常時1%還元のKyashとは?使い方やチャージ方法、メリット・デメリットをまとめて紹介

公開日:

更新日:

アプリ上にバーチャルカードという架空のクレジットカードを所有し、それを利用してネットショッピングや店舗での買い物ができるという新しいサービスが、最近注目を集めてきています。

その中でも急先鋒として、どんどんシェアを拡大してきているのが「Kyash」です。ここでは、Kyashの基本的情報から、その使い方やメリット・デメリットに至るまで、網羅的に解説していきます。

Kyashとは?

Kyash(キャッシュ)とは、プリペイド式バーチャルカードの「Kyash Visaカード」を発行することができるアプリのことで、株式会社 Kyashによって運営されています。

最大の特徴は、スマホで誰でも簡単にクレジットカードが持てるということ。

従来クレジットカードは、主婦や学生といった安定した収入先がない人には発行してもらいにくく、所有が難しいものでした。Kyashは、こうした社会のニーズと実情とのギャップを埋める、画期的なサービスなのです。

また、チャージの方法としてクレジットカードを設定可能ですので、ポイント2重取りが可能という点が大きな魅力となっています。

Kyashの利用方法

Kyashの利用方法は非常に簡単です。

アプリをダウンロードし、電話番号とメールアドレスを登録するだけでアプリ上にバーチャルカードであるKyash Visaカードが発行され、クレジットカードのように利用することができるのです。

またバーチャルカードは基本的にはネットショッピング専用ですが、別途発行申請をすることで、実店舗でも使えるリアルカードを発行することもできます。リアルカードがあれば、ほぼクレジットカードと同等に使っていくことができるでしょう。

ただし、ここで注意しなければならないのが、Kyashはプリペイド式であるということ。Kyashを利用して買い物をするためには、事前にお金をチャージしておかなければなりません。

代表的な方法としては、ATMやコンビニでの手動チャージがあります。指示される方法にしたがって操作をすれば、自分の希望する金額をチャージできるため、使い過ぎなども防ぐことができるでしょう。

また、もしも別のクレジットカードを所有している場合、Kyashと連携すれば、自動チャージも可能になります。自動チャージであれば、残金不足でコンビニに走る、といった事態に陥ることはありませんので、非常に便利ですね。

【Kyashのチャージ方法】

・セブン銀行ATMチャージ
・銀行ATM(ペイジー)チャージ
・コンビニチャージ
・クレジットカードチャージ

利用上限額に注意

クレジットカードのように使えて非常に便利なKyashですが、一点気を付けなければならないのが利用の上限金額が定められているということです。

バーチャルカードの1回あたりの利用限度額は3万円となっており、月の限度額も12万円までとなっています。リアルカードの場合、1回あたりの利用限度は5万円とバーチャルカードよりも高く設定されていますが、月の限度額は変わりません。

バーチャルカード

項目 金額
1回あたりの利用限度額 3万円
月の利用限度額 12万円

リアルカード

項目 金額
1回あたりの利用限度額 5万円
月の利用限度額 12万円

加えて、カードそのものの利用限度額も定められており、有効期限の5年間の上限は100万円となっています。

この100万円を使い切ってしまうと、Kyashを更新しなければ利用することができません。

バーチャルカード/リアルカード

項目 金額
5年間の利用限度額 100万円

還元方法について(2019年10月からKyashポイントに変更)

Kyashの魅力の一つとして、利用した金額の1%がKyashポイントとして還元されるというものがあります。

還元されるお金については、当月1日から末日利用分までの還元ポイントが付与されるようになっていますので、特に操作や手続きをする必要はありません。

Kyashのメリット

ここからは、Kyashのメリットについて、より詳しく解説していきます。

メリット1:クレジットカードとしての利便性の高さ

Kyashは世界で最も流通している国際ブランドVISAとなっていますので、カード決済ができるサイトや店舗なら、ほぼ確実に利用することができます。

メリット2:1%のポイント還元

利用した分の1%が、ポイント還元されます。

2019年10月1日に政府が実施するキャッシュレス・消費者還元事業の実施に併せて、Kyashの還元率はバーチャルカード0.5%、リアルカード1.0%と改悪となりました。

ただし、キャッシュレス・消費者還元事業の還元対象となる店舗で利用することで、2%(フランチャイズ店舗)または5%(中小事業者)の還元が追加で受けられるようになります。

Kyashイメージ

引用元:https://news.kyash.co/post/187501433099/20190905

また従来、還元分は翌月にキャッシュ残高が付与されていましたが、10月からは決済と同時に新しくスタートするKyashポイントとして付与されます。

メリット3:クレジットカードとの連携でポイントの2重取り

Kyashをクレジットカードと連携すると自動チャージができるようになります。

この機能を利用すると、チャージした分がクレジットカードの利用となり、実際に支払った分がKyashの利用となるため、それぞれでポイント還元やキャッシュバックを受けることが可能になります。

例えば還元率1%のクレジットカードと連携したKyashを使い、1,000円のチャージと買い物をしたとしましょう。そうすると、クレジットカードでは1,000円分の利用として10ポイントが貯まり、Kyashには10円分のKyashポイント付与が行われます。これにより、実質2%のポイント還元を受けることができるのです。

さらに裏技的な使い方として、楽天PayやOrigami PayなどのQR決済などのサービスと連携したり、Amazonなどのポイント還元のあるサイトを使うことで、ポイントの3重取りも可能になります(ただし、楽天Payは2019年10月から3Dセキュア対応のカードしか登録できなくなり、Kyashの登録は事実上不可能になりました)。

Kyashに加えて、TカードやPontaカードなどのポイントカードも組み合わせれば、ポイントの4重取りも夢ではありません。

メリット4:年会費・手数料無料

これだけ便利な機能がついたKyashですが、その利用に掛かる手数料や年会費は一切ありません。そのため、とりあえず発行しておく、というようなことをしても、損することがないのです。

メリット5:個人間の送金・請求機能が便利

Kyashユーザー同士で手軽に送金や請求をすることができます。

この機能を利用することで、飲み会の会計や買い物の立て替えなども簡単にすることができ、時間や手間を短縮することができます。

Kyashのデメリット

メリットについて解説してきましたが、デメリットに関してもしっかり押さえておくことが大切です。

デメリット1:利用限度額がある

Kyashのデメリットとして挙げられるのが、利用限度額の存在です。

前述した通り、1回の利用や月の利用、またカード利用そのものに限度額が定められていますので、どんな買い物でも自由にできるというわけではありません。そのため、大きな買い物をする際に不便を感じることがあるかもしれません。

また、バーチャールカードにおいては、本人認証を完了していない場合は、利用上限は5,000円に制限されます。

デメリット2:リアルカードが使えない店舗もある

実店舗で使え、クレジットカードとほぼ同等の機能を持つリアルカードですが、あくまでも形式はプリペイドカードであるため、使えない店舗も存在します。

例えば公共料金や携帯料金などの支払いなどはできず、ガソリンスタンドやホテルなどでの利用もできません。あくまでも、ちょっとした買い物用のアイテムと割り切った方が、使いやすさも向上するでしょう。

デメリット3:送金の取り消しが不可

メリットにもなっている便利な送金機能ですが、万が一送金相手を間違ってしまうと、その取り消しを行うことができません。送る前にしっかりと確認をするようにしてください。

デメリットはほぼなし!Kyashを上手に使っていこう

Kyashの概要やその使い方、メリット・デメリットについて解説してきました。

デメリットについては、どれも気を付けていれば避けられるものですし、損をするケースというのは基本ありません。そのため、いかにメリットの部分を大きくできるかを考え、利用を検討していくのが良いでしょう。

ポイントの多重取り、年会費無料など、使えば使うほど得をするのがKyashの一番の特徴と言っても過言ではありません。ぜひKyashを使いこなして、快適なキャッシュレス生活を味わってみてください。

コード決済・クレジットカードの新着記事一覧
AI-Creditのおすすめのテーマ