【メルペイ利用ガイド】使い方、使える店、還元率やチャージ方法まで徹底解説

公開日:

更新日:

政府によるキャッシュレス決済の推進政策やインバウンド需要の拡大などの影響を受けて、スマホ決済に注目が集まっています。

中でも人気フリマアプリ「メルカリ」が運営するメルペイは、使える店舗が大きく増加しており人気が高まっています。

メルカリでの売上金を決済で使えるという特徴のあるメルペイは、どのようにして利用するのでしょうか。

メルペイのメリットやデメリットと合わせて解説していきます。

メルペイとは

メルペイは、人気フリマアプリのメルカリが運営するスマホQR決済サービスです。

株式会社メルカリの100%子会社として、2017年11月よりサービスが開始されました。

メルペイの特徴について、具体的に見ていきましょう。

主な特徴

メルカリの売上金を利用可能

メルペイ最大の特徴は、メルカリの売上金をメルカリでの買い物やコンビニやスーパーなどの実店舗でも使用できる点にあります。

通常、メルカリで発生した売上金を現金化するためには、口座に振り込む必要があります。

金額に関わらず200円の手数料が発生し、実際に振り込まれるまで多少の時間がかかります。

メルペイであれば利用金額に関わらず手数料が発生せず、すぐに買い物に使えるという利点があります。

有効期限の縛りがなくなる

また、メルペイのポイントにすることで売上金の有効期限である180日間という縛りがなくなり、いつでも利用することが可能になります。

あと払いに対応

メルペイは、スマホ決済で唯一あと払いにも対応しています。

チャージ残高がない状態でも利用できるため、クレジットカードのように使いこなすことが可能です。

ただ、メルペイには常設のポイント還元システムがありませんので、他のスマホ決済サービスに見劣りがしてしまうかもしれません。

クーポン発行

買い物がお得になるクーポンが発行されるという特徴があります。

コンビニの商品が安くなるクーポンや、指定の店舗でメルペイを利用するとポイント還元されるクーポンなどを活用することで、お得に買い物を楽しむことができます。

なお、消費税増税に伴い2019年10月から2020年6月までの期間で行われる「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象となっています。

そのため、上記の期間中であれば対象店舗でメルペイを利用すると、2%か5%のメルペイポイントが還元されます。

ポイントと残高の違い

メルペイにはポイントと残高という概念があります。

メルペイ残高はメルカリで発生した売上金のことで、現金化することができます。

メルペイポイントはチャージしたポイントで、現金化することができず、メルペイの買い物だけに使えます。

メルペイのチャージ方法

メルペイは3種類のチャージ方法から選択することができます。

銀行口座からチャージ

メルカリを利用していなかったり、メルカリの売上金がなかったりという場合には、銀行口座からチャージすることができます。

チャージ料は無料で、全国の指定の銀行と連携することができます。

メルペイのアプリ上で支払銀行口座を登録すると、銀行やATMへ足を運ばなくともチャージすることが可能になります。

メルカリアプリの「お支払い銀行口座の登録」から口座情報を登録することで、チャージすることができます。

途中、各銀行サイトへ連携することになりますが、その場合は銀行サイトの案内に従って登録を進めていきましょう。

ポイントを購入

メルカリユーザーであれば、発生した売上金でメルペイポイントを購入してチャージすることができます。

通常、売上金を現金化する場合は200円の口座振込手数料が発生します。

しかし、メルペイのポイントとしてチャージする場合は手数料がかからないのでお得です。

メルカリアプリの「メルペイ」タブにある、「ポイント購入」からチャージすることができます。

メルペイ スマート払い(あと払い)

メルペイあと払いを利用すれば、メルペイのポイントや残高が0円でもメルペイで支払うことが可能になります。

利用上限額は1か月あたり最大5万円と設定されていますが、クレジットカードのように利用することができるので便利です。

上限額はメルカリの利用実績などのユーザー情報を審査された上で設定され、使い過ぎ防止のために低い金額に設定することも可能です。

あと払いの決済額は翌月1日から末日までに精算する必要があるため、忘れないよう注意しましょう。

精算はコンビニやATM、口座振替、メルペイポイントから行うことができ、精算時には300円の手数料が発生します。

メルペイあと払いを利用するためには、銀行口座を登録もしくはアプリ上で行う「かんたん本人確認」によって本人確認をする必要があります。

かんたん本人確認はスマホで自分の顔と免許証などの本人確認書類を撮影し、必要事項を入力するだけなので3分程度で完了させることができます。

本人確認が完了すると、メルカリの売上金はメルペイ残高に移行されます。

ポイントを購入する手間がなくなり、180日間という売上金の有効期限がなくなります。

メルペイの使い方

メルペイを利用するためには、フリマアプリ「メルカリ」をダウンロードして登録する必要があります。

メルカリアプリにメールアドレスや名前、生年月日などの個人情報を登録すれば完了です。

そして、支払い方法はQRコードもしくはバーコードを利用する方法か、「iD」に連携して利用する方法の2通りがあります。

QRコード・バーコードで支払う

メルカリの「メルペイ」タブから、「コード払い」を選択します。

初回利用時のみパスコード認証を設定し、4桁のパスワードを入力します。

QRコードもしくはバーコードが表示されたら「支払いはメルペイで」と伝え、コードをスキャンしてもらいます。

自分でコードを読み取って支払うこともできるため、その場合は「QRコード読み取り」をタップし、店舗のQRコードをスキャンして支払います。

iDで支払う

メルペイは三井住友カード株式会社と事業提携したことにより、株式会社ドコモが推進する「iD」と連携することができるようになりました。

iDはメルカリ内での決済だけでなく、コンビニなどの実店舗での決済でも利用できます。

iDはメルペイのアプリ上で発行することができます。

「売上金・ポイントをお店で使う」というリンクに進み、「設定をはじめる(無料)」をタップ。

「電子マネーカードを作成しました」と表示されたら、情報を登録していきます。

利用する場合はWalletアプリを起動し、「支払いはiDで」と伝えた上でスマホをリーダーにかざします。

使える主要店舗一覧

iD支払いとコードでの支払い、ネットショップでの支払いに対応している店が分かれています。

中でも代表的なものを以下に紹介します。

・iD支払いに対応

イオン、ポプラ、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、セイコーマート、エディオン、かっぱ寿司、牛角、しゃぶしゃぶ温野菜、プロント、マクドナルド、吉野家、ほっかほっか亭、クスリのアオキ、ココカラファイン、サツドラ、サンドラッグ、スギ薬局、マツモトキヨシ、ウェルシア、LOFT

・コード支払いに対応

ローソン、ミニストップ、エディオン、クスリのアオキ、サツドラ、マツモトキヨシ、エディオン、ケーズデンキ、GEO、JapanTaxi、2nd STREET、BIG ECHO、ほっかほっか亭、松屋、吉野家、LOFT、ホテルモントレーグループ

・ネットショップでの支払いに対応

サンプル百貨店、SHOPLIST.com、NOIN

メルペイのメリット・デメリットは?

メルペイのメリットとデメリットはどのような点にあるのでしょうか。

メルペイのメリット

メルペイ最大のメリットは、メルカリでの売上金をそのまま支払いに使えるという点です。

手数料がかからず有効期限もなくなるため、無駄なくお得に買い物を楽しむことができます。

また、スマホ決済で唯一対応している後払いもメリットです。

上限金額は設定されていますが、支払い時にチャージされていなくともクレジットカードのように後から精算することができるため、資金繰りが楽になります。

メルペイのデメリット

メルペイのデメリットは、クレジットカードと直接連携できない点でしょう。

ポイントの二重取りができないため、クレジットカードのポイントを貯めている人にとっては使いづらいかもしれません。

また、メルペイには通常のポイント還元率が設定されていないため、どれだけ買い物をしてもポイントが貯まりません。

その代わり、定期的に発行されるクーポンでお得に買い物するようにしましょう。

メルペイで日々の買い物を便利に

フリマアプリ「メルカリ」が運営するメルペイは、メルカリユーザーにおすすめのスマホQR決済サービスです。

メルカリの売上金を手数料無料で直接チャージできるので、無駄なく利用することができます。

また、手数料300円が発生しますが、他のスマホ決済サービスにはない後払いシステムを利用することもできます。

利用可能店舗も拡大し続けているメルペイは、今後もますます利用しやすくなっていくに違いありません。

コード決済・クレジットカードの新着記事一覧
AI-Creditのおすすめのテーマ