アプリではお得なキャンペーンをお知らせします

楽天ペイの支払いにクレジットカードを設定する方法

公開日:

更新日:

楽天ペイの支払いにクレジットカードを設定する方法

楽天グループのスマホ決済「楽天ペイ」。
「顧客満足度No.1」という楽天ペイを使い始めたい気持ちはある一方で、

「どんなクレジットカードなら使えるの?」
「楽天ペイにクレジットカードを登録する方法がわからない」

という疑問があり、なかなか使い始められないという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、楽天ペイに登録できるクレジットカードとその設定方法について、画像と共に詳しく解説しています。

  • 楽天ペイの具体的な支払い方法
  • 楽天ペイでクレジットカードを使うメリット

についても解説しているので、ぜひ参考にしてください。

楽天ペイの支払いに登録できるクレジットカード

楽天ペイの支払いに登録できるのは、以下の条件に当てはまるカードに限られます。

楽天ペイに登録できるクレジットカード
  • カードブランドが【VISA、Mastercard、JCB、AmericanExpress(AMEX)】のいずれか
  • 本人認証サービス(3Dセキュア)に対応している

楽天ペイに登録できないクレジットカード

また、上記の条件に当てはまるカードでも、以下の場合は登録できません。

  • 海外発行カード
  • 楽天ペイ利用者以外が名義人のカード
  • 本人認証サービス(3Dセキュア)に対応していないカード

そのほかに「有効期限切れ」「カード会社側で制限中」という状態のカードも登録できないので、事前に確認しておきましょう。

本人認証サービス(3Dセキュア)とは

本人認証サービス(3Dセキュア)とはカードを守るセキュリティシステム イメージ画像

楽天ペイに登録するカードの必須条件である「本人認証サービス(3Dセキュア)」について、簡単にご紹介します。

「本人認証サービス(3Dセキュア)」とは?
→インターネット上のクレジットカード決済をより一層安全にするために、各クレジットカード会社が推奨しているセキュリティサービスの名称。

楽天ペイに登録できる国際ブランド

3Dセキュアを導入しているクレジットカード会社は【VISA、Mastercard、JCB、AmericanExpress(AMEX)】の計4社です。

本人認証サービス(3Dセキュア)の仕組み イメージ画像

今までインターネット上のクレジットカード決済は、クレジットカードさえ手元にあれば本人以外でも簡単に決済できてしまう仕組みでした。

決済に必要な情報(カード番号、名義人、セキュリティコード)は、全てクレジットカードに記載されているからです。

しかし本人認証サービス(3Dセキュア)に登録すると、決済時にカード情報に加え、別途以下のような認証が要求されます。

本人認証サービス(3Dセキュア)で利用される認証方法
  • 事前に設定した3Dセキュア用のパスワード
  • リアルタイムで端末に送信されるワンタイムパスワード
  • アプリなどを通じた生体認証

このようなサービスのおかげで、クレジットカード情報が漏洩・盗用された場合でも「なりすまし」による不正利用を未然に防ぐことができるんです。

楽天ペイにクレジットカードを登録・削除する方法

それでは、楽天ペイにクレジットカードを登録する方法・登録を削除する方法を、実際の画像と共に説明していきます。

クレジットカード登録方法

楽天ペイ クレジットカード登録
登録カード選択、カード情報の確認変更までの操作手順
  • 1.アプリを起動し「コード・QR払い」のタブを選択
  • 2.コード表示部分下の「お支払い元」を選択
    ※上記方法以外にも「メニュー(左上三本線)」>「設定・利用規約」>「お支払い元の設定」からも設定可能です。
  • 3.「新しいカードを登録」を選択
  • 4.楽天会員IDとパスワードでログインする
  • 5.「クレジットカード情報」の「確認・変更」を選択
楽天ペイ クレジットカード登録
カード情報入力、確認、再確認までの操作手順
  • 6.「新規カード情報の追加」を選択(日本国内で決済する場合は「国内決済用クレジットカード情報」を選ぶ)
  • 7.カード情報を入力し「以下の規約に同意して入力内容を確認する」を選択
  • 8.登録するカード情報を再度確認して「クレジットカード情報を追加する」を選択
楽天ペイ クレジットカード登録
カード設定、セキュリティコード入力、本人認証までの操作手順
  • 9.左上「<」ボタンから「お支払い元の設定」に戻り、先ほど追加したカードを選択して「設定する」をタップ
  • 10.セキュリティーコードを入力
  • 11.続いて本人確認を求められるので「本人認証パスワードを入力する」をタップ
楽天ペイ クレジットカード登録
本人認証完了から設定完了後の確認画面
  • 12.カードごとに設定された認証方法で本人認証を行う
  • 13.認証が完了し、支払い元に設定が完了すると「選択中」と表示される

楽天ペイおよび楽天会員情報には、最大5枚分のクレジットカード情報を登録できます。

登録カードが5枚ある状態で新たなカードは追加できません。
そのため、続いてご紹介する「登録クレジットカードの削除」が必要です。

登録クレジットカードの削除方法

楽天ペイ クレジットカード削除方法
クレジットカード情報の「確認・変更」を選択までの操作手順
  • 1.アプリを起動し「コード・QR払い」のタブを選択
  • 2.コード表示部分下の「お支払い元」を選択
    ※上記方法以外にも「メニュー(左上三本線)」>「設定・利用規約」>「お支払い元の設定」からも設定可能です。
  • 3.「新しいカードを登録」を選択
  • 4.楽天会員IDとパスワードでログインする
  • 5.「クレジットカード情報」の「確認・変更」を選択
楽天ペイ クレジットカード削除方法
登録済クレジットカード選択、削除、パスワード入力までの操作手順
  • 6.「新規 クレジットカードの追加」の下に「登録済み クレジットカード情報」が表示されているので、削除したいカード情報の右上「変更・削除」を選択
  • 7.スクロールして「このクレジットカード情報を削除する」を選択
  • 8.本人確認のため「楽天会員のパスワード」を入力し「クレジットカード情報を削除する」を選択
楽天ペイ クレジットカード削除方法
削除完了確認画面
  • 9.カード情報の削除が完了

楽天ペイアプリからカード情報を削除した場合、楽天会員情報からもカード情報が削除されます。

そのため、楽天市場などその他の楽天サービスを利用する際にも、登録削除したカードは使えなくなってしまうので注意してください。

【楽天ペイ】3つの支払い方法

楽天ペイで使える支払い方法(支払い元)は、全部で次の3つです。

  • クレジットカード払い
  • チャージ払い(楽天キャッシュ)
  • ポイント払い

楽天ペイは支払い元によって還元率が異なるので、その点も合わせて3つの支払い方法を解説していきます。

クレジットカード払い

楽天ペイ クレジットカード払い
イメージ画像

クレジットカード払いは名前の通り、楽天ペイに登録したクレジットカードで決済する方法です。

楽天ペイでクレジットカード払いをした場合、楽天ペイからのポイント還元はありません。
得られる還元は各クレジットカード会社から還元されるポイントのみになっています。

これは「楽天カード」を登録した場合も同様で、還元されるのはカード利用分の1%だけです。

楽天ポイントが貯まる

楽天カード公式サイト

チャージ払い(楽天キャッシュ)

楽天ペイ チャージ払い(楽天キャッシュ)

チャージ払いは、オンライン電子マネー「楽天キャッシュ」を支払い元にして決済する方法です。

楽天キャッシュへのチャージ方法とそれぞれの還元率を、以下の表にまとめました。

楽天キャッシュへのチャージ方法 楽天ペイでの還元率
楽天カード 1.5%
楽天銀行 1%
楽天ラクマの売上金 1%

楽天ペイの支払い方法の中では、現状「楽天カードでチャージした楽天キャッシュ」の還元率が最も高くなっています。楽天ペイの利用は楽天カード・楽天キャッシュがおすすめです。

楽天ポイントが貯まる

楽天カード公式サイト
楽天関連の色々なサービス イメージ

楽天キャッシュは楽天ペイ以外にも、さまざまな楽天関連サービスで利用できるオンライン電子マネーです。

楽天キャッシュは後ほどご紹介する「楽天ペイ ポイント払い」や楽天ポイントカードアプリのポイント払いとも併用可能。

楽天ペイ加盟店と楽天ポイント加盟店の両方で使用できるので、使い道に困ることはほとんどありません。

ポイント払い(一部/全額)

楽天ペイ ポイント払い イメージ画像

楽天のサービスでためたポイントは、楽天ペイの支払いに使用できます。通常ポイント・期間限定ポイントなどポイントの種類は問いません。

支払額の一部にポイントを使用するのはもちろん、全額ポイント決済も可能です。

さらに、楽天ペイはポイントで支払った分も1%ポイント還元されます。
つまり「ポイントで払ってポイントをもらう」ということが可能になるんです。

他社スマホ決済は「ポイント充当分は還元対象外」ということがほとんど。
そんな中、ポイント充当分もポイント還元される楽天ペイの「ポイント払い」はかなりお得ですよね。

楽天ペイで「ポイント払い」をする方法は、こちらの記事で詳しく解説しています。
ぜひ、合わせて参考にしてください。

楽天ペイでクレジットカードを使うメリット

楽天ペイでクレジットカードを使うメリットは以下の3つです。

  • チャージなしで使える
  • カードの持ち歩きが不要
  • ポイントとの併用が簡単

「チャージなしで使える」「カードの持ち歩きが不要」というメリットは、他社スマホ決済にも共通しています。

ここでは、楽天ペイ特有のメリットである「ポイントとの併用が簡単」という部分について詳しく見ていきましょう。

楽天ポイントを使うなら楽天ペイを使うべし!

楽天ペイ+楽天ポイント お得!

今や国民的ポイントと言っても過言ではない楽天ポイント。かなり多くのお店でためて・つかえますよね。

しかし、楽天ポイントカードでポイント払いをすると

  • 使うポイント数を指定できない
  • ポイントが足りないときの対応が面倒

という問題点が出てきます。
これらの問題点を全て解決してくれるのが「楽天ペイ」なんです。

楽天ペイはアプリからポイント利用の設定ができ、さらに使用するポイント数を1ポイント単位で指定可能。

「ポイントを使い切ってしまいたいけど、少しだけポイントが足りない」

という場合も、登録済みの支払い元から差額を自動で支払ってくれます。

さらに、先ほどご紹介したように「ポイント払いも1%ポイント還元」されるので、お得度に抜かりはありません。

楽天ポイントを使うのであれば、楽天ペイが断然おすすめです!

まとめ

この記事では「楽天ペイの支払いにクレジットカードを設定する方法」に加え、

  • クレジットカード以外の支払い方法
  • 楽天ペイでクレジットカードを使うメリット

などを解説してきました。

楽天ペイではクレジットカードも使用できますが、ポイント払いや楽天キャッシュ払いと合わせて使うとより一層お得です。

ぜひこの記事を参考に、楽天ペイをお得に使いこなしましょう!

楽天ポイントが貯まる

楽天カード公式サイト

この記事のライター:満畑ペチカ/Webライター

満畑ペチカ/Webライター

満畑ペチカ/Webライター

Webライター

楽天経済圏を中心に、無理せずおトクになる生活を心がけるフリーWebライター。外食費はほとんど楽天ポイントでまかなっています!おトクな情報を、丁寧にわかりやすくお伝えして行きます。AIクレジット株式会社ライター。

AI-Creditのおすすめのテーマ