリアルカードが使えないと気づいた場合、下記のようなケースが考えられます。

【よくあるケース】
・ホテルでの利用
・ガソリンスタンドでの利用
・定期購読系のサービス

例えば旅行先などで訪れたホテルでは、Kyashリアルカードを利用することはできません。またドライブ中にガソリンスタンドで給油しようとしても、クレジットカードのように利用できないので注意してください。

実はこれはKyashだけではなく、プリペイド式のクレジットカードでは同じ様に利用することができません。

このようなケースでクレジットカードが必要な場合は、やはり一般的なクレジットカードに申し込む必要があります。安心の為にも、Kyash以外に複数のクレジットカードを持っておくことをおすすめします。

Kyashリアルカードはバーチャルカードよりも便利!

今回はプリペイド式のキャッシュレス決済「Kyash」のリアルカードについて解説しました。
バーチャルカードでも十分便利なKyashですが、リアルカードならさらにお得なメリットがたくさんあります。

・ポイント還元率が1%
・利用限度額が高い
・全国のVisa加盟店の実店舗で使える

ただKyashリアルカードを利用する際は、Kyashアプリからの申込み、リアルカードの有効化が必要です。さらにホテルやガソリンスタンドなど、一部Kyashリアルカードが利用できない店舗やサービスも存在するので覚えておいてください。

新しいKyashカードにリニューアルされる?

2019年11月27日にKyashのリアルカードのリニューアルが発表されました。まだ発行時期の詳細は公表されていませんが、2020年初旬に発行されるとのことです。

気になる機能ですが、非接触型ICチップが搭載され、コンタクトレス決済に対応します。リアルカードとの違いを以下の表にまとめました。

新カードの特徴
新カード リアルカード
ICチップ あり なし
VISAタッチ機能 あり なし
海外利用 可能 不可能
1回当たりの支払い上限 30万円 5万円
1月あたりの支払い上限 100万円 12万円
ポイント還元率 1.0% 1.0%
発行手数料 900円 300円
本人確認書類 必要 不必要

ICチップやVISAタッチ機能でさらに利便性が上がったことがわかりますね。リアルカードは海外で利用できませんが、新カードの登場で海外でもお得にお買い物を楽しむことができます。カードの信頼度が上がったということです。

Kyash新カードはkyashアプリ内で発行することができます。アプリを起動後、ホーム画面の右上に表示されているカードのアイコンをタップするだけです。その後に出てくる画面の指示に従うと新カードの発行手続きが完了します。

Kyashアプリ内新カード発行手続き画面

その後の画面ではkyash新カードの色を3色から選び、手続きに移ります。手順は以下の通りです。

Kyashアプリ新カード発行手続き項目画面
  • 発行手数料を残高にチャージ(900円)
  • 本人確認書類をアップロード(パスポートや運転免許証、マイナンバーカードなど)
  • 本人確認書類を登録
  • 氏名と現住所を登録(本人確認書類と同じ内容のもの)
  • 注意事項を確認

これらの手順をすませると新カード発行の準備が整います、

Kyashのチャージにおすすめのクレジットカード

とにかく還元率の高いカードとポイント2重取りをすると破壊力抜群です。

Origami Payを合わせれば3重取りも可能、LAWSONのようにポイントカードも提示できるお店では4重取りも可能です。

Kyash登録におすすめクレカ:REX CARD

REX CARD Mastercard_black_omote_rgb_180724

引用:http://img1.kakaku.k-img.com/

MastercardブランドであるREX CARDは、株式会社ジャックスが発行するクレジットカードです。

年会費は無料で、ポイント還元率は常時1.25%という高い水準を誇っています。

Kyashのリアルカードと連携することで、2.25%の還元率となるため大変お得と言えるでしょう。

家族カードやETCカードも無料で発行することができ、付帯保険も充実。

国内旅行傷害保険は利用付帯で最高1,000万円、海外旅行傷害保険は自動付帯で最高2,000万円となっています。

その他にも、ネットショッピングで不正利用された際に損害を補償してもらえる「ネットあんしんサービス」や、カードの紛失・盗難による不正使用の損害を補償してもらえる「カード盗難保険」も付帯。

高いポイント還元率かつ年会費無料のカードとしては、最高レベルの特典がついていると言えます。

年会費無料のREX CARD

Kyash登録におすすめクレカ:リクルートカード

リクルートカード

引用:リクルートカード

株式会社リクルートホールディングスが発行するリクルートカードは、VISA、Mastercard、JCBという主要国際ブランドから選択できるクレジットカードです。

ポイント還元率は1.2%と高く、年会費も永年無料。

リクルートが運営するじゃらんやホットペッパー、ホットペッパーグルメ、ポンパレモールなどのサイトでカードを利用すれば、ポイント還元率が最大4.2%にまでアップします。

国内旅行傷害保険は利用付帯で最高1,000万円、海外旅行傷害保険は利用付帯で2,000万円と、手厚い保険が付帯しています。

また、カードが不正使用された際に補償されるショッピング保険は、年間最高200万円となっています。

nanacoやモバイルSuicaといった電子マネーへのチャージでもポイントが付与されるため、ポイント二重取りに便利なカードと言えます。

基本還元率1.2%のリクルートカード

この記事の監修:足澤憲 AI-Credit CTO / クレジットカードマニア

足澤憲 / AI-Credit

足澤憲 / AI-Credit

AI-Credit CTO / クレジットカードマニア

AI-Creditの開発をしています。還元率、クレジットカードマニアです。リエールファクトリー株式会社でCTO / COOとして活動中。

足澤憲 / AI-Creditの関連記事

AI-Creditのおすすめのテーマ