アプリではお得なキャンペーンをお知らせします

【実験】Kyash +楽天ペイは最強の黄金ルート?ポイント3重取りを実現できるのか?

公開日:

更新日:

【実験】Kyash +楽天ペイは最強の黄金ルート?ポイント3重取りを実現できるのか?

2018年6月、バーチャルVISAプリペイドカードのKyashがリアルカード(プリペイドカード)発行を開始しました。

合わせて、バーチャルカードでもリアルカードでもカード利用の還元率を2.0%にするリリースがありました。2.0%分は、キャッシュバックという形で残高にプラスされる仕組みです。

2019年9月追記:Kyashは2.0%還元キャンペーンを9月末で停止することを発表しました。1.0%還元となります。

2019年10月追記:楽天ペイがアプリのアップデートで3Dセキュア対応しているクレカが必須となり、Kyashは3Dセキュアに対応していない為、登録ができなくなりました。このルートは実質的に封じられました。

2020年3月追記:Kyash + 楽天ペイは封じられましたが、編集部では旅行費用をKyashで支払う裏技を発見しました。参考にしてください。

2020年7月追記:楽天ペイを利用したカードとポイント2重取りの新しい方法が可能に!詳細は本記事の後半でご紹介します。

2021年2月追記:2021年2月10日からKyash Cardの支払いをクレジットカードに設定した時の還元率が0.2%になりました。詳しくはこちらをご覧ください。

Kyash

Kyash画像
新Kyash Card VISAプリペイド式
0.2%~1.0%還元 クレカで支払い設定可
  • ポイント2重取り
  • VISA
ポイント還元率
銀行口座やペイジー、もしくは各種コンビニATMを利用してチャージしたKyash残高の利用は1.0%還元、クレジットカード等その他のチャージ方法では還元率は0.2%に。クレジットカードを設定すればKyashポイント還元率0.2%に加えてクレジットカードのポイントも2重取りが可能
年会費
Kyash Cardは発行手数料900円、年会費無料
オススメポイント
クレジットカード代わりに利用可能。貯まったポイントはそのまま1ポイント1円で支払いに当てられます。友達に送金も可能(銀行口座やペイジー、もしくは各種コンビニATMを利用してチャージした場合のみ)で、不正補償制度もあります。
  • 登録できるクレジットカードは国際ブランドがVISA / Mastercardに限ります。JCBのクレジットカードは登録できません。
  • 新しく発行されるKyash CardはICチップ搭載、VISAタッチにも対応、Apple Pay / Google Pay対応(QUICPay決済)
  • 支払いに利用できない用途があり、ガソリンは支払いができません。

還元率2.0%という数字だけでも最強ですが、さらにポイント2重取り・3重取りができないか、編集部ではチャレンジしてみました。

結果は、7月末に判明します。

2018年7月31日追記:Kyashの6月利用額に対して2.0%のキャッシュバックが付与されました。実験は成功です。2018年7月現在、Kyashの2.0%還元 + Kyash登録のクレジットカード + 楽天ペイのポイント + ポイントカード提示(店舗による)の4重取りまで実現しています。実際のポイント還元率は、LAWSONで「Kyash 2.0% + エポスゴールドカード 1.5%(ポイントアップショップ) + 楽天ペイ0.5% + ポイントカード例 Ponta 1.0%」で5.0%まで実現できました。

2.0%キャッシュバックに成功するとメールが届きます。
そして、残高にも2.0%が付与されていました。

2018年7月24日追記:KyashのFAQが改定され、「楽天Payがキャッシュバック付与対象」という文言が追記されていました。キャッシュバック付与対象となる可能性が高まりました。

サービス名 キャッシュバック付与対象か?
楽天Pay 対象
PayPal 対象
Amazon 対象
Amazonギフト券 対象
モスカード 対象
スターバックスカード 対象
ドトールバリューカード 対象
Yahoo!ウォレット 対象
モバイルSuica 1回につき6,000円以上の利用で対象(Suicaが対象かどうかは不明)
寄付、公共料金、ふるさと納税、税金、年金、Yahoo!公共料金、金券・商品券の購入 対象外

実験の概要

  • Kyashの2.0%キャッシュバックを利用する
  • Kyashリアルカードを楽天ペイに登録する
  • Kyashのチャージにはエポスゴールドカードを登録する
  • Pontaポイントカードも提示する

↓↓詳しくは本記事に!↓↓

Kyashのリアルカードの入手とアプリへの設定方法

リアルカードの取得方法ですが、KyashのWEB公式サイトから住所入力すると申請ができます。

申請して数日後、リアルカードが届きました。

「Let's Kyash!」と書かれたオシャレなデザインです。

このリアルカードをKyashのアプリへ登録します。
まずはKyashアプリを起動しましょう。

右上の「+」ボタンからリアルカードの登録が可能です。
最初は券面の末尾が「2」でした。

ここにリアルカードの情報を入力して進行します。

確認画面にバーチャルカードとリアルコードの番号が記載されているので「完了」を押すと、リアルカードの番号「末尾5」が反映されました。

サクサク登録できました。所要時間は数分です。

[ルート封鎖]実験へ!これが最強の還元ルートになるか!楽天ペイ+Kyash+Pontaカード+エポスゴールドカード

ここからは実験となります。

前提として、Kyashの規約に記載されているのは、キャッシュバック対象となる決済について「商品券・電子マネー等、複数の店舗で決済利用可能な支払い手段であると弊社が判断するものはキャッシュバックの対象外とさせていただきます。(引用)」と記載があるように、ポイント複数取りルートを禁じ手としていることが伺えます。

ただ、もしこのルートが成立するのであれば、最大還元率は5.0%にもなる計算です。消費税の増税も乗り越えられる還元率です。

Kyashの規定に「当月分の支払い金額に対して2%を翌月末までにKyash残高にキャッシュバックします(引用)」とあるように、6月リリースのこの還元率が実証されるのは7月末にならないと分かりません。

この実験結果の続報をお待ちください。
(2018年7月31日追記:2.0%キャッシュバックが反映されました!)

ポイント2重取り!

Kyash公式アプリ

黄金ルートの仮説

LAWSONでの買い物を想定します。

以下のポイント還元を考えました。

  1. 楽天ペイにKyashリアルカードを紐付け(楽天ペイの支払いで楽天スーパーポイント0.5%とKyashの2.0%キャッシュバック)で2.5%還元
  2. Kyashリアルカードはプリペイドカードなのでチャージにはエポスゴールドカードを紐付け(エポスゴールドカード通常ポイント還元率0.5%に加えて100万円利用時のボーナスポイントを加味して還元率1.5%相当と計算)
  3. レジでPontaカード提示でポイント還元1.0%

このルートで支払いを行えば、最大5.0%が実現されることになります。

メインカードとして利用している「エポスゴールドカード」を軸にして、様々な経由を果たせば5.0%お得になれる可能性が出ました。

>>【実録】エポスゴールドカードのインビテーションをもらう基準とカードの鍛え方

(このメインカードに関しては、みなさんが利用しているメインカードに差し替えて考えてください)

エポスカード公式サイトはこちらから。

年会費無料・海外旅行保険自動付帯

エポスカード公式

実験:LAWSONでの支払い結果

実験として、Kyashの残高が200円の状態で316円の買い物をLAWSONで行いました。

楽天ペイ + Pontaカード提示で支払いを行うと、不足額の116円分がエポスゴールドカードからKyashへオートチャージされ、無事に決済が完了しました。

あとは、7月末のポイント反映・キャッシュバック反映を待ちます。
(2018年7月31日追記:2.0%キャッシュバックが反映されました!)

ポイント2重取り!

Kyash公式アプリ

成立すればメインカードを持っている人も利用すべき最強ルートに

いかがでしたでしょうか。

Kyashにオートチャージされる時点でポイント還元が成立するのであれば、このルートは、どのカードを使っている人にとっても黄金ルートになるでしょう。

メインカードは「一定額の利用がなければ年会費がかかるカード」を利用されている方も多く、乗り換えるのは面倒だったり損をしてしまったりしますよね。

このルートはメインカードを切り替えなくて済む支払いルートです。

ただ、仮にこの支払いルートで還元が成立したとしても、このルートは長くは続かないと予想されますので、成立すると判明した時には早めの採用をおすすめします。

メインカードとしておすすめの高還元クレジットカード探しもお忘れないように。
まだ高還元カードをお持ちでない方は、nanacoチャージでポイントが貯まり使い勝手のいい「リクルートカード」がおすすめです。

2020年3月10日追記:nanacoへのチャージができるのは、セブン&アイグループが発行するセブンカード・プラスなどの4種類のカードに限定されました。

※ただ、2018年8月時点でJCBブランドには対応していないことに注意が必要です。対応クレジットカードはVISA/Mastercardとなりますので注意が必要です。

リクルートカードの公式サイトはこちらから。

・リクルートカードの概要とポイント

項目 詳細
ひとことでポイントは? nanacoにチャージでポイントが貯まる!支払い単位ではなく、毎月の利用額に対して1.2%還元が大きい!
申込資格 18才以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。高校生を除く
年会費 永年無料
家族カード 発行費用・年会費永年無料、JCB8枚/VISA・Mastercard19枚まで
ETCカード 年会費無料/新規発行手数料 VISA Mastercard ブランドは 1,100円(税込)がかかります。 JCBは無料。
貯まるポイント リクルートポイント
基本ポイント還元率 毎月の利用額に対して1.2%
特約店ポイント還元率 じゃらん、ホットペッパーグルメ・ビューティでポイント還元率3.2%
ボーナスポイント 期間限定ポイントが都度付与される
ポイント有効期限 最後にポイントを獲得した月を含めた1年間。 期間内に1度でもポイントを獲得すれば有効期限は延長。
ポイント・マイルの移行 Pontaポイントから移行
ポイント交換先 リクルートポイント 1ポイント → Pontaポイント1ポイント
ポイントランク なし
電子マネーチャージ VISA/Mastercard:楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCAにチャージでポイント付与対象、30,000円まで。JCB:モバイルSuicaにチャージでポイント付与対象、30,000円まで。
海外旅行障害保険 利用付帯(事前の旅行代金支払い)
国内旅行障害保険 利用付帯(事前の旅行代金支払い)
その他保険 ショッピング保険
国際ブランド VISA/Mastercard/JCB
その他注目のポイント 新規入会・利用で数千円分のポイントがもらえる。VISAかMastercardブランドと、JCBブランドの2枚持ちが可能。

楽天ペイは楽天カードと合わせた利用キャンペーンもチェック

[終了]2019年3月、楽天は楽天ペイの支払いが最大でポイント還元20%・ポイント40倍になるキャンペーンを実施していました。このキャンペーンは楽天ペイへの登録が楽天カードでなければ効果を発揮しません。このキャンペーン期間中は楽天カードを楽天ペイに登録して利用しましょう。キャンペーンは4月8日まで。キャンペーンのポイント還元率上限は3,000ポイントですが、対象ギリギリまで利用して、Kyash利用に切り替えましょう。LINE Payの20%還元が終わった後、4月1日から切り替えるのも賢い使い方です。

楽天ペイは、基本的にはKyashを利用し、楽天カードを手に入れてキャンペーンに備えましょう。

楽天ポイントが貯まる

楽天カード公式サイト

楽天ペイでポイント二重取りする方法!楽天カードが最強説

Kyashを用いて楽天ペイを利用するゴールデンルートは封鎖されてしまいましたが、それでも楽天ペイをお得に利用できる方法があります。楽天ペイに紐づけたクレジットカードとダブルでポイントが還元される方法です。

楽天ペイと最も相性がいいクレジットカードは楽天カードで、楽天ペイをよりお得に利用するためには必要不可欠です。

すでにメインのクレジットカードを持っている方も、「サブカード」として持っておきたいクレジットカードになっています。

楽天カードの特典についてはこちらをご覧ください。

では実際に、どのような方法で楽天ペイのポイント二重取りが実現するのでしょうか。キーを握るのは楽天キャッシュです。「楽天カードを用いたチャージ払い(楽天キャッシュの獲得)」を利用すると、還元率は最大の1.5%になります。楽天キャッシュにチャージしなかった場合は、紐づけたクレジットカードの還元率分しかポイントが返ってこないので注意が必要です。楽天カードを紐づけた場合は、1.0%の還元しかないことになります。

楽天キャッシュをチャージする方法はこちらでご紹介しています。

この記事の監修:足澤憲 AI-Credit CTO / セコロジスト・クレジットカードマニア

足澤憲 / AI-Credit

足澤憲 / AI-Credit

AI-Credit CTO / クレジットカードマニア

AI-Creditの開発をしています。還元率、クレジットカードマニアです。AIクレジット株式会社でCTO / COOとして活動中。 2020年10月11日放送のTBS「がっちりマンデー」で紹介されました。「がっちりマンデー!! note編」でご覧ください。開発の足澤が出演しました。

キニナルweb「おすすめ決済方法を一発表示するアプリを開発した“セコロジスト”が語る、究極のポイント還元術」でも取材をされました。(2021年4月26日掲載)

ビジネスジャーナルでエポスカードのお得な使い方も解説。

2020年12月1日「MonJa」に開発責任者の足澤を掲載していただきました。「キャッシュレスマップアプリ「AI-Credit」開発者・足澤憲に聞く“お得”を追究するプログラマーの意外なお金観」でご覧ください。

2020年11月9日「FRIDAYデジタル」で開発責任者の足澤が紹介されました。「出費0円を目指せ!カードマニアが伝授「絶対得するポイント生活」でご覧ください。

AIクレジット株式会社は一般社団法人キャッシュレス推進協議会および一般社団法人Fintech協会に所属しています。

足澤憲 / AI-Creditの関連記事

AI-Creditのおすすめのテーマ