アプリではお得なキャンペーンをお知らせします

Visa LINE Payクレジットカードを解説!Kyashにチャージできる?

公開日:

更新日:

Visa LINE Payクレジットカードを解説!Kyashにチャージできる?

LINE Payから新クレジットカード「Visa LINE Payクレジットカード」が登場!

幅広く利用されるようになってきたコード決済のLINE Payから、クレジットカードが新しく登場しました。最大の特徴は何と言っても高い還元率で、入会から2021年4月までの還元率が3.0%になります。これほどまでに高い還元率は、クレジットカード単体ではなかなか見ることができません。

また、高還元ゆえに、Kyashにチャージやコード決済サービスにチャージしてポイント付与されるのか、気になる点ですね。

さらに、LINE Payクレジットカードには、還元率以外にも使いたくなる機能が付いています。

Visa LINE Payクレジットカードのデザイン

VISA LINE Payクレジットカードは、順次配送されています。編集部にも届きました!

Visa LINE Payクレジットカード1

転送不要の郵便でカードが配送されてきます。必ず本人が受け取る必要があります。三井住友カードの封筒でくるので、初見ではLINE Payカードが届いたことがわからないかもしれません。

Visa LINE Payクレジットカード2

封筒が届いたら早速封を切ってカードを確認します。オリンピックデザインのネイビーのカードが出てきました!上限金額などの詳細がこちらの台紙に書いてあるので、保管しておくと安心です。

Visa LINE Payクレジットカード3

カードの表面はこちらのようになっています。ICチップとVISAやオリンピックのマーク以外は何も描かれていません。従来のカードに見られるカード番号や所有者の指名、有効期限などの個人情報は一切ありません。これは、ATMなどでスキャニングされるリスクに対応したためです。

カードはマットで手触りよく、洗練された雰囲気があります。

Visa LINE Payクレジットカード4

裏面にはサイン用の枠やセキュリティーコード、カード番号、有効期限、所有者名などが載っています。このVISAのマークは光沢があり、マットなカード地とのコントラストでデザイン性抜群です。

Visa LINE Payクレジットカード案内

Visa LINE Payクレジットカードは、LINE Payアカウントと連携させていなければポイントが還元されません。LINE Payとの連携方法が載っている説明書も同封されているのでその手順に沿って設定を進めましょう。(なお、LINE Pay支払い用のカードへの設定は5月1日から可能になります。)

Visa LINE PayクレジットカードでLINE Pay還元率は最大3.0%に

VISA LINE Payクレジットカードが、LINE Payを最もお得に利用するために必要不可欠です。

2020年5月1日から始まる「LINEポイントクラブ」では、最高ランクのプラチナに上がるために、VISA LINE PayクレジットカードをLINE Payに紐づける必要があります。本カードを登録すると、LINE Payを利用する際に後払い利用が可能になります。プラチナランクに上がると、還元率は3.0%になります。

また、LINE Payの支払いで還元を受けるためにもVISA LINE Payクレジットカードが必要です。VISA LINE Payクレジットカードを用いた支払い方法である「チャージ&ペイ」を利用した場合のみ、1.0%~3.0%の還元率が適応されます。LINE Pay残高払いやLINE Payカードでの支払いも引き続き利用できますが、ポイント還元の有無については明らかにされていません。

LINEポイントクラブの詳細

ランク 獲得必要ポイント数
プラチナ 5,000ポイント
ゴールド 500ポイント
シルバー 100ポイント
レギュラー 0ポイント
ランク チャージ&ペイ利用時の還元率 特典クーポン
プラチナ 3.0% 10枚
ゴールド 2.0% 6枚
シルバー 1.5% 3枚
レギュラー 1.0% 1枚

Visa LINE Payクレジットカードは2021年4月まで3%還元

Visa LINE Payクレジットカードってどんなカード?

LINE Payクレジットカードは、VISA、オリコ、LINE Payの3社の共同出資で発行されます

最大のポイントは還元率が3%と高還元なことです。3%の還元は初年度に限定されていますが、初年度だけでも3%還元は嬉しいですよね。さらに、年会費も初年度無料になる上に、次年度以降も年間1回以上の利用があるだけで無料になります。(もし一回も使わな買った場合は、1,250円税別の年会費がかかります)

新しい試みとしては、VISAのタッチ決済機能が付いていることです。カードを専用の機械にかざすだけで決済が完了する機能で、両手がふさがっていても簡単にお支払いができます。一瞬で決済が完了するため、セキュリティも心配されますが、世界各国で広く利用されている人気の機能です。

LINE Payクレジットカードを利用する利点はまだまだあります。1つ目は、支払いと同時に決済通知がLINE アカウントに届くことです。即座に支払い内容が届くため、使いすぎを防止することができます。クレジットカードを使う際の不安としてよく聞く声が、「利用した額がすぐに明細に反映されない」ということです。この不安も、即時に決済通知が届く機能で払拭することができます。

2つ目の利点は、LINE Payを用いた決済にもVisa LINE Payクレジットカードを紐づけられることです。こうすることで、LINE Payのポイント付与が実現します。

3つ目の利点は、LINE Payの利用額に応じてクーポン配布されることです。詳しくはこちらもご覧になってください。

【LINE Pay利用ガイド】使い方、使える店、還元率やチャージ方法まで徹底解説

このように、Visa LINE Payクレジットカードはとてもお得なカードになります。お得で使いやすいカードになる可能性が高く、人気のクレジットカードになるでしょう。

Visa LINE Payクレジットカードを利用する利点をまとめました。

  • 還元率3%
  • 年会費が基本的に無料(1年で一度でも使えば無料)
  • VISAのタッチ決済機能つき
  • 支払いと同時に決済通知が届く
  • LINEポイントが貯まる
  • LINE Payクーポンが届く

注意点:還元率0%になった決済方法「LINE Pay残高払い」「LINE Payカード(JCB)

2020年5月1日のタイミングでLINE Pay残高払い・LINE Payカード(JCB)のポイント還元率は0%に変更となりました。ポイントは付与されませんが、LINEポイントプログラムでランクアップすればクーポンは付与されますので、一定のメリットはあります。が、ポイント還元まで得るにはVisa LINE Payクレジットカードは持っておきたいですね。

Visa LINE Payクレジットカードでポイント還元対象外となるチャージ方法【Kyashは対象外】

Visa LINE Payクレジットカードでは、ポイント付与還元の対象外になる支払い方法があります。結論的には、ポイントが付与される支払い方法は、「チャージ&ペイ」を利用した場合と、カード本体を使った場合に限られます。

最も特筆すべきは電子マネーやプリペイドカードへのチャージが、ポイント付与の対象外になることです。WAONやEdy、Kyashがそれにあたり、ポイントの二重取りができません。特に、Kyashへのチャージでポイントが付与されないのはかなりのデメリットです。なぜならKyashはポイント二重取りに欠かせないお得なサービスだからです。

Kyashは、利用ごとに最大1%のポイントが追加で還元されるサービスで毎日のお買い物をお得にする必需品です。他のカードを利用してチャージすると、そのカードのポイントに加えて1%を獲得できますが、Visa LINE Payクレジットカードはこの限りではないということです。

その他にも対象外になる利用方法があります。

  • 金融商品の購入(投資信託・証券など
  • 国民年金保険料
  • 寄付
  • 年会費(クレジットカードやETCなど)
  • 各種手数料(リボ払い・分割払い)
  • キャッシング
  • 一回あたり5万円を超える税金・保険の支払い

定期的な出費がポイント付与の対象外になっていることがわかりますね。3.0%の時は普段使いのカードにして、その後はLINEポイントクラブのランクを見ながら利用頻度を調整しましょう。Kyash + クレジットカードの方がポイント還元率が高いこともあります。

【LINE Pay利用ガイド】使い方、使える店、還元率やチャージ方法まで徹底解説

オリンピックデザインもあり!

発行時期が2019年8月ということもあり、オリンピックのカードデザインも準備されています。

日の丸の色の赤を基調としたデザインが特徴です。オリンピックのエンブレムも印刷されており、限定感がありますね。このデザインのカードは枚数を限定して発行される予定で、LINE Payを通じての申し込みが可能です。この機会に限定デザインのLINE Payクレジットカードを手に入れてみるのはいかがでしょう?

LINE Payのポイントが「LINEポイント」から「LINE Payボーナス」に改悪。コード決済の3.0%還元も7月で廃止

合わせてリリースされたのが、LINE Pay利用で付与されていたポイントが「LINE Payボーナス」への変更です。

この変更によって、LINE Payボーナスは「個人への送金ができる」という点でメリットは生まれましたが、LINE PayボーナスはLINE Payカードでの利用不可、請求書払い不可、銀行口座への出金不可、というデメリットも生まれました。

そして、これまでコード決済で3.0%付与されていたLINEポイントも7月末で廃止となりました。LINE Payカードの発行を促す為とも取れますが、うっかり「LINE Payのコード決済は3.0%還元」と間違えないように注意しましょう。

この記事の監修:足澤憲 AI-Credit CTO / セコロジスト・クレジットカードマニア

足澤憲 / AI-Credit

足澤憲 / AI-Credit

AI-Credit CTO / クレジットカードマニア

AI-Creditの開発をしています。還元率、クレジットカードマニアです。AIクレジット株式会社でCTO / COOとして活動中。 2020年10月11日放送のTBS「がっちりマンデー」で紹介されました。「がっちりマンデー!! note編 がっちりスクール!!」でご覧ください。開発の足澤が出演しました。

2020年12月1日「MonJa」に開発責任者の足澤を掲載していただきました。「キャッシュレスマップアプリ「AI-Credit」開発者・足澤憲に聞く“お得”を追究するプログラマーの意外なお金観」でご覧ください。

2020年11月9日「FRIDAYデジタル」で開発責任者の足澤が紹介されました。「出費0円を目指せ!カードマニアが伝授「絶対得するポイント生活」でご覧ください。

AIクレジット株式会社は一般社団法人キャッシュレス推進協議会および一般社団法人Fintech協会に所属しています。

足澤憲 / AI-Creditの関連記事

AI-Creditのおすすめのテーマ