アプリではお得なキャンペーンをお知らせします

携帯キャリア大手3社の格安プランを比較!いつから変更可能?

公開日:

更新日:

携帯キャリア大手3社の格安プランを比較!いつから変更可能?

「携帯キャリア、結局どの会社が安いのかわからない!」
今、こんな悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

2020年12月から、携帯キャリアの大手3社が続々と格安の新料金プランを発表しています。

しかし、各社基本料金やデータ容量が同じこともあり、違いがわかりにくいのが現状です。

今のキャリアのままで十分安いのか、他のキャリアに乗り換えた方がお得なのか、内容を理解した上で検討したいですよね。

この記事では、携帯キャリア大手3社(au、docomo、SoftBank)の新プランを比較し、違いを解説しています。

自分にぴったりなプランがわかる内容です。ぜひご一読ください!

目次

大手キャリア3社の新料金プランを比較|au・docomo・SoftBank

携帯キャリア大手3社が発表した新料金プラン名称は、以下のとおりです。

キャリア名 プラン名 由来
au povo(ポヴォ)
  • 「point of view(新たな視点)」
  • 「ab ovo(ラテン語:誕生と成長)」
docomo ahamo(アハモ)
  • アハモーメント(未知の物事を瞬時に理解する)
  • 相づち「Aha」
  • 感嘆符「アハ(あははと笑う)」
SoftBank LINEMO(ラインモ)
  • オンライン専用ブランド
  • LINEとのコラボレーション

各社の月額基本料金とデータ容量を比較

また、月額の基本料金とデータ容量は次のように設定されています。

キャリア名 プラン名 月額料金(税抜) 月間データ容量
au povo(ポヴォ) 税別2,480円(税込2,728円) 20GB
docomo ahamo(アハモ) 税別2,700円(税込2,970円) 20GB
SoftBank LINEMO(SoftBank on LINE) 税別2,480円(税込2,728円)、5分無料をつけると税抜き2,980円(税込3,278円) 20GB

データ容量はすべてのプランで月間20GB。
料金は「ahamo」が税別2,700円(税込2,970円)円、「povo」「LINEMO(ラインモ)」が税別2,480円(税込2,728円)です。

auとdocomo・SoftBankの間で月額料金500円の差がある理由は「無料定額通話があるかないか」にあります。

ahamoとLINEMO(ラインモ)は5分までの国内通話が無料|povoはオプション扱い

月額料金2,700円(税込2,970円)の「ahamo」は、基本プランに国内通話5分以内無料のサービスが含まれています。「LINEMO」は月額料金2,980円は5分無料が付与され、月額税別2,480円(税込2,728円)で5分無料枠を取り外せます。

しかし「povo」は月額料金が安い分、国内通話5分以内無料サービスがついていません。
5分以内の無料通話を使いたい場合、月額500円のオプションを付ける必要があります。povoとLINEMOは同じ体系ですね。

無料通話アプリの一例 イメージ画像

一見デメリットに感じますが、今は無料音声通話アプリなども豊富。

povoは無料通話アプリを活用する人に向けて、通話サービスを省いた安いプランを提供しているといえるでしょう。

続いては、データ容量を含めた「povo」「ahamo」「LINEMO(SoftBank on LINE)」各プランの共通点を6つご紹介していきます。

povo・ahamo・LINEMO(SoftBank on LINE)の共通点6つ

「povo」「ahamo」「LINEMO(SoftBank on LINE)」3つの料金プランに共通する点は、以下の6つです。

  • 申し込み・サポートはオンラインのみ
  • キャリアメールが使えない
  • 月間データ容量は20GB
  • 定額外の通話料金は20円/30秒
  • 速度制限時の通信速度が1Mbps
  • 5G対応

それぞれ、詳しくご紹介していきます。

【1】申し込み・サポートはオンラインのみ

au・docomo・SoftBank 新料金プラン
申し込み・サポートはオンラインのみ イメージ画像

大手携帯キャリアというと、主にショップで申込・契約をしたり、なにかサポートを受けたりする印象がありますよね。

しかし今回発表された3社の新プランは、申し込みとサポートがオンライン限定になっています。

店頭や電話での対応を省いた分、料金が安くなっていると考えてもよいでしょう。

【2】キャリアメールが使えない(@ezweb.ne.jpなど)

au・docomo・SoftBank 新料金プラン
キャリアメールが使えない イメージ画像

携帯キャリアと契約すると、基本的に「キャリアメール」が使えます。いわゆる「Eメール」ですね。

しかし、大手3社の新料金プランでは「キャリアメール」が使えなくなります。

各社のキャリアメールは以下のとおり。

  • au…@ezweb.ne.jp
  • docomo…@docomo.ne.jp
  • SoftBank…@softbank.ne.jp

今はキャリアメール以外のフリーメール(ヤフーアドレスやGmail)が充実しているので、メールが送れなくなることはありません。

ただし、キャリアメールを各種契約や会員登録に使用していた方は注意が必要です。

【3】月間データ容量は20GBまで

au・docomo・SoftBank 新料金プラン
月間データ容量は20GBまで使える イメージ画像

かつては月間データ容量3GB・7GBの低容量で高価格な携帯プランが多くありました。

しかし各社の新しい携帯プランは、いずれも月間データ容量20GBが上限になっています。

とはいえ、20GBでいったいどれだけスマホが使えるのか、気になりますよね。
データ通信量20GBの目安は、以下のとおりです。

データ通信量 20GBの目安
ネット動画視聴(例:YouTubeの高画質720p) 30時間
LINE通話
  • 音声通話…800時間
  • ビデオ通話…60時間
Twitter・InstagramなどのSNS 60〜80時間

20GB容量があれば、自宅にWi-Fiを設置しなくても過ごせる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

【4】定額外の通話料金は20円/30秒

「ahamo」と「LINEMO(SoftBank on LINE)2,980円プラン」には国内5分無料通話がついており、「povo」には無料通話がついていません。

各プランで定額サービス外の通話をした場合、通話料金は30秒ごとに20円かかります。

仮に定額外で5分通話すると、通話料金は200円。

「povo」「LINEMO」の国内5分無料通話オプションは月額500円なので、1か月の通話時間が12分以内なら、オプションを付けない方がお得です。

【5】データ容量を使い切っても通信速度は最大1Mbps

au・docomo・SoftBank 新料金プラン
データ容量を使い切っても通信速度は最大1Mbps イメージ画像

スマートフォンの使い方によっては、うっかりデータ容量を使い切ってしまうこともあるでしょう。
その場合、データ容量を追加しない限りは通信速度が制限されてしまいます。

従来のプランは、通信速度が制限されるとWebサイトもまともに閲覧できない状態でした。(一般的に128kbps)

しかし3社の新プランは、いずれも速度制限時の通信速度が最大1Mbps
1MbpsはSNSやWeb検索がスムーズにおこなえる速度です。(参考

万が一速度制限がかかってしまっても、ある程度不便なく使える点はとてもうれしいですね。

【6】次世代通信規格「5G」対応

現在主流の通信規格「4G LTE」よりも、さらに高速・大容量の通信が可能になる次世代通信規格「5G」。

格安SIMは「5G未対応」のケースも多くありますが、3社の新プランはいずれも「5G」に対応しています。

対応時期は異なりますが、大手携帯キャリア3社のどの新プランでも5G通信と5G対応端末が使用可能です。

キャリアを選ぶ決め手は?各プランの特徴を理解しよう

ここまで「povo」「ahamo」「LINEMO(SoftBank on LINE)」の共通点6つをご紹介してきました。
共通点だけを見ると「どれもあまり違いがないのかな?」と感じる方も多いでしょう。

しかし、各キャリアの格安プランには、それぞれ決め手となる特徴があるんです。

続いては「povo」「ahamo」「LINEMO(SoftBank on LINE)」各プランの特徴と、おすすめする人を解説します。

「povo」は”トッピング”でプランをカスタマイズできる

au 「povo」は”トッピング”でプランをカスタマイズできる イメージ画像

「povo」は格安の基本プランをベースにして、トッピングという形で自分好みのプランを作成できます。

「povo」の基本料金は2,480円(税抜)。国内通話5分無料サービスはついていません。

この基本料金に追加料金をかけることで、以下のようなサービスを自由にカスタマイズできるんです。

トッピング内容 料金 料金体系
5分以内通話かけ放題 500円 月額
通話かけ放題 1,500円 月額
データ使い放題 200円 24時間
データ追加 500円 1GBごと

例えば「休みは動画を見たり、スマホゲームをしまくるぞ!」と思う日、ありますよね。

そんなときに200円のデータ使い放題をトッピングすれば、データ容量を気にせず1日動画やゲームを楽しめます。

「povo」がおすすめ:音声通話をほとんど使わない人、プランを細かく変えたい人

「povo」は国内通話5分無料サービスがついていない分、基本料金を抑えているのが一番のポイントです。

そのため「日頃から音声通話をほとんどしない・無料通話アプリを利用している人」にはぴったりのプランといえるでしょう。

また、トッピングと銘打った「オプションサービス」も魅力の1つ。
スマホの使い方に波がある人や、プランを細かく変更したい人にも「povo」をおすすめします。

「ahamo」は海外でも追加料金なしで使える|開始日は2021年3月26日に決定!

docomo「ahamo」は海外でも追加料金なしで使える イメージ画像

「SoftBank on LINE」とほぼ横並びな「ahamo」ですが、大きな特徴は海外でも追加料金なしで使える点です。

毎月20GBのデータ容量を、海外82の国と地域で追加料金・手続き不要で使えます。

わざわざポケットWi-Fiを用意しなくても、いつものスマホをそのまま海外で使えるのはとても便利ですよね。

「ahamo」がおすすめ:ドコモ回線を使いたい・海外でスマホを使いたい人

「ahamo」は海外でスマホを使いたい人におすすめのプランです。

特に海外出張や海外旅行の機会が多い方は、毎回手続きをする必要がなくなるので、かなりの負担軽減になるでしょう。

また、ドコモの通信網は他社よりも広いため、繋がりやすい傾向にあります。
そういった観点で、ドコモ回線を使いたい人にも「ahamo」はおすすめです。

20GB・国内通話5分無料で税込2970円

ahamo公式サイト

「LINEMO(SoftBank on LINE)」はLINEが使い放題

SoftBank
「SoftBank on LINE」はLINEが使い放題 イメージ画像

「LINEMO(SoftBank on LINE)」の特徴は、ずばり”LINEギガノーカウント”です。

LINEギガノーカウントとは、つまり「LINE使用分がギガ数にカウントされない=使い放題」ということ。

LINEトーク/LINE通話が対象になっています。また、LINEスタンプ使い放題プラン240円が無料で利用できます。

また「LINEMO(SoftBank on LINE)」は、LINE上で手続き・申し込みできる点も魅力の1つです。

「LINEMO(SoftBank on LINE)」がおすすめ:日ごろからLINEをよく使う人

「LINEMO(SoftBank on LINE)」は、プライベートや仕事などで日ごろからLINEをよく使う人におすすめです。

理由は、もちろん「LINEギガノーカウント」があるから。

世界的な情勢もあり、LINEで頻繁に連絡を取る機会も増えているでしょう。

「LINEギガノーカウント」があれば、データ通信量を気にせず通話やトークができますよ。

各社先行エントリーキャンペーンを実施中!締切はサービス開始前日まで

au・docomo・SoftBankは、今回の新プランの開始に合わせて「先行エントリーキャンペーン」を実施しています。

各プランのサービス開始前日までに公式サイトでエントリー後、契約をおこなうと3000円相当がもらえるお得なキャンペーンです。

各社キャンペーンでもらえるポイントとサービス開始予定日を表にまとめました。(2021年2月時点)

キャリア名 もらえるポイント サービス開始予定日
au
povo(ポヴォ)
au PAY残高3000円相当、先行エントリー(2021年3月22日まで) 2021年3月23日
docomo
ahamo(アハモ)
dポイント3000ポイント、先行エントリー(2021年3月25日まで) 2021年3月26日
SoftBank
LINEMO(SoftBank on LINE)
PayPayボーナス3000円相当、先行エントリー(2021年3月16日まで) 2021年3月17日

申し込みを検討している方は、公式サイトで忘れずにエントリーしておきましょう!

まとめ|3社の新プランはすべてお得!+αで見極めよう

この記事では、2021年2月までに発表されている携帯キャリア大手3社の格安プランを比較・紹介しました。

各キャリアのプランと基本料金・データ通信量をおさらいしておきましょう。

キャリア名 プラン名 月額料金(税抜) 月間データ容量
au povo(ポヴォ) 税別2,480円(税込2,728円) 20GB
docomo ahamo(アハモ) 税別2,700円(税込2,970円) 20GB
SoftBank LINEMO(SoftBank on LINE) 税別2,480円(税込2,728円) 20GB

また、各プランの特徴は以下のとおりです。

プラン名 特徴
povo(ポヴォ)
  • 基本料金が他社より500円安い
  • ”トッピング”でプランをカスタマイズできる
  • 国内通話5分無料はついていない
ahamo(アハモ)
  • 海外でも追加料金・手続きなしでスマートフォンを利用可能
  • 通信網が他社と比較して広い
LINEMO
  • LINE(トーク/通話)が使い放題
  • LINEで手続き・申込が可能

3社の新しいプランはどれもお得なことに違いありません。
+αの部分を理解して、自分にぴったりのスマホ料金プランを選びましょう。

この記事のライター:満畑ペチカ/Webライター

満畑ペチカ/Webライター

満畑ペチカ/Webライター

Webライター

楽天経済圏を中心に、無理せずおトクになる生活を心がけるフリーWebライター。外食費はほとんど楽天ポイントでまかなっています!おトクな情報を、丁寧にわかりやすくお伝えして行きます。AIクレジット株式会社ライター。

AI-Creditのおすすめのテーマ