アプリではお得なキャンペーンをお知らせします

【楽天ペイ改悪】オンライン決済のポイント還元率変更はいつから?

公開日:

更新日:

【楽天ペイ改悪】オンライン決済のポイント還元率変更はいつから?

スマホ決済「楽天ペイ」の還元率が、2021年2月1日より改変されることをご存じですか?
具体的に変更されるのは「楽天ペイ(オンライン決済)」についての還元率です。

利用ユーザーの多い楽天関連のサービスということもあり、普段の使用にどのくらい影響が出るのか気になる方も多いでしょう。

この記事では、

  • 具体的に楽天ペイの還元率はどのように変更されるのか
  • 「改悪」となってしまう部分はどんな点なのか

を詳しく解説していきます。

今後楽天ペイをお得に利用していく方法について、日頃から楽天ペイを愛用しているユーザー目線で解説しているので、ぜひ参考にしてください!

楽天ペイ(オンライン決済)のポイント還元率が2021年2月から変更

楽天ペイ還元率変更の案内

まず、現状の楽天ペイ(オンライン決済)の還元率をおさらいしてみましょう。

楽天ペイをオンライン決済で使用した場合の還元率は、今まで次のように設定されていました。

楽天ペイ 変更前のオンライン決済時ポイント還元率案内
  • 楽天ポイント・楽天キャッシュ…1%
  • その他クレジットカード…1%(楽天ペイからの還元)
  • 楽天カード…2%(楽天ペイ 1%+楽天カード 1%=合計2%)

しかし、2020年11月2日に公式から発表があったように、2021年2月1日からは以下のようにポイント付与率が変更されます。

楽天ペイ 変更後のオンライン決済時ポイント還元率案内
  • 楽天ポイント・楽天キャッシュ…1%→変更なし
  • その他クレジットカード…0%→楽天ペイでの還元は0%
  • 楽天カード…1%→楽天カードからの還元のみ

この変更により、楽天ペイの使用で楽天ペイ側からポイント還元が受けられるのは「楽天ポイント・楽天キャッシュ」のみになりました。

楽天ペイのオンライン決済で、

  • 楽天ペイ+他社クレジットカード
  • 楽天ペイ+楽天カード

という組み合わせを利用していた方にとって、今回の還元率変更は「改悪」となってしまいます。

楽天ペイのアプリ決済とオンライン決済の還元率の違い

では、楽天ペイ(オンライン決済)の還元率が変更された後、楽天ペイ全体の還元率はどのようになるのか表で比較してみます。

楽天ペイのポイント還元率
アプリ決済 オンライン決済
チャージ払い (楽天キャッシュ) 楽天銀行・ラクマ…1%
楽天カード…1.5%
1%
ポイント払い 1% 1%
クレジットカード払い (楽天カード限定) 1%(カードから) 1%(カードから)

ご覧いただいてわかるように、楽天ペイの使用で一番還元率が高いのは

  • アプリ決済(QR・バーコード決済)
  • 楽天カードでチャージした楽天キャッシュ払い

以上の二つに当てはまる場合です。

その他の支払い方法は、全て還元率1%となっています。

今後の楽天ペイの使い方は?おすすめ2パターンを解説

楽天ペイはオンライン決済で楽天カードを支払い元にすると、2%ポイント還元されていました。
しかし、2021年2月からの変更で還元率は1%に下がってしまいます。

では今後、楽天ペイはどのように活用していけば良いのでしょうか?

ずばり、おすすめの使い方は「ラクマ売上金の消費」と「楽天ポイントの消費」です。

これはアプリ決済、オンライン決済どちらにも共通しています。

それぞれの使い方を詳しく見ていきましょう。

ラクマ売上金は楽天キャッシュにチャージして1%ポイント還元

ラクマイメージ画像

ラクマは楽天が運営しているフリマアプリです。
商品を販売して得た売上金は、銀行振込して現金化もしくは楽天キャッシュにチャージできます。

銀行振込の場合、売上金が1万円に満たないと手数料が210円(税込)かかってしまいます。(楽天銀行の場合は無料)

一方、楽天キャッシュのラクマ売上金チャージなら手数料はいつでも無料。
チャージ下限金額もなく1円単位でチャージできるので、売上金が1万円に満たない場合でも気軽に利用できます。

楽天キャッシュはすでにご紹介したように、楽天ペイ経由で街・ネットのお買い物に使えます。

ラクマ売上金チャージの楽天ペイは1%ポイント還元されるので、クレジットカードやデビットカードを利用した買い物と同じくお得です。

「売上金は現金化したい!」と思っていた方も、ぜひ楽天ペイを使ってお得に利用してみてください。

楽天ポイントの支払いで1%ポイント還元

楽天ポイント画像

楽天経済圏を利用している方であれば、毎月楽天ポイントがザクザクたまっていますよね。
そんな楽天ポイントをお得で便利に使えるのが、楽天ペイなんです。

楽天ペイの一番のメリットは、この「楽天ポイントを使った支払い」と言っても過言ではありません。

例えば他社決済で支払いにポイントを充当した場合、ポイント充当分はポイント還元の対象外。ポイント払いにはポイントが付与されないというのが一般的です。

しかし楽天ペイを使えば、楽天ポイントで支払った分にも1%ポイントが付与されます。
ポイントで支払ってポイントがもらえるなんて、なんだかお得な気分になりますよね。

さらに、楽天市場のキャンペーンなどで付与される「期間限定ポイント」も支払いに充当可能。

有効期限の短い期間限定ポイントを消化しやすいという点は、楽天ペイのかなり大きなメリットです。

楽天ポイントカードの併用でポイント二重取り!

楽天ポイントカードと楽天ペイ ポイント二重取りイメージ画像

「ラクマの売上金」と「楽天ポイント」を有効に使える楽天ペイは、楽天ポイントカード加盟店でポイント二重取りが可能です。

楽天ペイのアプリ内にはポイントカード機能も付いているので、ポイントカード提示から決済までアプリひとつで完結します。

楽天ポイントと楽天ペイの両方に対応しているお店を一部ご紹介するので、ぜひ利用時の参考にしてください。

楽天ポイント二重取り可能なお店(一部)
コンビニ ファミリーマート・デイリーヤマザキ・ポプラ
ドラッグストア ココカラファイン・サンドラッグ・くすりの福太郎・ダイコクドラッグ
グルメ くら寿司・吉野家・しゃぶしゃぶ温野菜・ロイヤルホスト・リンガーハット・サンマルクカフェ
家電量販店 ジョーシン・ビックカメラ

楽天ペイがつかえるお店

最後に楽天ペイが使える主要なお店を一覧でご紹介します。
楽天ペイの対応店舗は順次拡大中なので、ぜひ公式サイトもチェックしてみてください。

楽天ペイが使えるお店(一部)
コンビニ セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・ミニストップ・デイリーヤマザキ ナチュラルローソン・ローソンストア100・キヨスク・セイコーマート
ドラッグストア ウエルシア・ココカラファイン・サンドラッグ・スギ薬局・ツルハドラッグ・くすりの福太郎 トモズ・ドラッグストアモリ・セイムス・Vドラッグ
グルメ くら寿司・かっぱ寿司・ケンタッキーフライドチキン・ガスト・サンマルクカフェ スシロー・ほっともっと・リンガーハット
家電量販店 エディオン・ケーズデンキ・ジョーシン・ビックカメラ

まとめ

今回一部の使用方法ではポイント還元率が改悪となってしまった楽天ペイですが、利用方法によってはまだまだお得に使えます。

おすすめの使い方は「ラクマ売上金」と「楽天ポイント」の消費。
特に楽天経済圏や楽天市場のキャンペーンで楽天ポイントがたくさんたまっている方には、うってつけの決済方法です。

楽天ポイントが少しだけ余っているという場合にも、クレジットカード払いと合わせればポイントをしっかり使い切れますよ。

楽天ペイでポイント払いをする方法は、ぜひこちらのページを参考にしてください。

この記事でご紹介した楽天ペイ対応店・楽天ポイント対応店を参考に、これからも楽天ペイを活用していきましょう!

この記事のライター:満畑ペチカ/Webライター

満畑ペチカ/Webライター

満畑ペチカ/Webライター

Webライター

楽天経済圏を中心に、無理せずおトクになる生活を心がけるフリーWebライター。外食費はほとんど楽天ポイントでまかなっています!おトクな情報を、丁寧にわかりやすくお伝えして行きます。AIクレジット株式会社ライター。

AI-Creditのおすすめのテーマ