アプリではお得なキャンペーンをお知らせします

【初心者向け】クレジットカードの選び方

公開日:

更新日:

【初心者向け】クレジットカードの選び方

クレジットカードは水もの、と言われることがあります。

その意味は、個人のライフステージは年々変わってきている為、その時に必要だったカードが変わってくるということを意味しています。引越しや結婚、様々な人生のイベントによって、お金に関する見直しは都度必要です。また、クレジットカードは毎年、特典の変更や規約の変更もありがちです。気付いたらポイント還元率が落ちているということも。

年に1回は見直すつもりでクレジットカードを発行しましょう。
見直すというからには、発行するカード選びだけではなく、解約するカード選びも必要になります。

それでは、どういった視点でカード選び、見直しをするといいかご紹介します。

目的別に選ぼう

クレジットカードを発行しようとしたキッカケは何でしょうか?

また、クレジットカードを使う予定はどんな時を想定していますか?

初めての発行であれば、使い過ぎないか不安もあると思います。「いくら使えるか可視化されていないことがお金の管理に不安を覚える」というケースが多いようです。

それぞれの発行動機に合わせたカード選びを見てみましょう。

ポイント還元がほしい

クレジットカードを利用する理由として最も多く挙げられるのは「ポイント還元」があるからという点です。

現金払いをしているとポイント還元はないですが、クレジットカードで支払いをするとクレジットカード会社からポイント還元があります。

クレジットカードのポイント還元率は平均0.5〜1.0%

クレジットカードのポイント還元率は平均すると0.5%〜1.0%です。とても低いように見えますが、キャンペーン時に利用すると還元率は2.0〜5.0%、高いときには20%還元という時もあります。

「20%OFF」と言われるとかなり大きい額の値引きですよね。

同じ金額を支払うのにも関わらず、現金で支払うと還元がないのは勿体ないです。年間300万円の支出に対して1.0%の還元があれば30,000円にもなります。これが、上手く利用すれば3.0%、5.0%と上がっていきますので、年間で100,000円以上お得になるのです。

現金を持たないキャッシュレス生活には「お得」があり、その先には、欲しかったものが買えたり旅行に行けたりという体験が待っています。

特に、最初のクレジットカード選びはその場の流れで何となく選んでしまいがちですが、ポイント還元率の高いカードを選んでおくと汎用的に利用ができて結果的にお得に繋がっていることも。

>「おすすめ高還元クレジットカードランキング10選」を参考にしてください。

クレカの特約店でお得になりたい

クレジットカードには、発行主体となる企業が、自社の店舗でクレジットカード利用をしてくれた時に還元率がアップしたり割引率がアップしたりする「特約店」制度があります。

どれぐらいお得になるかと言うと、還元率が2倍になるケースも多々あり、還元率の高いカードで選ぶよりもお得になるケースがあり、結果的に高還元カードを選んでいた、ということがあります。

代表的なところでは、以下のようなカードがあります。

楽天カードは楽天市場での購入が常にポイント +2倍 = 3.0%還元になります(楽天SPU制度)

MUJIカードは無印良品でポイント還元率が実質1.8%

・ビックカメラで基本還元率10%還元のビックカメラSuicaカード

よく行くお店のクレジットカードを持っておくと、還元率が大きく上がります。

一度、自分がよく行くお店を振り返り、そのお店がクレジットカードを発行しているか調べてみましょう。

今では、無印良品やルミネのようにアプリでポイントとは異なる「マイル」が貯まったりクーポンが配信されるものも増えています。アプリとクレジットカードの連動も忘れずに行いましょう。

>ルミネアプリに関してはこちら

日々の支払いをお得に節約したい

日々の支払いをお得にしたい方は固定費の支払い方法の見直しが有効です。

毎年固定で払っている料金、コンビニで現金払いしていませんか?

そういった方は節約チャンスを逃しています。

節約できる固定費の代表的なもの

現金払いをせずにスマートフォン決済やクレジットカード払いで還元がもらえるのが、以下の支払いです。

1.携帯料金の支払い
 携帯料金の支払いは毎月数千円から高い人は数万円の支払いをしていますよね。ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル・LINEモバイル、それぞれの携帯キャリアが発行しているクレジットカードや、運営しているスマートフォン決済での支払いをすると還元率が大幅に上がります。例えば、ドコモの携帯料金をdカード GOLDで支払いをすると携帯料金に対して10%還元があります。dカード GOLDは年会費が税抜き10,000円かかりますが、10%還元で計算すれば毎月10,0000円以上の携帯料金を支払っている人はポイントで年会費を補えます(さらに、dカード GOLDにはお得な特典が豊富)。

>携帯料金の支払いをお得にする方法はこちらを参考にしてください。

2.電気代や水道代を現金以外で支払う
 電気代や水道代、毎月現金でコンビニに支払いに行っていませんか?
 手間もかかれば還元率もない、そんな支払い方法ですので、クレジットカード払いやスマートフォン決済での支払いに切り替えましょう。いま、特におすすめはVisa LINE Payクレジットカードでの公共料金支払いです(一部対象外もあります)。2021年までは還元率3.0%となりますので、年間100,000円の電気代を支払いしているようでしたら、3,000円はポイント還元があります。

支払い可能なもの、支払い方法に関しては以下を参考にしてください。

>公共料金・税金・保険でポイントが貯まる!支払い可能なコード決済まとめ

まずは固定費の「支払い方法」の見直しからはじめてみましょう。

マイルが欲しい

主に航空会社が発行するクレジットカードを利用すると「無料で航空券がもらえる」マイルという還元制度があります。飛行機に乗ると貯まるのがマイル、という印象が強いですが、飛行機に乗らなくても普段の利用でクレジットカードを上手く使えばマイルは貯まるのです。通称「陸マイラー(おかまいらー)」と呼ばれていて、陸でマイルを貯める人の総称です。

マイル初心者はJALかANAがおすすめ

マイルを貯めて旅行に行きたい!と思ったら、まずは貯めるマイルの種類を決めます。初心者におすすめは、JALマイルANAマイルです。それぞれの会社がクレジットカードを発行していますので、そのカードをメインカードとして普段から利用していけば自然とマイルが貯まっていきます。

無料で往復の国内航空券をゲットするには、貯めるべきマイルの数はJALマイルで12,000〜20,000マイルは必要になります。1マイルあたり平均3円換算とも言われていますので、36,000円〜60,0000円相当に値するマイルを貯めることになるのですが、先述の「特約店」制度を利用すれば3倍貯まるお店もありますし、Pontaポイントなど他のポイントからマイルに交換することもできるので、いろいろな貯め方を駆使すれば意外に1年程度で往復チケットをゲットできます。

>詳しい方法はこちらをマイルの貯め方の記事を参考にしてください

ステータスカードを持ちたい

「ステータスカード」というのは、ゴールドカードやプラチナカード 、ブラックカードといった高級感溢れるクレジットカードのことです。

一般的には年会費が数万円からかかり、10万円以上の年会費がかかるカードもざらです。

そういったカードは還元率が目的のカードではありません。ワンランク上のサービスがあり、例えば、コンシェルジュサービスがあり接待時に電話一本で高級店を予約してくれるようなものがあります。他にも、空港でカード保持者しか入れないスペースがあるものもあります。

持っているだけで普段とは違う生活が送れる、そんなカードです。

>いくつかプラチナカードをご紹介していますのでご覧ください

海外旅行保険に無料で入れるので発行

海外旅行に行く時に、都度、海外旅行保険に入っている経験がありませんか?

国内で生活をしていると医療費は保険が適用されて2〜3割の自己負担で済むことが多いでしょう。ただ、これが海外となると我々の保険は適用されません。海外の病院で手当てを受けたら数十万円の請求になったという声も聞きます。

海外で何もないにこしたことはありませんが、そういった時に備えて海外旅行保険に「無料で」「自動で」入っていられたら便利ですよね。手続きなしで、クレジットカードを持っているだけで海外旅行保険に入れるカードがあるのです。

代表的なカードはエポスカードです。年会費無料で海外旅行保険が自動付帯です。他のカードは海外旅行保険が付帯していると言っても「利用付帯」のカードが多く、旅行代金をそのカードで支払わなければならないケースがほとんどです。エポスカードは、自動付帯になるので、旅行代金を他のカードで支払ったとしても保険が適用されます。とても便利で使い勝手のいいカードです。

>クレジットカードの海外旅行保険についてはこちらを参考にしてください

「とりあえず発行したい」

ECサイトの利用など、とにかく急ぎで発行したいということもあるでしょう。

そんな時は、理想的には「最適なクレジットカードは何か調べて発行」がいいのですが、スピード重視の際には「即日発行」のクレジットカードがあります。

即日発行のクレジットカード

即日発行と言っても、カードの到着まで1週間ほどかかるものがほとんどです。ただ、通常のカードは2〜3週間はかかりますので、1週間で発行されれば相当に早いスピード感です。

即日発行のクレジットカードには、海外旅行保険の自動付帯で挙げたエポスカードや、新規発行キャンペーンも豊富な三井住友カードがあります。

即日発行可能なクレジットカードは以下の記事でもまとめています。

>ネット申込可能な即日発行可能なクレジットカード

発行まで待てないという方は、ECサイトであればすぐに利用できるバーチャルVISAプリペイドカードをおすすめします。アプリをダウンロードして数分で利用可能になります。

審査がないのはバンドルカードです。事前に入金ができない場合でも一定額は利用可能です。

審査が不安

過去に何かの支払い滞納がある方は、クレジットカードの審査に不安があるかもしれません。

ただ、審査に不安のある方でも申し込みができるカードはありますので安心してください。

>審査に不安のある方はこちらのカードがおすすめ

使いすぎが怖い

クレジットカードを初めて持つ方が抱くのは、「使いすぎたらどうしよう」という気持ちです。持っているだけで「借金」の恐怖に怯えるというものです。

数年前までは、クレジットカードの利用金額はパソコンで管理画面に入らなければ利用履歴を確認できない状態がありました。また、一般的に「借金」と認識されるのはキャッシングやリボ払いになります。金利のある支払い方法には、みなさんの認識通り、一定のリスクがあり、計画的な利用が必要です。

使いすぎの対策は「スマートフォンアプリ」で「いくら使えるかを把握」

現在では、クレジットカード各社がスマートフォンアプリをリリースしている為、アプリでリアルタイムに利用金額を確認できます。現金よりも正確に把握ができます。利用した瞬間に利用通知が届きますので、不正利用にも瞬時に気付ける利便性があります。サービスによっては、アプリから利用停止申請も可能です。

また、クレジットカードが複数に渡っている場合、合算された利用金額を把握するには「家計簿アプリ」がおすすめです。

みなさんが気付いていないのは、「使いすぎがこわい」のではなく、「いくら使えるか分からない」ことなのです。

家計簿アプリの「マネーフォワード」は

・銀行口座と連携できるので残高を把握できる

・クレジットカードと連携できるのでいくら使って、次回の引き落としがいくらか分かる

・どんなジャンルにお金を利用したか分かる

という便利機能が満載です。だいたいの機能が無料で利用できるので利用してみてくださいね。

無料の家計簿アプリ「マネーフォワード」

クレカ選びは「国際ブランド」に注意

ここまでは、「目的別に選びましょう」ということでクレジットカードを選ぶ基準をご紹介してきました。

「よし、この目的でクレジットカードを発行しよう」と決まった後は、クレジットカード発行申込をしていく流れの中で、いくつか注意点があるのでご紹介します。

その1つが「国際ブランド」選びです。

主要国際ブランドはVISA / Mastercard / JCB / AMEX / Diners

クレジットカードの主要国際ブランドは「VISA / Mastercard / JCB / AMEX / Diners」の5つに大別されます。

クレジットカード発行を進めていると、「国際ブランドを選んでください」と質問されるのですが、クレジットカード初心者には、どの国際ブランドがいいか分からないものです。

では、どの国際ブランドがいいのでしょうか?

よく行くお店が対応している国際ブランド選びを

国際ブランド選びを誤ると、「よく行くお店で利用できなかった・・・」ということもあります。

日本では、主にVISA / Mastercard / JCBがお店でよく採用されるクレジットカード決済方法です。お店によっては、AMEXやDinersが非対応のお店もあります。折角、お得になろうとしてクレジットカードを発行しても、お店で利用できずに現金で支払うことになると元も子もありません。

事前に利用可能な国際ブランドを調べておきましょう。国際ブランドの利用制限がある代表的なお店は、コストコがMastercardブランドのクレジットカードしか利用できないことで有名です。

クレジットカードは定期的に見直しが必要です

最初のクレジットカード選び、「こんなに注意が必要なのか・・・」とげんなりしてしまいますね。

でも、安心してください。冒頭で述べたように、クレジットカードは定期的に見直しが必要なものであり、利用停止も可能なものです。一度発行したらずっと使い続けないといけないわけではありません。

特に、引越しや転職、結婚といったライフスタイルの変化が訪れたタイミングでは定期的にクレジットカードの見直しをしましょう。

メインカードとサブカードを持つのもおすすめ

クレジットカードは1枚に限らず、複数所持することが可能です。

「複数枚を持って不正利用がこわい」という方もいらっしゃるかと思います。

必ずしも複数枚を持たなければいけないわけではありませんが、お得になろうとすると複数枚持ちはとても有効な手段です。

メインカードは普段から利用するものを契約

ここでは、メインカードとは普段から利用金額が大きいジャンルで利用するカードを「メインカード」と呼ぶこととします。

例えば、dカード GOLDは年会費10,000円(税抜)がかかるカードなのですが、ドコモの携帯料金の支払いが毎月10,000円以上あれば、携帯料金の還元率が10%となり、年会費分をポイントで補えます。さらに、dカード GOLDならではの特典を受けられます。dカード GOLDの利用金額に応じて、dポイントスーパー還元プログラムで還元率もアップします。ドコモユーザーにとって、dカード GOLDは元を取りやすいカードなのです。

特典そのままに家族カード1枚目が無料!今なら合計最大18,000dポイント!dカード GOLD※
※dカード GOLD 新規⼊会/各種設定/要エントリー/利⽤
※期間・用途限定

年会費がかかったとしても、メインカードはお得が最大化されるものを選ぶのがコツです。

サブカードは年会費無料かつスポットで利用するお店のカードを

ここでのサブカードの定義は、「普段の支払いには利用しないものの、特定の店舗で利用するクレジットカード」とします。

普段の支払いには利用しないので、サブカードの前提条件として備えておきたいのが「年会費無料」です。いつ使うか分からないカードに年会費を払っていると、「お得」の観点ではマイナスになってしまいますね。

発行時にポイントがもらえたとしても、年会費を考えると大きなマイナスになっていた、ということも。

年会費無料で、スポットで利用してもお得なカードをサブカードに選びましょう。

おすすめサブカード「楽天カード」

まず候補として挙がるのは「楽天カード」です。

年会費無料でありつつ、楽天市場でのポイント還元率が +2%になります(楽天SPUによって)。

楽天が運営するサービスを利用すれば普段から還元率は10%以上も目指せる為、メインカードとしても使えるカードなのですが、「楽天市場をそこまで利用しない」という人は、サブカードとして持っておくといいでしょう。

キャンペーンで発行ポイントを付与していることも多いので楽天カードはおすすめです。

楽天ポイントが貯まる!年会費無料の楽天カードは鉄板

おすすめサブカード「dカード」

最後に挙げておきたいのがdカード(ノーマルカード)です。ドコモユーザー以外でも発行が可能なカードです。

年会費無料でポイント還元率は1.0%。基本還元率は一般的な還元率ではあるのですが、d払い・dポイントのキャンペーンが非常に多く、キャンペーン時に利用できるのがdカードなのです。

d払いはドコモが提供するスマートフォン決済サービスですが、ドコモユーザー以外も利用可能です。ただ、d払いを利用するには「チャージ」が必要です。そのチャージが、クレジットカードによる支払いではキャンペーン対象外となることが多いのです。「dカード/dカード GOLDがキャンペーン対象となり、その他のクレジットカードはキャンペーン対象外」という記載があるのです。

>d払い、dポイントのキャンペーンはこちらを参考にしてください

d払いの入金が楽でお得なdカード。新規発行で翌々月まで25%還元※。永年年会費無料
※入会後翌々月までのご利用で25%還元

この記事の監修:足澤憲 AI-Credit CTO / クレジットカードマニア

足澤憲 / AI-Credit

足澤憲 / AI-Credit

AI-Credit CTO / クレジットカードマニア

AI-Creditの開発をしています。還元率、クレジットカードマニアです。リエールファクトリー株式会社でCTO / COOとして活動中。

足澤憲 / AI-Creditの関連記事

AI-Creditのおすすめのテーマ