アプリではお得なキャンペーンをお知らせします

メルペイ残高余ってませんか?使い切るにはモバイルSuicaにチャージ?!

公開日:

更新日:

メルペイ残高余ってませんか?使い切るにはモバイルSuicaにチャージ?!

「メルペイの残高、中途半端に余っていませんか?」

数多くのスマホ決済が登場するなか、メルペイは「メルカリの売り上げ」をそのまま決済に使用できることで話題になりました。

一時期はクーポンやキャンペーンなども多くありましたが、今は少なくなってしまい利用が遠ざかっている人も多いのではないでしょうか。

もしくは、メルカリで不用品を売る機会が減り、メルペイ残高を中途半端に残したまま使うのをやめてしまった方もいらっしゃるでしょう。

微妙な金額がずっと残っていると、なんとなくもったいないですよね。

この記事では、「メルペイ残高をきれいに使い切る方法」をご紹介します。

余分なチャージが必要なく、簡単に残高を0円にできるのでおすすめです。
ぜひ、参考にしてください!

Apple Pay経由でモバイルSuicaにチャージしてメルペイ残高を使い切る!

メルペイ残高を使い切るためには「ほかの決済と併用する」方法もあります。

しかし、メルペイ残高とほかの決済を併用できるのはメルカリ内の支払いだけ。
コンビニなどで残高を使い切るためには、余分なチャージが必要になってしまいます。

かといって、チャージをしても残高がぴったり0円になるよう買い物をするのはとても難しいですよね。

そこでおすすめするのが「Apple Pay経由でモバイルSuicaにチャージする」方法です。

メルペイApple Pay連携画面

メルペイをApple Payに登録すると「電子マネーiD(ブランド:Mastercard)」として認識されます。

Apple Payは登録したカードのブランドが「Mastercard」の場合、アプリやWebサイト上の支払いに使用できます。(VISAは不可)

そのため、MasterCardブランドと判断された「メルペイ」の残高は、モバイルSuicaのチャージに使えるんです。

詳しいチャージ方法を、画像と共に解説していきます。

メルペイ残高をモバイルSuicaにチャージする具体的な方法

では、ここから実際のスクリーンショットを参考に、メルペイ残高をモバイルSuicaに全てチャージする方法をお伝えしていきます。

モバイルSuicaにチャージ、案内画像
  • メルカリアプリ内でメルペイで「iD決済設定」を完了させ、メルペイ残高の金額を確認しておく。
  • iPhone純正アプリ「Wallet」を開き、モバイルSuicaをタップして選択する。
  • 「チャージ」をタップする。
モバイルSuica設定画面
  • チャージ金額の部分に先ほど確認した「メルペイ残高」の金額を入力し、右上の「追加する」をタップする。
  • 決済画面になるので「メルペイ電子マネー」が選択されていることを確認し、決済を行う。
  • チャージが完了。

メルペイからモバイルSuicaにチャージするときの注意点

メルペイからモバイルSuicaにチャージするときの注意点は以下の2つです。

  • 「モバイルSuicaアプリ」ではなく「Walletアプリ」からチャージする
  • しっかり使い切る場合は「ポイント」も含めた額を確認する

もう少し詳しく見ていきましょう。

1.必ず純正アプリ「Wallet」からチャージする

Suica Wallet画面

iPhoneでモバイルSuicaをチャージする場合、モバイルSuica公式アプリとWalletアプリの両方からチャージが可能です。

しかし、モバイルSuica公式アプリで行うチャージはチャージ額が500円以上から。
チャージ額が1000円以上になると、1000円単位でしかチャージができません。

Walletアプリを使えば、手順で解説したように1円単位で金額を指定できます。

きれいに残高を使い切りたい場合は、必ず「Wallet」からチャージするようにしてください。

2.「ポイント」も残さずチャージする

メルペイ残高説明

メルカリやメルペイを利用していた方であれば、「ポイント」がたまっていることも多いはず。

キャンペーンや特典で還元される「ポイント」も、モバイルSuicaのチャージに使えます。

メルカリアプリ内の「メルペイ」画面では、「メルペイ残高」と「メルカリポイント」が分けて表示されているので注意してください。

モバイルSuicaにチャージするときには、この2つを足した額を入力しましょう。ポイントまできっちり無駄なく使い切れますよ。

まとめ:メルペイは「Apple Pay」できれいに使い切る!

この記事では「メルペイ残高をきれいに使い切る方法」について解説してきました。

中途半端なメルペイ残高は、モバイルSuicaにチャージするときれいに使い切れます。
モバイルSuicaの残高自体は有効期限が10年あり、10年経過後も手続きをすれば復活可能です。

メルペイ残高が数百円しか残っていなかったとしても、モバイルSuicaにチャージすればバスや電車代1回分が支払えます。

メルペイ残高の使い道に迷ってしまった場合や中途半端に残って使い切れなくなった場合は、ぜひ「モバイルSuica」にチャージしてきれいさっぱり使い切りましょう!

また、メルペイに限らず「ポイントの期限切れが気になる」という方は、マネーフォワードアプリがおすすめです。ポイント有効期限が表示され、ポイント管理もバッチリです(一部、管理対象外のポイントもあります)。カード利用履歴も横断的に見られるので、「今月どれぐらいの請求があるか」「どれぐらい使えるか」が分かります。現金の方が管理しやすいという方も、このアプリで管理してキャッシュレス決済に集中してお得な日々を過ごしましょう!

無料の家計簿アプリ「マネーフォワード」

この記事のライター:満畑ペチカ/Webライター

満畑ペチカ/Webライター

満畑ペチカ/Webライター

Webライター

楽天経済圏を中心に、無理せずおトクになる生活を心がけるフリーWebライター。外食費はほとんど楽天ポイントでまかなっています!おトクな情報を、丁寧にわかりやすくお伝えして行きます。

AI-Creditのおすすめのテーマ